ホーム > 区政情報 > ようこそ区長室へ > 区議会招集挨拶 > 平成23年 > [区長あいさつ] 平成23年 第4回区議会定例会 招集あいさつ

ここから本文です。

[区長あいさつ] 平成23年 第4回区議会定例会 招集あいさつ

本日、ここに平成23年第四回区議会定例会を招集申し上げましたところ、ご出席を賜わりまして感謝申し上げます。

1.暴力団排除条例の制定と生活安全条例の改正について

それでは、はじめに、豊島区暴力団排除条例の制定について申し上げます。

都内の暴力団員数は増加し、あらゆる業界にその影響力を浸透させながら、資金獲得の手口については非常に巧妙になっているとの指摘がされています。こうした状況に対して全国的に対策が講じられつつあり、東京都でも10月1日、暴力団排除条例を施行したところであります。こうした中、豊島区の暴力団排除に対する強い姿勢を示すとともに、安全かつ平穏な区民生活の確保と事業活動の健全な発展に寄与することを目的として暴力団排除条例を制定することといたしました。

これは、単なる姿勢の表明に止まらず、都条例を補完しつつ、豊島区の地域特性を踏まえ、更に踏み込んだ独自の規定を設けている点で、全国に個別条例を制定する動きが広がりつつある中でも、先駆的な内容となっていると考えています。

具体的には、全国で初めての規定となりますが、虚偽の養子縁組を明確に禁止するとともに、虚偽の疑いがある場合の通報義務、警察との合意などに基づく暴力団確認、住民基本台帳法に基づく調査権などを活用し、警察への通報を行うことで事件化を図ること、また、共同住宅の所有者などに対する暴力団排除活動の責務や、契約時の解除条項に上部団体への損害賠償請求を追加することなどによりまして、暴力団の資金源を断とうとするものであります。

また、豊島区生活安全条例を改正し、強化することといたしました。

同条例は、日本有数の繁華街を抱える豊島区の課題に対応するために平成12年に制定したもので、刑法犯の認知件数が減少するなど一定の効果は得られたものと評価しておりますが、一方で悪質な客引きや路上スカウトが横行するなど、区民や来街者のみなさんに不安や不快感を与えている状況を劇的に改善できるまでには至ることができなかったのであります。

そこで、この度の改正では、区内における客引きなどの迷惑行為の実態を踏まえ、客引き行為や客引きを目的とした客待ち行為のほか、路上でのスカウト行為やスカウト目的でのうろつき、たたずみ行為などを禁止いたします。

さらに、あらかじめ指定した区域内では、違反行為を行っていると認める者に対して、やめるよう指導することができるばかりでなく、地域の環境浄化団体やとしま安全安心パトロール隊に所属している方などのあらかじめ指定した者に指導権限の一部を委託することができることとするものであります。

これらによりまして、区民と事業者そして警察などの行政機関との協働関係を深めることができるのであります。しかし、まちの安全を他人任せにするということではありません。区といたしましては、地元のみなさんが実施しているパトロールにこれまで以上の職員を参加させるなど、より積極的に体感治安の向上を担ってまいる所存であり、池袋の街のイメージアップに命がけで取組んでいく決意を新たにしていることを改めて申し上げたいと存じます。

また、さる11月23日には、池袋北口から東武東上線の路線沿いに「池袋北口路上美術館」がオープンいたしました。こうしたソフトな文化事業を展開することにより、まちのマイナスイメージを刷新し、安全・安心をアピールすることにも、引き続き努力してまいります。

ご提案する両条例は、WHOセーフコミュニティの認証にはずみをつけるとともに、安全安心創造都市の実現に大きく寄与し、さらに確実な道筋をつけるものであります。ご賛同くださいますようお願いいたします。

2.防災対策の推進について

次に防災対策の推進について申し上げます。

今年の総合防災訓練を10月16日に実施したところ、東日本大震災以後、初めての総合防災訓練ということもあり、4会場合計で、1,400人を超える多くの参加をいただき、熱気にあふれた訓練が行われました。

巣鴨北中学校、西池袋中学校では、在校生が参加したほか、池袋小学校では、千川中学校から中学生が応援に駆け付け、町会のみなさんとともに訓練に取り組むなど、会場となった小中学校のすべてで、在校生やPTAのみなさんに参加していただいたことは、今年の総合防災訓練の最大の成果であったと考えています。

また、10月30日、池袋消防署が主催し、旧千川小学校で行われた「ふれあい区民防災コンクール」には、地元の町会に加えて、千川中学校、明豊中学校の生徒が参加し、ポンプ操法を披露しました。

将来の防災リーダーとなる若者が訓練に参加し、地域の一員としての自覚を深めることは、地域の防災力の向上に大きく貢献することになるのでありまして、中学生は、「守られる側」であるばかりでなく「守る側」の一員としても位置付けられることになり、防災行動力が大きく向上するとの期待が寄せられています。

WHOセーフコミュニティの世界認証を取得し、安全安心創造都市づくりを加速させたい本区としては、こうした中学生の訓練への参加をしっかりと定着させ、組織や世代の壁を越えた地域コミュニティ全体による防災訓練がますます盛り上がるように努めていきたいと考えています。

また、11月21日、災害時の通信確保と情報伝達に特化した池袋駅周辺混乱防止対策訓練を実施し、鉄道、百貨店などの集客施設、池袋駅東西商店会をはじめ、警察、消防などの関係機関を含めて、多くの方々に参加をいただきました。

この訓練では、駅周辺で大量の滞留者が発生した場合に、迅速に情報を提供することで、混乱を未然に防ぐことを目的に、現地連絡調整所と情報提供ステーションを実地に設営するとともに、あわせて電話回線の不通などの通信障害が生じた状況を前提として、庁舎、警察・消防、事業者などとインターネット回線を用いて通信を確保し、情報提供を維持できるかについて検証をいたしました。

この訓練の結果を十分検討し、来年2月3日に予定されている3大ターミナル駅周辺と湾岸地区で実施する東京都や埼玉県などとの連携による広域的な帰宅困難者対策訓練につなげてまいります。

そして、従来からの対策を強化した「池袋駅周辺混乱防止対策計画」を今年度中に策定し、発災時の対応を区が主導して実施していく姿勢を具体的にお示ししたいと考えています。

また、3月11日の大震災当日には、立教大学、学習院大学、帝京平成大学の3校だけでも、区内での1万人を越えた帰宅困難者の6割に当たる約6,500人を収容していただき、改めて地域における大学の存在感の大きさを目の当たりにしました。

平成19年に「豊島区と区内大学との連携・協働に関する包括協定」を締結して以来、毎年、区内6大学の学長、総長のみなさんと懇談する場を設けてまいりました。今年は、東日本大震災を受け、「豊島区・大学の災害対策について」というテーマで意見の交換をさせていただいたところ、大学独自で展開しつつある災害対策など多くの実りあるお話を伺うことができました。また、私から、帰宅困難者への対応に関する協定を区と6大学の間で結ぶことについて提案申し上げると、快く賛同いただけたのであります。

そこで、第一に、学生や職員を帰宅させず、大学内にとどめること、第二に、各大学で帰宅困難者をできる範囲で受け入れること、そして、第三に、これらに対する防災備蓄を受け入れることの3本の柱を内容とする協定を年内に締結できるよう準備を進めてまいります。そして、これらを、今年度中での改訂作業を進めている地域防災計画に結実させていきたいと考えています。

3.セーフコミュニティの展開について

次に、セーフコミュニティの展開について申し上げます。

6月に行われたWHO認証センターによる事前審査では、区民ひろばでの活動が高い評価を得たばかりでなく、区民ひろばは、地域のみなさんが主体的に地域の課題に向き合い、互いに協力し合って地域の安全に取り組む拠点として、大都市でのセーフコミュニティ活動のモデルとなる特徴的な取組みであるとの力強いエールをいただいたところであります。

先月、5か所の区民ひろばで懇談会を開催したところ、5回の開催に335名と大変多くの方に参加をいただき、私からは、ここまで区民ひろばを育てていただいた運営協議会の皆さんへ感謝の気持ちをお伝えするとともに、地域の安全・安心の取り組みなどについて活発な意見交換をさせていただきました。

世界でも有数の大都市東京のなかで、日本一の高密都市である本区が、複雑多岐な課題を抱えながら、地域で暮らす人々の強い絆と支え合いの輪を再生させ、治安・防災から健康や福祉にいたる地域の問題を克服していくための拠点として、区民ひろばを成長させることに、今後とも努力を惜しまない決意であります。

区民ひろばは、地域のみなさんの自主的な運営による、幼児から高齢者までの世代を超えた交流の場として、小学校区を単位に設置されました。高齢者や子ども家庭などの施策が総合的かつ一体的に展開できる拠点施設である区民ひろばは、地域で支え合う安全・安心の拠点としてもふさわしいものと考え、セーフコミュニティの拠点して位置づけをいたしたのであります。一方、豊島区には129の町会があります。町会はあらゆる分野を通じての最も基本的な活動単位であり、町会は、永い歴史を通じて、まちの安全・安心の向上に大きな役割を果たしてきました。地域に暮らす全てのみなさんのそれぞれの状況に合わせて適切に対処するためには、まさに顔の見える地域のコミュニティが重要であり、こうした役割を果たし、地域の安全安心を担えるのは、町会をおいてないのではないか、そして、区民ひろばを地域の拠点とすることで、町会により充実した活動をしていただけるのではないかと考えています。したがいまして、安全安心の実現についても、町会とはこれまで以上に緊密な連携をとっていかなければならないと考えているところであります。

WHOセーフコミュニティの認証取得に関しましては、年明けに行われる本審査に向けて万全の準備を進めているところでありますが、この度、アジア地域セーフコミュニティ会議が、我が豊島区で、来年11月28日から30日にかけて開催されることが決定されました。この会議は、世界会議と交互に2年に1度、大陸ごとに開催されるWHOセーフコミュニティの公式行事であり、国内外から多くの関係者が集まります。特に今回は東日本大震災後に日本で開催される大会であり、震災からの教訓をいかにして活かしていくかについて広く耳目を集めることが想定されています。

私は、来年の区制施行80周年という節目の年に、セーフコミュニティにあわせて、セーフスクールの認証取得も果たした上で、本区にアジア大会をお迎えすることで、本区のこれまでの「安全・安心創造都市」の実現に向けた取組みを世界に紹介できるように、皆さまと共に全力を傾注してまいりたいと考えております。

4.文化による施策の融合について

次に、文化による施策の融合について申し上げます。

地域それぞれの特性を活かし、地域住民との交流を促進するイベントや地域コミュニティの拠点づくりなどの優れた取り組みを表彰する第7回東京商店街グランプリにおいて、目白通り商店街と南長崎ニコニコ商店街の「トキワ荘通り活性化事業」が優秀賞を、そして、染井銀座商店街の「ふれあいアートストリート事業」が準グランプリを獲得し、入賞した5つの事業の中に豊島区から2つが選定されるという快挙を果たしたのであります。

染井銀座商店街では、障害者アートを商店街に展示した「ふれあいアートストリート」並びに空店舗を活用した喫茶店「ベーカリーカフェあうる」を昨年より展開してきました。

「ふれあいアートストリート」は、障害者が製作した絵画を商店街の店舗などに展示することで、芸術的雰囲気を高めるとともに、商店街の回遊性の向上を図ったものです。また、「ベーカリーカフェあうる」は、空店舗を活用した「アートストリート事業」の拠点として、障害者が焼いたパンを召し上がっていただける喫茶店です。店内には、障害者アートの原画を展示するとともに、喫茶店のスタッフとして駒込施設に通所している障害者と地域のボランティアのみなさんが一緒になってお客さんをお迎えするなど、地域の住民と一体となった運営が行われています。

この事業は、商店街振興施策の観点からは商店街の活性化策であり、一方、福祉施策の観点からは障害者就労支援策であります。この二つの側面を文化・アートによって連携を図ったのでありまして、まさにこれまで豊島区が推進してまいりました文化によるまちづくりを体現したものであると考えます。

こうした取組みが評価されたことが、このたびの準グランプリの受賞に繋がったと考えています。

「ときめき想造展」をはじめとする障害者美術展、また、心の健康づくりの普及啓発とともに、地域で育まれた障害者やボランティア等のグループによる歌の発表等が行われる長崎の「こころまつり」や「ふくし健康まつり」「豊島ミュージックフェスティバル」また、来年は、南長崎のNPO法人ゆきわりそうが、創立25周年と豊島区制施行80周年を記念した「祈りのコンサート」を5月6日にサントリーホールで開催し、障害者と区民が一緒に21世紀の平和のために第九を歌うと伺っています。

今後も様々な分野におきまして、文化という横糸で紡いだ福祉施策の展開を積極的に推進してまいります。

5.高齢者施策の展開について

次に、高齢者施策の展開について申し上げます。

高齢者の入浴事業は、今年度から導入いたしました敬老入浴専用のICカードが大変な人気を博しております。実施約半年で7,000名にカードを発行し、延べで46,000名もの入浴実績がありました。今後も、高齢者の皆さんのコミュニティの場である浴場の利用を促し、高齢者の健康増進と併せて浴場の活性化を図れるよう努めてまいります。

さて、我が国では、古くから冬至の日はゆずの湯に入浴すると「一年中風邪をひかない」という言い伝えられるほか、ゆず湯は、血行を促進させる働きがあり、神経痛や腰痛などを和らげ、保温効果も高く、心身の疲労回復、動脈硬化予防や高血圧予防にも役立ち、さらには美肌効果もあるとも聴いております。

今年は12月22日が冬至でありますが、大分県の杵築市から、ゆずを提供していただけるというお話しをいただきました。そこで、今年のゆず湯を区の事業として、区内の32か所の公衆浴場すべてを、区民のみなさんに、年齢を問わず、無料で開放したいと考えております。

本年の冬至は、家族や地域の皆さんがお互いに誘いあい、「冬至は、銭湯のゆず湯で、心もからだもポカポカに!」を合言葉に、地元の銭湯の大きな湯船でゆず湯を楽しんでいただき、日ごとに厳しくなっていく寒さに備えていただきたいと考えています。

また、このことが、東日本大震災で改めて大切なものと認識された「家族間の絆」や「地域のコミュニティ」の強化に繋がることを期待をしています。

6.教育都市としまの実現について

次に、教育都市としまの実現について申し上げます。

まず、教育ビジョン2010の進捗状況でありますが、11月に入って嬉しいニュースが2つ届きました。一つは、千川中学校で、タブレット型パソコンを活用した『21世紀型スキル』の研究に、日本マイクロソフト社やレノボ・ジャパンの社会貢献事業支援を受けて、東京大学と取り組むこととなりました。その旨の共同記者会見が開催されたところ、大きな注目をいただきました。これは、いつでも、どの教室でも学習に取り組むことのできる環境整備のあり方や、21世紀の国際標準となる学習スキルのあり方などを、新しいタブレット型パソコンの機能やクラウド環境と無線LANを活かす中で探っていくという先駆的な実践研究であります。このような先進的な実践例を豊島区から発信することは、豊島区のみならず日本の教育界にも大きな貢献をするものと期待しています。

もう一つは、区立富士見台小学校が「平成23年度子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰を受け、さらに「平成23年度東京都環境教育優良校」、「平成23年度東京都学校給食優良校」などの東京都教育委員会表彰を軒並みに受賞するという快挙を果たしたことです。

このように教育ビジョンに基づく確かな学力の向上の成果が、子どもたちや学校の伸びゆく姿として確認出来ることを嬉しく思うと同時に、現場と子どもたちに心から激励の拍手を送りたいと考えています。

次に、本区における学校図書館の活性化について申し上げます。

さる10月22日に教育委員会が開催した読書フェスタには、31小中学校から約400人の児童・生徒、保護者、そしてマスコミ関係者が参加しました。読書感想文コンクールの入賞者の発表をはじめ、特色ある充実した読書環境や学習環境づくりに取り組んできた児童・生徒から、図書の紹介や図書委員会活動などについての発表があり、大変盛況でありました。

教育委員会では、今年度、小学校3校と中学校1校に学校図書館司書を配置し、モデル事業を展開しております。配置校では着実に蔵書の整理やデジタル化が進むと同時に、積極的に推薦図書や必読図書などが紹介され、また、学校図書館の開館時間が長くなり、貸出割合も昨年度より1.5倍に増えるなど、着実に成果として顕れていることが報告されています。

学びの拠点としての学校図書館が、読書への魅力を広げる場となりますよう、引き続き積極的に支援してまいります。

次に、区立目白小学校改築の進捗状況について申し上げます。

昨年3月、「目白小学校をつくる会」から受けた提言の基本コンセプトを活かし、緑化などエコスクールとしての環境設定と教育環境とを一体のものとして基本設計に反映させてまいりました。

一方、懸案であった課題については、私も自ら教育委員会や関係所管課と連携して解決に当たってまいりました。その結果、平成24年8月から仮校舎への移転に伴うスクールバスの発着場所の確保については、隣接する川村学園と協議が整い、両校の間に大型バス駐車スペースを設置することに致しました。また、近隣の学習院大学や川村学園、コマース跡地の新設を予定しているNTT都市開発に働きかけ、目白小学校擁壁改修工事と北側道路等を、一体的な緑化やコミュニティ道路として整備できるよう、目白地区全体を俯瞰した街づくりに取り組んでまいりました。

この度、こうした努力を結集させた本設計が完成に至りました。平成26年度に開校予定となる目白小学校の緑が、点から線へ、線から面へと繋がるとともに、次代に貢献する人材育成の拠点として、大きな役割を果していけるよう、改築事業を着実に進めてまいりたいと考えています。

7.区制施行80周年への取組み開始について

次に、区制施行80周年への取組について申し上げます。

豊島区は、昭和7年、1932年10月1日に東京市に近郊82の町村が編入され、新たに20区が設けられた際に、旧巣鴨町、西巣鴨町、高田町、長崎町の四町を併合して、現在の区域である豊島区として発足しました。従いまして、平成24年すなわち2012年は、豊島区にとって区制施行80周年に当たることになります。

この記念すべき節目を祝福するだけでなく、これを機に、これまで先人が培ってきた歴史や文化など豊島区のまちづくりを総括するとともに、セーフコミュニティの認証取得を契機に、これまで豊島区が取組んできた都市像の集大成としての安全安心創造都市の実現に向け、区を挙げての取組みを加速させていきたいと考えています。

豊島区の新たな出発の年として区民のみなさんが夢や希望をもつことができる事業を展開していくためには、なによりも区民のみなさんが主役となって、取り組んでいただかなければなりません。

そのために、12月22日に区民を代表するみなさんの多くの参加をいただいて、実行委員会準備会を設置することといたしました。

区をあげた事業展開はもとより、キャッチフレーズなどについても検討してまいりたいと考えています。

 

イギリスのノーベル文学賞受賞者、バーナード・ショーに次の言葉があります。

「我々は過去を振り返ることによってではなく、未来に対する責任によって賢くなるのである。」

先人たちの足跡を振り返り、現在に至る過程に畏敬の念を抱きながら、来し方を振り返ることは大切なことです。一方で、私たちには、先人から受け継いで今私たちの手にある豊島区を、未来を担う子どもたちに引き継いでいくという重要な責任があります。この「未来に対する責任」を常に自覚し、慎重に将来を見据えながら、しかし決して歩みを止めることなく、このバトンを渡していくことに、あらん限りの知恵を振り絞っていかなければなりません。

そこで、来年の区制施行80周年記念事業は、ただ過去を振り返る契機に止めるのではなく、区民のみなさんとともに「未来に対する責任」を考える機会にしなければならないと考えております。

議員各位におかれましても、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

本日、ご提案申し上げる案件は、条例11件、補正予算2件、その他2件、合わせて15件であります。

各案件につきましては、後ほど、日程に従いまして、副区長よりご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜わりますようお願い申し上げます。

以上をもちまして、私の招集あいさつといたします。

お問い合わせ