ここから本文です。

財政状況のあらまし(平成28年6月)

区の財政状況について

区の財政状況については、「地方自治法」と「豊島区財政状況の公表に関する条例」に基づき、年2回、6月と12月に公表しています。今回は、平成28年度予算の概要と平成27年度予算の執行状況(28年3月末現在)などについてお知らせします。
※数値については単位未満を四捨五入してあるため、総数と内訳の合計とは一致しない場合があります。

平成28年度予算について

日本経済は、緩やかな景気回復基調が続いているものの、海外経済の先行きが不透明さを増しており、決して楽観できる状況ではありません。また、今後予定される税制改正が区の歳入に与える影響も無視できない状況です。

こうした中において、区民生活を支える様々な施策の充実を図りつつ、老朽化した公共施設の改築・改修需要にも臨機応変に対応していくためには、将来に向けて安定的な財政基盤を構築することが不可欠です。28年度予算は、3年連続で財政調整基金の取り崩しをせずに予算を編成することができました。

28年度からスタートする新たな基本計画にも掲げている持続発展都市づくりに向け、「女性にやさしいまちづくり」「高齢化への対応」「様々な地域との共生」「日本の推進力」を4つの柱とし、人口減少社会にあっても持続して発展し続けるための様々な施策を展開します。また、学校や公共施設の改築・改修など計画的な投資事業を展開します。

なお、詳細につきましては、区ホームページ内「平成28年度豊島区予算(案)の概要」を参照してください。

平成28年度当初予算は

区民1人当たりに使われるお金(区民一人当たりの一般会計当初予算額):432,648円
これは、区民一人当たりが納める区民税(下記参照)の約4.5倍になります。

特別区民税の負担状況

平成28年度

平成27年度

1人当たり96,577円

1人当たり95,025円

1世帯当たり157,650円

1世帯当たり156,367円

当初予算の対前年度比較

区分

平成28年度

平成27年度

増減

一般会計

1,218億769万円

1,113億9,600万円

9.3%増

特別会計

627億7,917万円

611億243万円

2.7%増

 

国民健康保険事業会計

368億7,352万円

359億6,778万円

2.5%増

 

後期高齢者医療事業会計

57億9,937万円

57億8,103万円

0.3%増

 

介護保険事業会計

201億627万円

193億5,363万円

3.9%増

合計

1,845億8,686万円

1,724億9,843万円

7.0%増

平成28年度当初予算を1万円に置き換えると、このような使い道になります

高齢者・障害者福祉、生活保護など

3,094円

保育園、児童館、子どもスキップなど

1,659円

小学校、中学校、幼稚園など

1,397円

広報、電算、その他区役所の運営など

717円

まちづくり、防災など

506円

道路、自転車対策など

422円

文化、スポーツ、図書館など

345円

環境対策、清掃、リサイクルなど

331円

健康づくり、保健所の運営など

323円

公園・児童遊園、緑化など

262円

特別区債の返還

226円

戸籍事務、区民事務所の運営など

172円

商工業・観光の振興、勤労者福祉など

155円

各基金の積立て

123円

区民ひろばの運営など

100円

税を集めるため

89円

区議会の運営

57円

選挙・監査

22円

平成28年度当初予算の内訳

一般会計歳入歳出予算総額1,218億769万円

歳入

特別区税

309億4,077万円(25.4%)
特別区民税、軽自動車税、特別区たばこ税、狭小住戸集合住宅税

地方消費税交付金

70億1,200万円(5.8%)
消費税の一部が区市町村に交付されるもの

特別区交付金

297億円(24.4%)
都区間・特別区間相互の財源の均等化を図り、特別区の効率的・自主的な運営を確保することを目的に、都と特別区及び特別区間相互で財源を調整し、交付されるもの

国・都支出金

281億4,987万円(23.1%)
国や都から交付される負担金・補助金など

特別区債

114億1,200万円(9.4%)
施設の建設経費を賄うため国などから借り入れる資金

その他

145億9,305万円(12.0%)
地方譲与税、利子割交付金、自動車取得税交付金、分担金及び負担金、使用料及び手数料、基金繰入金など

歳出

総務費

134億8,865万円(11.1%)
戸籍事務・区民事務所運営、防災対策など

福祉費

467億7,236万円(38.4%)
高齢者・障害者福祉、生活保護、保育園・児童館・子どもスキップの運営など

衛生費

39億3,549万円(3.2%)
各種健康対策、保健所の運営など

環境清掃費

40億3,670万円(3.3%)
環境保全、廃棄物収集、リサイクル推進など

都市整備費

58億3,823万円(4.8%)
まちづくり、区営・区立住宅の管理運営など

土木費

83億3,923万円(6.8%)
道路・公園の整備、自転車対策、緑化推進など

文化商工費

50億289万円(4.1%)
文化・芸術、商店街・中小企業の振興など

教育費

176億6,448万円(14.5%)
小・中学校、幼稚園、図書館の運営など

その他

167億2,967万円(13.7%)
議会費、公債費、諸支出金および予備費

(注釈)カッコ内は、歳入・歳出予算それぞれの構成比

区有財産の状況

(平成28年3月末現在)

有価証券・債券等

6億1,240万円

基金

343億6,487万円

土地

770,947平方メートル

建物

426,695平方メートル

特別区債の状況

各種福祉施設や学校などの大規模な施設を建設するためには、一時的に多額の財源を必要とします。
これらの経費は、その年度の通常の財源でまかなうことが困難であること、また、施設が長期に渡って区民の利用に供されるため、将来の区民にも負担を求めることが公平であることなどを考慮して、国などから長期にわたって資金を借り入れてまかなっています。これを特別区債といいます。

特別区債現在高

(平成28年3月末現在)

発行目的

現在高

区民ひろば改修・葬祭場建設など

17億3,090万円

保育園改修・特別養護老人ホーム建設など

16億9,708万円

保健所・健康診査センター建設など

1億8,308万円

舞台芸術交流センター建設など

5億2,199万円

新豊島清掃事務所建設

6,314万円

防災広場公園整備など

6億8,907万円

道路改良・自転車駐車場建設など

17億211万円

学校用地買収・校舎改修・新中央図書館建設など

95億9,511万円

住民税等減税補てん債

23億2,926万円

臨時税収補てん債

2億9,491万円

188億665万円

平成27年度一般会計予算の執行状況(平成28年3月末現在)

平成27年度の当初予算額は1,113億9,600万円でしたが、その後5回の補正(補正予算額323億2,507万円)を行ない、補正後の予算額は1,437億2,107万円となりました。これに平成26年度の繰越明許費11億3,821万円を加えた平成27年度の予算現額は、1,448億5,929万円となります。

歳入

予算現額約1,449億円に対して、89.7%の収入率となっています。出納閉鎖の5月末までには、さらに収入率が高くなります。

 

予算現額

収入額

収入率

特別区税

307億1,523万円

276億9,121万円

90.2%

地方譲与税

3億9,800万円

4億3,595万円

109.5%

地方消費税交付金

70億1,200万円

83億6,145万円

119.2%

特別区交付金

300億7,114万円

306億7,831万円

102.0%

国庫支出金

193億587万円

180億2,358万円

93.4%

都支出金

76億6,625万円

62億4,804万円

81.5%

繰越金

8億9万円

8億9万円

100.0%

その他

488億9,073万円

377億4,714万円

77.2%

合計

1,448億5,929万円

1,299億8,578万円

89.7%

歳出

3月末現在、執行額は約1,204億円で、予算額に対して83.1%の執行率となっています。出納閉鎖の5月末までには、さらに執行率が高くなります。

 

予算現額

執行額

執行率

総務費

175億3,135万円

126億3,880万円

72.1%

福祉費

456億94万円

417億6,157万円

91.6%

衛生費

38億2,295万円

30億2,633万円

79.2%

環境清掃費

39億5,168万円

35億7,380万円

90.4%

都市整備費

54億2,194万円

34億9,266万円

64.4%

土木費

60億4,535万円

33億8,494万円

56.0%

文化商工費

41億9,564万円

31億2,100万円

74.4%

教育費

111億8,499万円

64億9,038万円

58.0%

その他

471億445万円

428億9,812万円

91.1%

合計

1,448億5,929万円

1,203億8,758万円

83.1%

  • 財政調整基金
    年度間の財源の調整を行うことにより、財政の健全な運営を図るため財政調整基金の積立をしています。平成28年3月末の残高は、211億7,517万円となります。
  • 一時借入金
    財政運営上、一時的に収入と支出が不均衡となり、支払い資金に不足が生じることがあります。この場合、年度内に返済することを条件に、銀行などから短期間、現金を借り入れて財政運営を行います。平成28年3月末現在、一時借入金の借入れはありません。

平成27年度特別会計予算の執行状況(平成28年3月末現在)

特別会計とは、特定の事業を行う場合や、特定の収入を特定の支出に充てるなど、一般の歳入・歳出と区別し、経理を明確にする必要のある場合に設置します。

豊島区には、国民健康保険事業会計、介護保険事業会計、後期高齢者医療事業会計の3つがあります。

国民健康保険事業会計

歳入

予算現額

収入額

収入率

370億1,686万円

338億5,833万円

91.5%

歳出

予算現額

執行額

執行率

370億1,686万円

323億5,273万円

87.4%

後期高齢者医療事業会計

歳入

予算現額

収入額

収入率

59億5,850万円

54億6,098万円

91.7%

歳出

予算現額

執行額

執行率

59億5,850万円

53億6,270万円

90.0%

介護保険事業会計

歳入

予算現額

収入額

収入率

198億3,504万円

184億6,583万円

93.1%

歳出

予算現額

執行額

執行率

198億3,504万円

173億2,965万円

87.4%

お問い合わせ

更新日:2016年6月8日