ホーム > 区政情報 > 施策・計画・予算・財政・行政評価 > 行政評価 > 平成25年度 行政評価結果 > 公開事業評価(第4回豊島区政策評価委員会)

ここから本文です。

公開事業評価(第4回豊島区政策評価委員会)

公開事業評価A会場イメージ

公開事業評価B会場イメージ

公開事業評価とは

区が実施している事業について、区民の皆さんにとって適切なサービスとなっているか、無駄なく効率的に行われているか、など、自治体政策に精通した評価委員が区職員(事業担当者)との対話を通じ、さまざまな角度から評価を行うものです。

広く区民の皆さまに区の現状と課題を知っていただくため、公開の場で評価を行いました(傍聴者出入り自由)。また、後述のとおり「区民評価人」の皆さまによる評価も実施しました。

評価結果を今後の改善等に活かすことが目的です(事業の「存続・廃止」の判断のみを目的としたものではありません)。

平成24年度が豊島区で初めての実施であり、今回の課題を、今後の行政評価の仕組み作りに役立てていきます。

開催概要(終了しています)

開催日時

平成24年7月29日(日曜日)午前9時30分から午後5時まで

開催場所

豊島清掃事務所2階会議室

平成24年度のテーマ

「公共施設の運営について」

テーマは政策評価委員会(ページ下部リンク参照)において決定しました。

公開事業評価が豊島区で初となる取り組みであることから、区民の皆さまに親しみがあり、わかりやすいテーマであることが選定のポイントとなりました。
このテーマに沿って、公共施設を32種類に分類し、無作為抽出によって選ばれた1,000名の区民のかたに公開の場で議論するにふさわしいと思う施設に投票していただきました。

投票結果をもとに、政策評価委員会が政策分野の偏りなどを調整して、下記のように10施設(事業)を決定しました。
※職員が事務室として利用する施設や、別の評価システムが存在する教育委員会所管の施設は除外しました。

対象施設・時間割

公開事業評価対象施設・時間割

 

A会場

B会場

開始時間

対象施設名

対象施設名

午前9時30分

図書館

公営住宅

10時50分

保育園

地域区民ひろば

午後1時

舞台芸術交流センター

公園

2時10分

スポーツ施設

目白庭園

3時20分

勤労福祉会館

自転車駐車場

2会場に分け、各施設1時間で評価を行いました。

1事業(施設)あたりの時間配分

  • 事業担当者による説明(10分)
  • 評価委員による質疑・議論(30分)
  • 評価・結果発表(10分)
  • 評価総括・区民評価人コメント紹介(10分)

評価者構成

  • 評価委員5名(各会場)
  • 区民評価人6名から11名(各会場、午前・午後の4グループに分かれ、出席状況が異なる)

区民評価人は無作為抽出によって選ばれた2,000名の区民の皆さまのうち、参加のご希望をいただいたかたです。

会議録

当日配付資料

評価結果等

【評価区分】

  • A:妥当、おおむね妥当
  • B:要改善
  • C:抜本的見直し

図書館

 

A

B

C

合計

評価委員

2

2

1

5

区民評価人

3

2

2

7

保育園

 

A

B

C

合計

評価委員

3 2 0 5

区民評価人

3

3

1

7

舞台芸術交流センター

 

A

B

C

合計

評価委員

2

2

1

5

区民評価人

5

2

1

8

スポーツ施設

 

A

B

C

合計

評価委員

0 3 2 5

区民評価人

3

4

1

8

勤労福祉会館

 

A

B

C

合計

評価委員

1 1 3 5

区民評価人

3

3

2

8

公営住宅

評価委員

区営住宅・福祉住宅

1

1

0

2

区民住宅

0

0

4

4

(区分なし)

0

0

1

1

区民評価人

区営住宅・福祉住宅

1

1

0

2

区民住宅

0

0

3

3

(区分なし)

1

4

3

8

地域区民ひろば

 

A

B

C

合計

評価委員

0 5 0 5

区民評価人

0

10

1

11

公園

 

A

B

C

合計

評価委員

0 3 2 5

区民評価人

0

6

0

6

目白庭園

 

A

B

C

合計

評価委員

0 1 4 5

区民評価人

0

4

1

5

自転車駐車場

 

A

B

C

合計

評価委員

4 1 0 5

区民評価人

0

5

0

5

評価結果がそのまま区の最終結果となるわけではありません。「豊島区政策評価委員会」において検討したうえで、今後の計画・予算など区政に活用・反映していきます。

公営住宅については、「区営住宅・福祉住宅」と「区民住宅」を分けた評価と、分けない評価が混在するため、合計数が異なっています(評価者数は評価委員5名、区民評価人11名)。また、当日の会場での速報値とも異なっています。

区民評価人は、A・B会場それぞれ午前・午後に分かれて、4グループで評価をしていただいたため、各グループごとに人数が異なります。

当日の傍聴者数は48名でした。

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日