ホーム > 区政情報 > ようこそ区長室へ > 区長メッセージ > 平成18年 > [区長メッセージ] 米国の臨界前核実験に対しブッシュ大統領へ厳重抗議 (平成18年8月31日)

ここから本文です。

[区長メッセージ] 米国の臨界前核実験に対しブッシュ大統領へ厳重抗議 (平成18年8月31日)

2006年8月31日

アメリカ合衆国大統領
ジョージ・W・ブッシュ 閣下

貴国は、30日、米国ネバダ州の地下核実験場において、臨界前核実験を同日の午前11時に実施したと発表されました。

貴国はこの実験を「核兵器の安定性、信頼性維持に重要な情報を入手するため」と説明していると報道されておりますが、核開発が疑われている国に対して国連安全保障理事会決議で定めたウラン濃縮活動停止期限(31日)の直前に行われているこの核実験は、このような動きに逆行するものであり、こうした貴国の強硬な姿勢は、非核保有国を核開発へと導く原因ともなり、世界平和を願う人々の心を踏みにじるものです。

核兵器廃絶と恒久平和を願い「非核都市宣言」を行なった自治体である豊島区としては誠に残念であり、同時に強い憤りの念を禁じえません。

貴国に対し、ここで改めて、臨界前核実験を含むあらゆる核実験、更には核兵器の廃絶に取り組み、世界の人々の真に安心で豊かな生活の実現のため、恒久平和に向かう世界のリーダーとしての範を示されるよう強く要請いたします。

日本国 東京都
豊島区長 高野 之夫

お問い合わせ