ここから本文です。

区長写真レポート 2012年8月

8月24日(金曜日)「池袋演劇祭前夜祭・CM大会」に出席しました。

池袋演劇祭前夜祭でのあいさつの様子です。

今年で第24回を迎える池袋演劇祭が、9月1日から池袋を中心に19の劇場やアトリエなどで開催されます。CM大会は、演劇祭本番前に、各劇団が上演内容を紹介するイベントです。この日は、36劇団がCM大会に参加しました。2分間という大変短い持ち時間の中で、工夫を凝らして本番の予告編を熱く演じていました。

会場のサンシャインシティ地下1階アルパ噴水広場は、ショッピングの途中で足を止め、予告編を見ようとする人であふれ、演劇祭を知ってもらう良いきっかけとなりました。

公募により選任された演劇審査員から、有志6名によりCM大会の審査も行われ、CM大賞やCM優秀賞、サンシャイン特別賞の7劇団が表彰されました。

豊島区は池袋を中心に「演劇のまち」としての文化芸術創造都市を目指し、魅力あるまちづくりに取り組んでいます。

8月25日(土曜日)高南大夏まつり大盛況!!

高南大夏まつりの会場の様子です。

真夏の一大イベントである「高南大夏まつり」が開催されました。今年は区制80周年を記念して、会場は例年の区民ひろばから高南小学校校庭で行われ、1,800人とかつてない来場者数で大いに賑わいました。

暑い中でしたが、区民ひろば高南運営協議会が中心に準備から運営まで、地元町会、PTA、地域団体なども連携し、子どもさんからお年寄りまで楽しいひと時を過ごしました。今後も、顔の見えるコミュニティづくりに区民ひろばが中心となるよう様々な取り組みを行っていきます。

8月25日(土曜日)「大塚商業まつり」に参加しました。

大塚商業まつりオープニングセレモニーの様子です。

現在、区内には95の商店街がありますが、各商店街では商店街の活性化を図るため様々なイベントが行われています。大塚商業まつりは、大塚駅南口の3商店街が豊島区の一大イベント「東京大塚阿波踊り」のプレイベントとして毎年開催しています。会場となった南大塚ホールは、大規模改修により座席が広がり、利用者に配慮した設備を導入、9月1日の利用開始に先駆けて、地元のかたへお披露目されました。

当日は、地元の皆さんによる阿波踊りの披露のほか、日頃から地元の商店街をご利用いただいているお客様に感謝の意を込めて、地元商店街で利用できる「街のお買い物&グルメ券」が当たる抽選会などが行われました。区では、地域コミュニティの核として地域の生活を支える商店街活動を今後も支援してまいります。

8月23日(木曜日)「川村智英展~色とのであい~」美しい色使いに感動しました。

川村 智英さんとお母様と一緒に記念撮影しました。

熊谷守一美術館で開催されている「川村 智英(かわむら ともひで)展~色とのであい~」を鑑賞しました。川村さんは、豊島区障害者美術展や東京都障害者美術展で数々の賞を受賞されている方です。すべての作品は、赤青黄の三原色を使って描かれていると聞いて驚きました。色の合わせ方がたいへんすばらしく、特に淡い色の使い方がとてもいいと思いました。ご家族にお話を伺ったところ、下描きもなく、デッサンもなく、何かを見て描くわけでもない。本人が満足して、最後にサインをするのが終わりの合図ということでした。新庁舎や西部複合施設にこうした作品が展示されることを楽しみにしています。

【報道発表】優しい光が織りなすハーモニーに癒される作品展開催

8月21日(火曜日)東京大塚阿波踊りに向けて練習をしました。

阿波踊りの練習の様子です。ヤットサーヤットヤット!

今夜は東京大塚阿波踊りに向けて区役所連の練習に参加しました。職員有志の皆さんと共に汗を流し、練習に励みました。現場は若手職員の参加が多く、とても活気があります。今年は新粋連のかたがたに踊りの指導をお願いしており、例年以上に粋な踊りを披露できると思います。当日は100人規模の区役所連を率いて、大会を盛り上げたいと思います。

8月20日(月曜日)被災者の方と最高の料理を堪能しました。

お味はいかがですか?

区内に避難している東日本大震災の避難者のほかサロンのスタッフや災害ボランティア、民生委員など約100名が参加していただき食事会「としま地域交流のつどい」が開催されました。この食事会は昨年、西洋料理の調理士らで構成する「公益社団法人 全日本司厨士協会」のお申し出により、豊島区との共催により実現し今回で3度目となります。

豊島区内のホテルや区近隣のホテルの料理長ら33名が和洋中の22種類の料理を準備し、ブッフェ形式で提供していただきました。シェフの「おいしいですか。」の質問に「みんなおいしいです。」などの応答もあり、参加されたみなさんは、心を込めた料理に舌鼓をうちながら懇談を楽しんでいらっしゃいました。

【報道発表】東日本大震災被災者地域交流会「としま地域交流のつどい」開催

8月3日(金曜日)池袋駅西口交番を視察しました。

ピーポくんが設置された池袋駅西口交番の前で関係者と記念撮影しました。

池袋駅西口交番にピーポくんが設置されたということで、視察をして来ました。すでに交番自体は、昨年、昔の警察官の制帽をモチーフとした形で新築されて開所していましたが、「帽子の部分にアクセントとして、ピーポくんを付けてみてはいかがでしょうか?」と提案させていただいたところ、警視庁の施設課、池袋署の方々が関係部署との折衝を重ねるなどたいへんなお骨折りをされ、今回実現に至ったものです。

池袋駅西口における護りの要である池袋駅西口交番で勤務されている、親しみやすくも力強い警察官のかたがたの益々のご活躍を期待しております。

8月2日(木曜日)区民ひろば回遊音楽キャラバンに感動!

高南第二区民ひろばの回遊音楽キャラバンの様子です。

区制施行80周年記念事業「区民ひろば回遊音楽キャラバン」が来年3月まで毎月開催されています。東京音楽大学の演奏で毎回異なる楽器の演奏による質の高いミニコンサートです。2日は区民ひろば高南第二で開催され、猛暑日の中、乳幼児からお年寄りまで253名もの参加がありました。その後、地元高南小学校のジュニアバンドの演奏もあり、皆さん大いに感動し、楽しんでいる様子でした。区民ひろばが地域コミュニティの中心に着実に根付きつつあることを思いながらも、さらに事業の充実や各種情報発信の強化に努めてまいります。

関連情報

区長の一日(2012年)

お問い合わせ