ここから本文です。

区長写真レポート 2013年2月

2月18日(月曜日)文化を通した交流の場

文化交流会の様子です。

豊島区精神障害者共同作業所連合会が主催する「第15回文化交流会」が区制80周年記念事業として、あうるすぽっとで開催されました。文化交流会は、表現活動の発表を通して参加者が協力しあい、文化活動の楽しさを味わう、貴重な場です。

私が力を入れている「福祉と文化の融合」の考え方、「障害が有無にかかわらず、その人らしく心豊かに生きてくこと」をまさに実現していると感じました。こうした事業をとおして、地域の方々との交流が深まっていくこと期待しています。

2月16日(土曜日)第6回リーディングフェスティバルに出場しました。

「リーディングフェスティバル」に出場しました。

「第6回リーディングフェスティバル」があうるすぽっとの劇場で開催され、私も冒頭「I Dream」と題した開会宣言をするために出場しました。豊島区で活発に活動されている多くのリーディンググループやボランティアの方々の発表の場として開催されてきたフェスティバルです。今年は80周年を記念して、過去から現在までの「としまのあゆみ」をテーマに舞台作品として上演されました。グループと個人総勢55名の方々により、バラエティに富んだリーディングが展開され、最後は感動的なフィナーレで終演しました。このフェスティバルを機に、地域における文化ボランティアの活動がますます活発になることを期待しています。

【報道発表】「過去から現在の豊島区」を語る舞台を総勢50人がつむぎます

2月15日(金曜日)25年第1回区議会定例会が始まり、議会の冒頭で招集挨拶を申し上げました。

議会の冒頭で招集の挨拶を申し上げました。

区民のみなさんをはじめ、議員各位そして職員とも共有できるビジョンがあってこそ、未来に胸を張って歩みを進めることができます。昨年の80周年では、区民のみなさんのご協力をいただいて、「高度な防災機能を備え、地域に守られた安全・安心創造都市」こそが、としま百年に向けたまちづくりであるとの想いを一つにできたと考えています。これこそ、私たちが、次の世代に引き継ぐ、このまちのビジョンです。さらなる成長の可能性を持つ都市である豊島区が、ビジョンを持って可能性を大きく伸ばしていくために、あらゆる課題を想定し、智恵を振り絞って打開の道を探すこと。これこそが私たちに課せられた区民のみなさんの信託に応えることになるとの思いと、決意を申し上げました。

【報道発表】平成25年第1回豊島区議会定例会 開会

2月15日(金曜日)区制施行80周年記念文化創造都市推進シンポジウムを開催しました。

「文化創造都市推進シンポジウム」の様子です。

「あうるすぽっと」で文化創造都市推進シンポジウムを開催いたしました。シンポジウムは、豊島区文化政策懇話会で専門部会長の埼玉大学経済学部教授の後藤 和子先生を全体コーディネーターに迎え、この10年間の豊島区の「文化によるまちづくり」を振り返り、100周年に向け、「豊島区がもっと魅力的なまちになるには」を大きなテーマに開催しました。会場には南は沖縄、北は仙台と多くの自治体の文化政策担当者にもご来場いただきました。近藤誠一文化庁長官に基調講演をしていただくとともに、私も「豊島区の文化によるまちづくり」と題しまして、事例紹介をいたしました。各分野の第一線で活躍されている方々にご登壇いただき、活発な議論が行われました。このシンポジウムを契機に、「安全・安心な文化都市」の実現に向け、地域と一丸となって取り組みを一層加速させてまいります。

【報道発表】文化創造都市推進シンポジウムを2月15日に開催

2月13日(水曜日)「現庁舎周辺まちづくりを考える会」の皆さんと懇談しました。

「現庁舎周辺まちづくりを考える会」の皆さんと懇談しました。

現庁舎周辺の今後のまちづくりについて「考える会」のみなさんと懇談しました。いま、現庁舎周辺は民間ビルの完成で人の流れが変わってきています。新庁舎への移転後の現庁舎地の活用により、来街者が回遊できる新たな賑わいの拠点を形成できるよう、提言の趣旨を活かしながら、早期にまちづくりの具体的なイメージを創り上げて、優良な民間開発を誘導してまいります。来年度は、現庁舎周辺の魅力を高めるため、公園や道路の整備に着手します。これからも地域のみなさんと一緒に、魅力あふれるまちをつくっていきましょう。

2月7日(木曜日)美しい街並みづくり大賞授賞式を開催いたしました。

美しい街並みづくり大賞受賞作品です。

今年度で第6回目となり、今年も100点を超える公募の中から、日頃から美しい街並みの維持・創出に貢献してくださっている3団体の皆さん、美しい街並みを写真にとらえてくださった10名の皆さんを表彰しました。表彰後の懇談では、賞への応募をきっかけに四季折々の街並みに目を向けるようになった、写真撮影と合わせてタイトルを考えるのも楽しみ、といったご感想をいただきました。式には、巣鴨地蔵通り商店街のゆるキャラ「すがもん君」も出席し、受賞者の皆様と交流していました。私からは、これからも「豊島区の魅力」を発見してもらい、それをまちづくりに活かしていきたい。」とのメッセージをお伝えしました。

【報道発表】美しい街並みを守り今ある魅力を再発見しよう

関連情報

区長の一日(2013年)

お問い合わせ