ここから本文です。

区長写真レポート 2013年9月

9月29日(日曜日) 大盛況の宵御輿大パレードが暑さを吹き飛ばしました!

ふくろ祭り「神輿の祭典」の様子です。

ふくろ祭りがスタートしました。

前半は、昨日の前夜祭にはじまり、「神輿の祭典」へと盛り上がり、最高潮に達したクライマックスで「宵御輿大パレード」が始まります。

地元の町会などからの大御輿13基が集結し、池袋中が人と御輿で埋まったかのようでした。

担ぎ手が太鼓と笛の音楽に合わせ、掛け声高らかに街中を練り歩く姿はまさに圧巻の一語に尽きます。

みなさんの凄まじい熱気と気迫が、まちに元気を与えてくれました。

ありがとうございます。

9月29日(日曜日) 国体の開会式が行われました。豊島区で国体競技が行われています。

ユニバーサルホッケーの試合の様子です。

第68回国民体育大会・スポーツ祭東京2013が9月28日に開幕しました。東京で国体が行われるのは54年ぶりです。

豊島区ではビリヤード、ユニバーサルホッケー、キンボールの3競技が行われます。

豊島体育館で行われたユニバーサルホッケーは、スティックでボールを操作し、ドリブルやパスにより相手ゴールにシュートをするスポーツです。

一般の部では、スピード感にあふれ、迫力あるプレーが繰り広げられ、国体に出場する選手のレベルの高さに圧倒されました。また、障害者や、親子の部の試合は選手のみなさんが、優勝を目指しながらも楽しそうにプレーをしているのが印象的でした。

9月28日(土曜日) ふれあい文化祭が開催されました。

作品の前で豊島区身体障害者福祉協会 京谷会長さんとお話ししました。

豊島区身体障害者福祉協会と共催の「ふれあい文化祭」に参加しました。会場には、身障福祉協会のみなさんの絵や写真、手芸等が展示され、どれも力作ぞろいでした。

また、区の障害者美術展の入賞作品とともに私の作品も出展させていただきました。ごあいさつの中で、私が絵を描き始めたきっかけが銚子の海であったことから、海と太陽をテーマに描いていることや絵を描き始めると夢中になることなどをお話しさせていただきました。

会場は、会員と区民のかたがたでとても賑わっていて、障害者の皆さんとの出会いや交流の場としてとても貴重な時間を過ごすことができました。

9月28日(土曜日) 第46回ふくろ祭りがオープンしました。

オープニングセレモニーでの挨拶の様子です。

秋の一大イベント第46回「ふくろ祭り」のオープニングセレモニーが池袋西口公園で開催されました。
本日は、とくに、来日中の、大韓民国ソウル特別市東大門区柳徳烈(ユ・ドクヨル)区庁長さんをはじめとするご一行がお越しくださいました。また、秋田県能代市 齋藤 滋宣 (さいとう しのぶ)市長さんをはじめ友好都市の皆様にも、ご多忙の中にも拘らず、多数のご列席をいただきました。ありがとうございました。

今年のふくろ祭りは、本日の前夜祭から始まり、明日は御輿の祭典で、町会・同好会の大御輿13基が集結しまして「宵御輿大パレード」を開催し、池袋中が人と神輿で埋まります。また、後半の10月12日、13日には、かっぽれや佐渡おけさ、池袋やっさ踊りなど「踊りの祭典」。しめくくりに「東京よさこいコンテスト」が行われます。

西口公園では、豊島区との友好都市観光物産展も開催されます。

安全な環境に対する信頼があってこそ、心の底から祭りを楽しみ、元気に参加できると考えます。皆さんの元気・熱気と共に「安全なまち・セーフコミュニティ豊島区」を全国に向けて声高く発信できたのではないかと思います。

【報道発表】音楽と踊りが満載の4日間 今年は「湯河原やっさまつり選抜連」も参加します

9月27日(金曜日) 区役所庁舎前で献血を実施しました。

関係者の皆さんとの記念写真です。

毎年 秋(9月頃)・冬(2月頃)の2回、日本赤十字社の献血に、東京豊島西ライオンズクラブと豊島区職員互助会が協力して、区役所本庁舎前で、実施しています。

本日は午前10時から午後1時と午後2時から午後4時の時間帯で36名のかたにご協力をいただきました。

9月27日(金曜日) 澤瀉屋 市川 弘太郎さんがいらっしゃいました。

市川 弘太郎さんとの記念撮影です。

歌舞伎役者 弘太郎さんは、雑司が谷に起居された作家の三角 寛さんを曽祖父に、そして元・文芸坐社長、三浦 大四郎さんを祖父に持ち、ご自身も雑司が谷で生まれ、成長されました。三代続くのが江戸っ子だとすれば、豊島っ子と申し上げてもいいのではないでしょうか。

10月25日豊島公会堂で「かぶくものたち」を上演されるとのことで、ご挨拶にお見えになりました。初心者でも楽しむことができる演目をご披露いただけるとのことで、19時からの公演を企画したところ、大変好評を博され、14時からの昼の部を追加されました。

弘太郎さんは、平成5年8月、国立劇場で〈市川右近の会〉『勧進帳』の太刀持で初舞台を踏まれて以来、踊りを得意とされ、前髪の若衆や初々しい若侍、世話物の若い者などを演じられながら活躍の範囲を広げていらっしゃいます。舞台度胸もあり、猿翁一門の若手の成長株として期待されていると伺っています。

成功されるよう、お祈りしています。当日は、みなさんと一緒に、一人のファンとして舞台を拝見したいと思います。

9月26日(木曜日) 友好都市ソウル特別市東大門区のみなさんがお見えになりました。

東大門区の皆さんとの記念写真」です。

友好都市である韓国ソウル特別市東大門区から柳徳烈(ユ・ドクヨル)区庁長さんをはじめとする26名の訪問団がお見えになりました。

豊島区と東大門区との交流は、少年野球連盟による交流が昭和57年にはじまり、平成14年には、友好都市協定を締結しました。昨年は、豊島区から代表団が訪問し「友好都市協定に関する10周年宣言 合意書」を取り交わしました。
今回は、その返礼として訪問団がいらっしゃいました。29日まで滞在され、新庁舎建設現場をはじめとする区内施設の視察、歓迎レセプションと盛りだくさんの行程が組まれ、さらには「ふくろ祭り」も見学されることになっています。
昨年の訪韓時には、大変な歓迎をいただきました。少しでも「おもてなし」の心をお返しできたのではないかと思います。

【報道発表】友好都市・ソウル特別市東大門区庁長が豊島区長を表敬訪問

9月25日(水曜日) 「としま文化フォーラム2013」第3回に出席しました。

文化フォーラムでご講演されている岡部 まりさんのスナップです。

「としま文化フォーラム2013」第3回(通算109回)は、エッセイストの岡部まりさんを講師にお迎えして、東京芸術劇場シンフォニースペースで開催されました。岡部さんの軽妙でさわやかな語り口に、会場の皆さんと一緒に、引き込まれていました。

今回の講演テーマは『シンプルライフ/昨日より今、明日より今』。テレビのパーソナリティをされていた頃のお話や、映画、音楽等を通したご自身の体験談をもとに、「人と人とをつなぎ、『真心を語りあえる人間関係を作る』のは文化である。」というお話はとても印象的なものでした。

そして、今話題の「断捨離」のお話。「使う」「使わない」「分からない」といった三つの箱の中に身近なものを整理し、今を大切に生きていくことが、明日の希望へとつながっていくというお話をしていただきました。岡部さんのお話に、参加者の皆さんもまた新たな発見があったのではないでしょうか。

9月24日(火曜日) 堀内新参議院議員がいらっしゃいました。

笑顔の素敵な堀内 参議院議員です。

元巨人軍監督の堀内 恒夫さんとは、立教大学同窓の横山さん(西池袋で「手打うどん立山」を経営、元巨人軍投手)を介して、知己を得て、家族ぐるみのお付き合いをさせていただいています。

22年の参院選で自民党比例代表として出馬されましたが、名簿の次点という結果でした。非常に残念に思っていました。ところが、今回繰り上げ当選で見事に参議院議員に就任されることになりました。しかも、先に申し上げたご縁から、豊島区に事務所を設けられるということで、挨拶にお出でくださいました。

心からのお祝いとともに、今後のご活躍を期待申し上げる旨、申し上げました。

9月18日(水曜日) ストリートアートでまちが明るくなりました。

池袋大橋西側の壁のストリートアートです。

池袋の東西をつなぐ池袋大橋西側の壁に、立教大学の学生さんたちが、落書き防止のためのストリートアートを描いてくれました。以前あったストリートアートも、平成13年に立教大学の学生さんたちが描いてくれたものですが、橋の修繕工事を機に全面リニューアルしたものです。

夜の池袋のまちや、動物がモチーフになっていて、とても楽しい絵に仕上がりました。夏休みを利用して描いていただきましたが、猛暑の中の制作活動で、体力的にも大変だったろうと思います。
今月の25日には、参加された学生さんたちに感謝状を差し上げることになっています。そのときには苦労話などをたくさん伺ってみたいと思っています。

ぜひ皆さんも池袋大橋に足を運んでいただき、楽しい気分を味わってください。

【報道発表】「池袋大橋」が立教大学学生により明るく彩られています

9月16日(月曜日) 敬老の日 最高齢・百歳のかたがたのお宅を訪問しました。

敬老の日のお宅訪問の様子です。

区内最高齢の109歳のかたをはじめ、100歳を迎えられたかたがたのお宅を訪問し、長寿のお祝いを申し上げるとともに記念品を差し上げました。

当日は、台風襲来によるあいにくの天候でしたが、ご本人、ご家族の皆さんに歓迎いただき、懐かしい昔話やこれからの豊島区について話が弾み、楽しい時間を過ごしました。これからも、皆さんが健やかに暮らされることを心よりお祈りいたします。

9月15日(日曜日) 「目白交通少年団創設40周年記念式典」が実施されました。

目白交通少年団員による鼓笛演奏の様子です。

目白交通少年団は、目白交通安全協会の下部組織として昭和47年に創設されて以来、40年の長きに渡り地域の交通安全活動に貢献されています。

その活動は、交通安全パレード、鼓笛演奏などを通じて広く交通安全に関する意識の高揚に寄与することに加え、近年では老人ホームへの慰問や、高齢者のお宅を直接訪問して交通安全の呼びかけを行うなど、大変心温まる取り組みにまで及んでいます。

当日は台風接近が心配されましたが、会場となった南大塚ホールに約200名のかたがたが参加されました。式典に始まり、目白警察署員によるユニークな交通安全教室、交通少年団員による鼓笛演奏、そして区内在住、在勤の皆さんで構成している吹奏楽団「ミュゼ・ダール」による演奏会が開かれ、参加された皆様とともにあらためて交通安全の大切さを学ぶとともに、楽しいひと時を過ごしました。

9月15日(日曜日) 「華麗なる彩り」が開催されました。

華麗なる彩りでの子どもたちの踊りです

今年で19回を迎える「華麗なる彩り」が『第24回としま区民芸術祭』参加公演として東京芸術劇場で開催されました。台風の接近で大雨が心配されましたが、日がさす時間もあり、多くの来場者の前で、としま区日本舞踊家集団の日頃の稽古で培われた「芸」の粋が披露された素晴らしい舞台でした。

また、今回も公益財団法人としま未来文化財団が主催する「子ども芸術・芸能講座」のプログラム「子ども達のためのワークショップ」に参加している5歳から小学6年生までの子ども達が出演しました。本番で披露するのは組の名称にもなっている「花ばたけ」「菊づくし」の演目で、きめのポーズもしっかりきまり、日本の伝統文化を担う子どもたちの熱心な姿に感動しました。

【報道発表】5歳から小学校6年生まで28人が日本舞踊にチャレンジ

9月14日(土曜日) 池袋サンバカーニバル IN サンシャイン60通りが開催されました。

サンバカーニバルでの記念撮影です。

池袋東口地域・サンシャイン60通りの地域活性化の取り組みとして、私が実行委員長となり「サンシャイン60通り祭り実行委員会」を組織して一般参加型のパフォーマンスコンテストを実施しました。参加のテーマは「ブラジルを感じさせるパフォーマンス」。サンバらしい個性的な衣装をまとった9組が参加して通りをねり歩き、観客のみなさんも大いに盛り上がりました。

9月14日(土曜日)区民参加によるアートステージ「音楽ひろばに夢と願いを」が開催されました。

「音楽ひろばに夢と願いを」での坂本先生とのスナップです。

区民合唱団や豊島区内の小学生が音楽や演劇などの芸術体験を通して自己表現の方法を学ぶジュニア・アーツ・アカデミーなど、約100名の区民が出演してアートステージ「音楽ひろばに夢と願いを」が東京芸術劇場にて開催されました。
指揮・音楽プロデューサーを務める坂本和彦先生は、公益財団法人としま未来文化財団音楽監督でこれまで多くの公演事業にご協力していただいております。

今回はソリストに加え、オペラ娘やオペラ女子32、オペラ男子の出演で、オペラがより身近に感じられました。そして、ミュージカルからパエリアやオムレツなどのレシピを基にした音楽まで、ジャンルを超えたパフォーマンスが繰り広げられ、とても楽しめるステージでした。

9月12日(木曜日) 「としま能の会」が開催されました。

としま能の会でごあいさつしました。

今回で26回目を数える「としま能の会」が東京芸術劇場にて開催されました。今年は世阿弥生誕650年にあたることから、世阿弥ゆかりの作品で構成されており、素晴らしい幽玄の世界を堪能しました。

この「としま能の会」で初回から監修や解説、能のしきたりなどをご指導いただている山崎有一郎先生は、100歳となった現在も横浜能楽堂の館長を務められており、「としまの宝」であります。山崎先生をはじめ、多くの関係者の皆さまの熱意とご尽力により、日本の伝統芸能の代表ともいうべき能・狂言が豊島区に定着していることを実感しています。

また、開演に先立ちまして「第5回狂言セミナー」が開催されました。講師に和泉流狂言師である野村万蔵先生をお迎えし、公演内容の演目解説や舞台体験など参加者には貴重な時間となりました。

9月11日(水曜日) 「としま文化フォーラム2013」第2回に出席しました。

假屋崎さんのフォーラムでのスナップです。右のお花は假屋崎さんの作品です。

華道家の假屋崎省吾氏を講師に迎え、「としま文化フォーラム2013」第2回(通算108回)が9月11日(水曜日)に自由学園明日館で開催されました。『花からはじまるライフスタイル。花は心のビタミンです。』をテーマに、楽しいお話と花活けのデモンストレーションが行われました。

お話では、愛情いっぱいに育てられた少年時代の生い立ちや、30年にわたる華道歴の変遷を、「カ(感謝・感動)、キ(緊張感)、ク(つくろぐ)、ケ(健康・決断)、コ(好奇心)」というご自身の人生哲学も踏まえてユーモラスにご講演いただきました。

また、花活けのデモンストレーションでは、あっという間に美しい花たちが器の中に。魔法なような妙技に200名を超える満員の参加者のみなさんは、ただただ驚くばかりでした。素敵なお話と華やかなデモンストレーションに、会場は笑顔の拍手に包まれました。

9月10日(火曜日) すすきみみずく保存会のみなさんと秩父市長さんをお訪ねしました。

秩父市長さんとすすきみみずく保存会の皆さんで記念撮影です。

雑司が谷に江戸時代から続く郷土玩具「すすきみみずく」は、保存会のみなさんによって伝承されていますが、区内にはススキが自生しているような原っぱはないことから、材料となるススキの調達が課題となっています。そこで、姉妹都市である秩父市の久喜邦康市長さんに毎年調達場所の斡旋をお願いしています。

猛暑がひと段落し、朝夕に涼しい風が吹き始めるとすすきの穂は大きくなります。この時期に1年分の材料であるすすきを刈り取り、保存をしなくてはなりません。そのためのお力添えをお願いするために、秩父市長さんにお目にかかりました。
メンバーはこの後、すすきの生育状況を確認し、いよいよ「すすき刈り」です。制作したすすきみみづくは、鬼子母神参道に開設した「雑司が谷案内処」や、鬼子母神の祭礼等で販売しています。

9月10日(火曜日) みんなで団結して、暴力団根絶を目指します。

安全・安心街づくり豊島区民決起大会の様子です。

今年の4月に「池袋署管内組織犯罪根絶対策協議会」から「池袋組織犯罪根絶協会」へと活動内容を充実させ名称変更となった同協会と区内三警察署とともに、「安全・安心街づくり豊島区民決起大会」を行いました。昨年4月に豊島区暴力団排除条例が施行されて以降、暴力団排除の気運が盛り上がりを見せる中、会場の豊島公会堂は、約1,000名の区民・事業者のみなさんの熱気に溢れていました。区民代表による暴力団追放宣言の後、俳優の村野武範氏の特別講演が行われ、最後に立教大学応援団による演奏と演舞が行われました。これからもより安全・安心な街豊島区を、皆さんと一体となってつくりあげていきたいと思います。

【報道発表】「安全・安心街づくり豊島区民決起大会」開催

9月9日(月曜日) 金澤 泰子さんの講演会「ダウン症の子どもを育てて」に参加しました。

金澤 泰子さんの講演会の様子です。

豊島区障害者団体連合会と共催でダウン症の書家として知られる金澤 翔子さんのお母さんの金澤 泰子さんを講師に迎えて、講演会を開催しました。翔子さんは、昨年のNHK大河ドラマ「平清盛」の題字を書かれ、区制施行80周年記念事業として、今年の3月に東京芸術劇場で作品展を開催し、多くのかたに感動を与えてくれました。私も翔子さんのダイナミックな作品にひきつけられたことを思い出しました。翔子さんご本人は、たいへん明るくてかわいいお嬢さんですが、力強い書を書き上げるパワーの秘訣をお母さんの泰子さんから伺いたいと思っていました。ハンディを持ちながらも、ハンディを感じさせない芸術家にお嬢さんを育て上げた泰子さんのご苦労や喜びは、会場を埋め尽くすお客さんにも元気と感動を分けていただいたものと確信しています。

9月8日(日曜日) 公開事業評価を実施しました。

公開事業評価の様子です。

公開事業評価は、区が実施する事務事業等について、有識者や区民のみなさまなど外部の視点により、広く一般公開のもと評価を行うことで、現状と課題の共有、事業内容・手法等の改善を通じた効果的効率的な区政の実現を図ろうとするものです。

今回評価する事業・テーマは「公共施設の運営」で、昨年度から同一テーマで検討を続けています。今年度は区民センター、生活産業プラザ、男女平等推進センターなどの5施設を評価対象としました。直接に質疑と議論を行う「評価委員」の他に、それらを傍聴した上で方向性について評価を行う「区民評価人」そして、本年度は試験的に区内大学の学生に「学生評価人」として参加していただきました。

公開評価の結果は、改めて政策評価委員会で討論されてまとめられることになりますが、今後の予算編成や計画策定に最大限活用していきたいと考えています。

9月8日(日曜日) 「豊島区交通安全区民のつどい」を開催しました。

交通安全区民のつどい関係者の皆さまの記念撮影です。

恒例の「交通安全区民のつどい」を、豊島公会堂で開催しました。このイベントは、区内3警察署・交通安全協会と区が共催で、毎年「秋の交通安全運動」(9月21日から30日)の啓発事業として行っているもので、今年で36回目を迎えました。
当日はあいにくの雨模様にもかかわらず、約450名のかたがたにご参加をいただきました。立教学院諸聖徒礼拝堂ハンドベルクワイヤの生演奏によるオープニングセレモニーに始まり、式典、警視庁による交通安全教室、そして歌手の三善英史さんをお迎えしての歌と交通安全トークショーが行われ、参加されました皆さまは交通安全の大切さをあらためて認識いただけたことと思います。

交通安全の推進は「セーフコミュニティ」を支える重要な施策の一つです。今後とも警察の皆さま、区民の皆さまとともに、交通事故を未然に防ぐ取り組みを推進してまいりますので、ご協力をお願いします。

9月8日(日曜日) 2020年オリンピック東京招致決定、おめでとうございます!

東京招致決定のデザインです。

今回の招致を巡っては、直前まで、様々な観測が飛び交い、もどかしい思いをしていましたけれども、結果としては東京の圧勝でした。
これは、何といっても東京が世界でも有数の安全・安心な都市であり、安定した高い運営能力を有していることが評価されたものです。2020年には、世界各国から多くの人たちが来日されます。

東京招致決定ポスターのコピーですこの機会に、セーフコミュニティ認証都市である本区の安全・安心まちづくり、クールジャパン“漫画・アニメ”の聖地、など、地域交流、教育、福祉、文化など豊島区が進めている多様な政策と豊島区の魅力を世界に向けて力強く発信していきたいと考えています。
豊島区は競技会場としては予定されてはいませんが、オリンピックが身近で行われることにより、スポーツの振興という面で大きな影響があり、ひいては子どもたちの体力向上や成人のスポーツ実施率の向上に結び付いていくばかりでなく、青少年の健全育成という面からも大変高い効果が得られると考えています。東京の一員として、東京オリンピック・パラリンピックを大いに盛り上げていこうではありませんか。

大会の成功を心から祈念するとともに、小中学生・未来のオリンピアンの皆さんが、7年後、東京で大いに躍動することを大いに期待しています。

9月5日(木曜日) 「エコアクション21」の中間審査を受けました。

エコアクション21の中間審査の様子です。

9月4日から2日間にわたり、「エコアクション21」の中間審査があり、私も区役所の代表者として、審査を受けました。
エコアクション21は、環境省が策定した環境経営のためのシステムで、昨年8月1日、豊島区役所本庁舎を対象として認証を取得したものです。

平成27年度の新庁舎移転を視野に、今後も認証対象施設を拡大するなど、取り組みを進め、「環境都市としま」の実現のため、区として率先して行動していきます。

関連情報

区長の一日(2013年)

お問い合わせ