ここから本文です。

区長写真レポート 2014年5月

5月30日(金曜日)放置自転車対策・自転車安全利用キャンペーンを実施ました。

放置自転車対策・自転車安全利用キャンペーンの様子です。

5月30日(金曜日)のごみゼロデーに併せ、池袋駅東口で放置自転車対策・自転車安全利用キャンペーンを実施ました。当日は、池袋警察署の皆さんをはじめ地元町会や商店街の関係者の皆さん、JR東日本池袋駅の駅員の皆さん、地元企業の皆さんなど多くの方がキャンペーンに参加しました。このキャンペーンは、放置自転車に警告ステッカーを貼付して放置防止の周知を行うとともに、自転車の安全利用の呼びかけと啓発チラシの配布を行います。池袋駅周辺の放置自転車数は、平成25年の調査で388台となり、全国ワースト1を記録した平成11年度の12分の1以下にまで減少させることができました。

これからも、放置自転車のない美しいまちづくりと自転車事故のない安心安全なまちづくりに取り組んでまいります。

5月30日(金曜日)「ごみゼロデー」です。

ごみゼロデーの開会式の様子です。

池袋西口公園において、多くの企業や団体、個人のボランティア、区職員など約200名が参加して「ごみゼロデー」のキャンペーンを行いました。開会宣言後は、池袋駅の東西に分かれていただき、清掃活動や路上喫煙・ポイ捨て防止を訴える啓発活動を行いました。

また、ごみゼロデーには、区全域で清掃活動を行っていただき、大変ありがたく思っています。

区は、セーフコミュニティーの国際認証都市として、ポイ捨てを防止するなど、ごみのないきれいな街づくりに取組んでいます。今後も環境美化活動を一層進めていきますので、引き続き皆さんのご協力をお願いいたします。

5月29日(木曜日)南池袋二丁目A地区新築工事の上棟式に出席しました。

上棟式の様子です。

5月29日に新庁舎が整備される南池袋二丁目A地区市街地再開発事業施設建築物新築工事の上棟式が行われました。地上49階の棟上げ工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを再開発組合員や工事関係者などとともに祈願しました。再開発建物は来年2月末に竣工し、新庁舎は平成27年5月7日にオープンします。これまでの手続きだけに行く区役所のイメージを刷新し、「区民のみなさんに開かれた区役所」をめざします。

5月25日(日曜日)豊島消防団ポンプ操法審査会に参加しました。

豊島消防団ポンプ操法審査会の様子です。

5月26日は、心地よい風が吹く中、朝9時から、豊島区立総合体育場で豊島消防団ポンプ操法審査会が行われました。消防団員のみなさんが日頃の訓練の成果を披露されました。僅差で第5分団が連覇となりましたが、どの分団も甲乙つけ難いほどレベルが高く、生業を持ちながらも、その技術を維持、向上されている素晴らしさとに大変、感銘を受けました。

5月24日(土曜日)ふくろうポスト除幕式に参加しました。

ふくろうポスト除幕式の様子です。

池袋駅前郵便局に、豊島区広報キャラクター「としま ななまる」をデザインした「ふくろうポスト」がお目見えしました。区長を始め、多くの参加者の他、「としまななまる」、「フクロウ戦士トシマッハ」、本物のふくろうの「ピーちゃん」郵便局のキャラクター「ポスクマちゃん」も応援に駆けつけました。

ロープが引かれ、ふくろうポストの姿がお目見えすると拍手と歓声がわき起こりました。また、区長と豊島郵便局長による初投函のあと、東池袋第一保育園の園児らがななまるのぬりえの専用ハガキに色を塗り、楽しそうに投函しました。

みなさんもぜひ豊島区の新名所「ふくろうポスト」を見にいらしてください。

【報道発表】区広報キャラクター「としま ななまる」が郵便ポストに

5月23日(金曜日)首都交通対策協議会会長賞を受賞しました。

3交通安全協会会長との記念撮影です。

豊島区と巣鴨・池袋・目白の各交通安全協会が「首都交通対策協議会会長賞(都知事感謝状)」を受賞しました。

平成10年に創設されたこの賞は、交通安全対策を積極的に推進し、その結果交通事故が減少するなど、その功労が特に顕著であった団体に東京都知事から贈られるものです。

セーフコミュニティの国際認証取得に向けた交通安全対策や区民ひろばで実施している高齢者やママさん対象の交通安全研修会、幼児・児童用自転車ヘルメット購入補助事業など区独自の施策を積極的に推進し、交通安全対策に取り組んできたことが評されました。豊島区の交通事故発生件数は、平成25年の年間総数663件と、前年より91件少なく、5年前(平成20年)と比べると3割も減少しています。

豊島区は、これからも3交通安全協会と協力して交通安全の向上に努めてまいります。

5月22日(木曜日)特設行政相談所を激励しました。

特設行政委員の皆さんと記念撮影です。チーズ!

区には、総務大臣から委嘱を受けた行政相談委員のかたがたがいらっしゃいます。区民の皆さまの相談相手として、公正・中立な立場から、国などの行政サービスに対する様々なご意見、ご要望、手続き等に関する相談を受け付け、その解決のための助言や関係機関への通知等を無報酬で行っています。

本日は、JR池袋駅のご協力により、駅東口構内に「特設相談所」を開設、多くの皆さまからのご相談を受けていただきました。また、総務省からは東京行政評価事務所の田名邊所長、JR池袋駅からは斉藤副駅長も激励に訪れ、委員の皆さまにお声掛けをいただきました。

行政相談所は、区役所でも毎月第2・4火曜日の午後1時から4時まで、本庁舎1階ロビーにおいて開設しています。何かお困りのこと等がございましたら、どうぞお越しください。

5月18日(日曜日)としま能の会が開催されました。

としま能の会であいさつしました。

今年で27回目を迎えた「としま能の会」が開催されました。今年もたくさんのお客さまが劇場に詰めかけてくださいました。

この催しでは、世界無形文化遺産である能や狂言を区民の皆さんに身近なものとして親しんでいただくため、能楽師和泉流狂言方の野村万蔵先生による「狂言セミナー」や、能楽評論家・横浜能楽堂館長の山崎有一郎先生による「演目解説」などを実施しています。

年々観客層も若い世代の方が増え、海外のメディアからの取材や国内の新聞にも大きく取り上げられるなど、反響が広がっています。豊島区では、これからも伝統文化の継承と普及に取り組んでまいります。

5月18日(日曜日)総合水防訓練を行いました。

総合水防訓練の様子です。

総合水防訓練は、水災時の円滑な連携及び技能向上を目的として、豊島区と豊島・池袋の両消防署並びに両消防団、さらには災害ボランティアの皆様のご協力もいただき、毎年、水防月間(5月1日から5月31日まで)に実施しています。

今回は、区立第十中学校跡地を使って、晴天での開催ではありましたが、実戦さながらの訓練を行いました。

5月17日(土曜日)おおつか音楽祭2014が始まりました。

おおつか音楽祭2014での挨拶の様子です。

今や大塚の人気イベントとなった「おおつか音楽祭」。

5月10日から、大塚駅を中心にさまざまな会場で街かどライブやイベントが催され、たくさんの人出でにぎわっています。

私が訪ねた17日(土曜日)は、南大塚ホールで世界各国の音楽が演奏され、会場を訪れた多くの音楽ファンと楽しいひと時をすごしました。

今年で6回目となる「おおつか音楽祭」。回を重ねるごとに認知度も高まり、区を代表するイベントに成長しています。

これからも、まちの賑わいと魅力溢れるまちづくりに地域を挙げて取り組まれることを期待します。

5月15日(木曜日)「第9回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」オープニングセレモニーに出席しました。

まちかど回遊美術館オープニングセレモニーの様子です。

東武百貨店池袋本店6階美術画廊で「第9回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」のオープニングセレモニーが開催されました。

「まちかど回遊美術館」は、昭和初頭から戦後にかけて、芸術家が池袋西口周辺に移り住み、創作活動に励み、友情を育み、芸術の街として輝きを放ったコミュニティ「池袋モンパルナス」の精神を現代に引継ぎ、地域の活性化と街づくりを目的に、点在する施設を回遊する大型展覧会として、平成17年から始まったイベントです。

昨年の来街者は約4万人を数え、「街のどこもが美術館」をコンセプトに、池袋の風物詩としてすっかり定着してきました。

区も大切なブランドとして、この取組みを広く全国に発信してまいります。

これから5月28日(水曜日)まで、池袋西口45の会場で様々な展示会、講演会、ワークショップが開かれます。

爽やかな5月の風に吹かれながら、是非とも池袋の街を散策してみてください。

5月11日(日曜日)東京サンシャインライオンズクラブ結成10周年記念 第27号梟像除幕式に出席しました。

梟像の除幕の様子です。

区内に梟像の設置をすすめている梟の樹を創る会(岩田甚一会長)は、「梟の路のふくろう像・第27号」の完成除幕式を区立総合体育場事務棟前で開催しました。除幕式には、小池百合子衆議、釜井甲子NPO法人芸術教育研究舎理事長、梟の樹を創る会プランプロデューサー星川葭夫さんや会員の皆さんをはじめ、今回の梟像のスポンサーとなった東京サンシャインライオンズクラブのメンバー、体育場を利用する少年野球のちびっ子らスポーツ団体の関係者多数が見守るなかお披露目されました。

今回の「少年の翼」と題が付けられた梟像は、フランスの女性美術家Sophie Bourocherさんの作で、「スポーツをする梟」として野球のバットを持った梟像が制作された。

題の書は小林舞衣さん。そして、台座には作詩・朋有小学校6年合作(平成25年度)の「さあやるぞ サンシャインに こだまする 勝利めざす 歓喜となみだ」の詩が豊島区書道会の白尾渓舟さんの書で記されています。

さて、次の28号はどんなユニークなデザインになるのか、とても楽しみです。

関連情報

区長の一日(2014年)

お問い合わせ