ここから本文です。

区長写真レポート 2014年12月

12月15日(月曜日) 中学生の税の作文表彰式を行ないました。

「中学生の税についての作文コンクール」の受賞者の表彰のため、池袋中学校に行きました。

毎年、全国納税貯蓄組合連合会と国税庁が「中学生の税についての作文コンクール」を実施しています。その受賞者の表彰のため、池袋中学校に行きました。朝礼の際、表彰式が行なわれ、私が直接、受賞者に表彰状をお渡ししました。

今年は、区立中学校全8校と私立中学校1校から、908編もの応募がありました。その中から今回32名の皆さんが受賞していますが、池袋中学校からは、3年の古川咲良さんほか3名が選ばれました。受賞作品は区のホームページに掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。

受賞された生徒さんたちの作文を読ませていただきましたが、税金の意義や目的、必要性について、皆さん本当によく勉強されていて、感心しました。日本の未来を担う若い人たちが、このような意識を持っていることに安心しました。

税金は、みんなで社会を支えるために、みんなで支払わなければならない会費です。税金がなければ社会は成り立ちません。そのような意識を持ち続け、社会に貢献できる立派なおとなになってほしいと思います。

受賞された皆さん、本当におめでとうございました!

12月13日(土曜日)親子もちつき大会に参加しました。

第7地区青少年育成委員会の親子もちつき大会の様子です。

椎名町小学校で開催された第7地区青少年育成委員会の親子もちつき大会に参加しました。風もなくたいへん穏やかな、まさにもちつき日和でした。私も師走のひと時、忙しさを忘れておいしいおもちを味わいました。午前中は椎名町小学校の子どもたちが実際に杵を持ってもちつきを体験しました。家庭ではなかなか体験できないことですが、こうして地域の方たちのご尽力のおかげで子どもたちも貴重な体験ができました。これからも、学校と家庭と地域が一体となって子どもたちの安全を見守り、地域を盛り上げていっていただきたいとお願いしました。

12月13日(土曜日) トキワ荘通りお休み処開設1周年記念イベントに参加しました。

トキワ荘通りお休み処開設1周年記念イベントでの記念撮影

トキワ荘通りお休み処開設1周年記念イベントに参加しました。13日、14日と開催された1周年記念イベントの目玉として、トキワ荘のあった南長崎地区の全町会長が集まり、南長崎のマンガによるまちづくりについてミニシンポジウムが開催されました。はじめに「国際アート・カルチャー都市構想とマンガを活用した南長崎のまちづくり」と題してお話しした後、「トキワ荘の復元」や「キャラクターの活用」などについて、様々なご意見をいただきました。今回のミニシンポジウムのような地域の全町会長が揃い踏みするイベントは初めての試みでしたが、南長崎地区がより一層団結し、今後もマンガによる、よりよりまちづくりを進めることができると考えております.。

【関連報道発表】「豊島区トキワ荘通りお休み処」で来館者2万人を達成

関連情報

区長の一日(2014年)

お問い合わせ