ここから本文です。

区長写真レポート2017年12月

12月10日(日曜日)心身障害者福祉センターのもちつき大会に参加しました

もちつき大会

目白協和会と目白生活実習所、目白福祉作業所、心身障害者福祉センターが共催するもちつき大会に参加しました。今年は、小春日和のなか、心身障害者福祉センター仮施設である旧真和中学校での開催となりました。
町会の皆さんが力強くついたおもちを、たくさんの地域や利用者の皆さんが召し上がり、一時はおもちを待つ列が長蛇になるほどの大盛況でした。
屋内には、ゆっくり食事できるスペースが用意され、特設ステージでは利用者やゲストによる音楽演奏も行われていました。障害のある方も、ない方も和気あいあいと楽しんでいる様子のなか、私も南米民族音楽の演奏に耳を傾けながらおいしくおもちをいただきました。

12月4日(月曜日)「中学生の税の作文コンクール」における「豊島区長賞」受賞者を表彰しました

税の作文コンクール

12月4日(月曜日)、今年51回目を迎える「中学生の税の作文コンクール」において、「豊島区長賞」を受賞した生徒が在籍する巣鴨北中学校を訪れ、プレゼンターとして全校生徒の前で表彰状を授与してきました。
今年は豊島区内の9校から817編もの応募があり、巣鴨北中学校からは、豊島区長賞を始め、3名の生徒が表彰を受けました。
私は生徒の皆さんに「街づくりを進めるには教育分野に力を入れなくてはなりません。税は街づくりを支える基本です。税の大切さをしっかり学んでください。」とお話ししました。日本の将来を担う生徒さんが真剣に聞いてくださり、とても安心しました。

12月1日(金曜日)から3日(日曜日)豊島区文化祭 第49回 区民作品展が開催されました

区民作品展 

今回は区民の方々より271点の作品の応募があり盛大に開催されました。立体、写真、絵画、金属工芸、ボタニカルアート、宝飾含めありとあらゆる作品が出品され興味深く拝見させていただきました。特に、ワークショップ「ミニクリスマスツリー」では子供たちと一緒に制作体験をいたしました。ものづくりの楽しさをあらためて感じさせていただく貴重な時間となりました。

※ ボタニカルアート…植物画。標本的な意味合いで細密に描かれた植物の絵。

 

お問い合わせ

更新日:2017年12月13日