ホーム > 区政情報 > ようこそ区長室へ > テレビ広報番組 区長の はい!お答えします!!「都市交流」内容詳細

豊島区ホームページ

ここから本文です。

テレビ広報番組 区長の はい!お答えします!!「都市交流」内容詳細

導入

区長室前の廊下

韓国の人形

レポーター

レポーター

豊島区は、国内外の都市と活発な交流を図っています。

写真:西武線沿線サミット協定

レポーター

5月20日に締結した、「西武線沿線サミット協定」を始め、ここ数ヶ月だけでも、3つの協定を新たに結びました。

協定以外でも、様々な形で交流の輪を広げています。

レポーター

レポーター

それでは、「都市交流」について、区長にお話を聞いてみましょう!

区長

はい!お答えします。

インタビュー・問1

区長室

区長、レポーター

レポーター

まずはじめに、「都市交流」の目的について、教えてください。

区長

区長

今、豊島区は国内では34、そして国外では3つの都市と交流をしております。

都市交流の目的というものは、防災、文化、観光と3つであります。

区長、レポーター

写真:一関市への災害派遣

区長

今、12の自治体と防災協定を結んでおりまして、昨年の東日本の大震災の際には、一関等々に救援物資の輸送などの支援を行なって参りました。

旧江戸川乱歩邸土蔵

区長

また文化の交流では、江戸川乱歩の生誕の地・三重県の名張市とも協定を結んでおります。

写真:観光物産展

区長

区長

ふくろまつりとか、あるいは商人まつりには多くの自治体が参加をして、観光物産展が大変大きなイベントの賑わいを生んでおりまして、この交流がですね自治体の魅力とか、あるいは資源を大きくアピールし、
そして地域の活性化あるいは経済波及効果も大変大きなものがあって楽しいイベントになっております。

インタビュー・問2

レポーター

レポーター

今年に入ってからも、様々な都市と交流の機会を得たと聞いています。

どの様なことがありましたか?

区長

写真:ふくろう協定

写真:大ふくろう像

区長

3月の25日には、栃木県の那珂川町と「ふくろう協定」を締結致しました。

那珂川町には日本一の2メートルのふくろう像がございます。

お互いにふくろうをイメージアップのシンボルとして、観光交流を促進する事を目的としております。

写真:東大門区友好都市協定10周年宣言合意書

区長

5月の9日には、大韓民国ソウル特別市東大門区と「豊島区と東大門区との友好都市協定に関する10周年宣言合意書」を取り交わし致しました。

写真:西武線沿線サミット協定

区長

区長

5月の20日には、埼玉県の飯能市、秩父市、そしてその西武鉄道と、この西武沿線のサミット協定を締結を致しまして、このサミットというのは西武沿線地域の活性化を目的としておりまして、今後、観光をはじめ環境、防災、教育、文化など幅広い交流を進めて行きたいと思っております。

インタビュー・問3

レポーター

レポーター

最後に、都市交流の今後の展望についてお聞かせください。

区長

区長

80周年を迎えて9月、10月、11月というのは本当に豊島区にとっても大きな飛躍の年になるのではないかな。

テロップ

行事予定表

区長

安全安心な国際認証のセーフコミュニティが、認証式がありますし、また10月には、記念式典、セーフコミュニティ・サミットがあって、それから11月には国際会議、アジア国際会議が開かれ内外から大勢のご来賓を迎えてですね、これからの豊島区が国際都市として、そして本当に注目される都市として大きな発展の時ではないかな。

区長このチャンスを逃がさないというか、しっかり捕まえてね、それで本当に活き活きとした元気のあるそういう豊島区をつくっていきたいな。

そんな時ではないかと思っております。

区長、レポーター

区長

これからも、益々多くの国々、自治体との交流が盛んになって行く事は間違いありません。

お互いに刺激し合いながら競い合う事で、魅力あるまちづくりをこれからもっともっと、どんどん進めて行きたい。そんな思いをしております。

おわり

レポーター

今日はどうもありがとうございました。

区長

ありがとうございました。

(お互い一礼)

お問い合わせ