ホーム > 区政情報 > ようこそ区長室へ > テレビ広報番組 区長の はい!お答えします!!「豊島区マンション管理推進条例が施行されました」内容詳細

豊島区ホームページ

ここから本文です。

テレビ広報番組 区長の はい!お答えします!!「豊島区マンション管理推進条例が施行されました」内容詳細

本庁舎屋上

レポーター

レポーター

今月の1日に、豊島区マンション管理推進条例が施行されました。

レポーター

分譲マンションの管理に特化した条例を制定するのは、全国で初とのことです。

それでは、この条例について、区長にお話を聞いてみましょう!

テロップ

区長 はい!お答えします。

区長室

区長、レポーター

レポーター

まずはじめに豊島区がマンション管理推進条例を制定した理由と、この条例の目的を教えてください。

区長

テロップ

狭小住戸集合住宅税施行

テロップ

豊島区の分譲マンション建築戸数

区長

今、豊島区は約80パーセントが共同住宅で、そのうち65パーセントがマンション。

まあこういう状況の中で豊島区としてはご承知のように狭小住戸集合住宅税という、いわゆるワンルームマンション税というものを何年か前に制定しましたけど、決してその単身者を排除するとか、そういう事ではなくて良好なバランスの良い街を作って行こうというのが主旨でありまして、今回のマンション管理推進条例というのは、もう大規模な改修をしなければならないマンション、30年40年経っている建物が非常に豊島区には多いんですね。

テロップ

管理状況による経年劣化の差

区長

このままずっと建て替えやあるいは修繕もしていなかったら、完全にそのマンション自体がスラム化してしまうというような、そんなことは非常に懸念されるという事で、しっかりとその区分所有者間での合意形成を取ってですね、そして良好なマンション管理が出来るようにして、行かなきゃいけない。

必ずどこの街でもこの問題は起こり得る問題だと思っておりますので、自信をもってこの管理条例を進めている訳であります。

レポーター

それでは、この条例の内容を教えてください。

区長

テロップ
防災への対応・防犯への対応

テロップ
居住者間及び地域とのコミュニティ形成

テロップ
義務項目

テロップ
支援の方向性

区長

区長

豊島区…区、豊島区ですね。

豊島区と、それから管理をするマンションを管理する人、それからそこに住んでいる方、等々の役割と責任を明確にすることです。

それにはやはり防災対策、それから防犯。

本当にあの安全安心な街を作って言う訳、豊島区は推進している訳で、更には地域とのコミュニケーション。

地域を作って行くにはやっぱりコミュニケーションというのは一番大事な事で、町会にも積極的に入って情報を沢山頂く。

共有するという事は、大事な事だ、ではないか。

これこそやはり住む人の、私は責任という思いもしている訳でありますので、そのマンションを管理するにあたっての管理をしっかり届出をする事、これを義務化します。それから状況を把握した上でですね、どういう形で支援をして行けば良いか、区としてその専門家をマンションの方に派遣をしたりする。

それに対して改善、こういう事を直して下さいという勧告に応じなかった場合公表します。

このマンションはこういう管理がなされておりません。

そういうマンションなんだな、というような形になる。

自分の財産が下がる訳ですよね。

マンション名の公表というのが、この条例の中でも一番の効き目と言いますか、重大なものになるんじゃないかと思っております。

レポーター

最後に、この条例の今後の展開についてお聞かせください。

区長

テロップ

条例の周知

マンションの良好な管理

安全・安心な生活環境の形成

区長

この条例を7月1日からせこう施行する訳でありますけど、条例を作ったからには実効性がなければいけない。

それにはですね、セミナーの開催とか、あるいは直接マンションに訪問いたしましてこの条例の主旨を徹底的にですね知って貰うという事であります。

自分の財産をしっかり守って行くというような事が必要でありまして、それに区がしっかりと支援、サポートをして行くという事ではないかと思っております。

区長

区長、レポーター

区長

今豊島区はセーフコミュニティというWHOの国際認証を貰っている安全安心な都市であります。

このセーフコミュニティの名に恥じないような素敵な街、住みやすい街を作って行きたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いを致します。

レポーター

今日はどうもありがとうございました。

区長

ありがとうございました。

(お互い一礼)

お問い合わせ