ここから本文です。

テレビ広報番組 区長のはい!お答えします!!「区長年頭挨拶」内容詳細

タイトル
テロップ
区長のはい!お答えします!!

豊島区新庁舎模型
模型前のレポーター

レポーター
区民の皆さん、明けましておめでとうございます。
区政の最新の動きを区長に直接インタビューする「区長のはい!お答えします」
今年最初のこのコーナーでは、新しい年を迎えての抱負を区長に伺います。

区長
はい!お答えします!!

区長室
区長
レポーター

レポーター
区長、明けましておめでとうございます。

区長
おめでとうございます
区民の皆さん、明けましておめでとうございます。

テロップ
首都圏 住みたい街 第3位
23区で唯一消滅可能性都市に
危険ドラッグによる暴走車死傷事故
これらの問題にスピーディーに対応

レポーター
まずはじめに、昨年は、豊島区にとってどのような1年だったのか、教えてください。

区長
豊島区は、昨年は大変でした。上がったり下がったり。
3月にはですね、この首都圏で、リクルートスーモというところの
民間調査ですけれど、何と池袋が首都圏の中で、住みたい街の第三位に躍進ということで、
その理由は、副都心線が開通したり、あるいは沢山若い人が来てくれる街になり、
そして多様性があって、大変懐の深い街、これが非常に高い評価をいただいて、
5月はですね、全国の自治体で、半分の自治体が消滅する可能性都市と
いうような指摘を受けましたけれども、その中に何と豊島区がですね、23区、唯一、
指摘されましてね、いやぁ驚きましたけど、さらには、6月にはですね、
危険ドラッグの、もう全国に報道されて、これに対していち早く、
適切な対策本部を立ち上げて、この対応をしっかりとやりまして、全国に、
いろんな面で発信をしてですね、高い評価を受けて、まさにピンチを
チャンスに変えていったというようなことではないかと思います。

レポーター
区長
新庁舎イラスト
まるごとミュージアムイラスト
としまの森イラスト
アートオリンピア2015ポスター

テロップ
まるごとミュージアム
豊島の森

レポーター
区民の皆さんが待ちに待った新庁舎移転も、いよいよ目前に迫ってきました。
新庁舎オープンまでのスケジュールはどのようになるのでしょうか。

区長
いよいよ、オープンまで、今月100日を切ります。
3月の23日には、落成式が行われ、そしてそのあとすぐ、
内覧会、見学会が区民の皆様へございますので、
そして建物全体がまるごとミュージアム、美術館なんですね。
で、としまの森、お子さん方が楽しめる空間を作って行きます。
6月13日からは、アートオリンピア2015が開幕いたしまして、是非ですね、
家族の皆さんで見に来ていただきたいと思います。

レポーター
区長

池袋モンパルナス展の写真
トキワ荘お休み処の写真
フェスティバルトーキョーの写真
コスプレフェスティバルの写真
グリーン大通り オープンカフェの社会実験の写真
レポーター
区長

テロップ
池袋モンパルナス展
トキワ荘通りお休み処
フェスティバルトーキョー
コスプレフェスティバル
グリーン大通り オープンカフェの社会実験(平成26年11月)

レポーター
アートと言えば、昨年豊島区は、「国際アートカルチャー都市」構想を
打ち出しました。豊島区がめざす新たな都市像をお聞かせください。

区長
豊島区は、新たな文化を育んできた、池袋モンパルナスとか、
マンガの聖地であるトキワ荘とか、素晴らしい文化がありました。
現在は、フェスティバルトーキョーという、大変国際的な演劇祭もやっておりますし、
コスプレフェスティバルも行われ、多様な文化を受け入れる、大変懐の深い街であります。
誰もが主役になれる劇場都市で、歩行者優先、人間優先の都市作りを進めております。
2020年、オリンピックが開催されますが、様々な文化プログラムを展開して、
まさに文化の祭典として、豊島区も積極的に参加をしてまいりたいと思っております。

区長
レポーター

レポーター
これからも、豊島区のまちづくりから目が離せませんね。
最後に、区民の皆さんに向けて、新年のメッセージをお願いいたします。

区長
今年は、豊島区にとって歴史的な年になるのではないかと思っております。
区民の皆さんのための新しい庁舎がいよいよ完成し、
区役所が変わる、そして区役所を変える。
そして街が大きく変わり、街を変えていく、そういう素晴らしい年になります。
どうか、区民の皆さんも一緒に、街づくりを進めてまいりましょう。

区長
レポーター

レポーター
どうもありがとうございました。

区長
ありがとうございました。
(お互い一礼)

お問い合わせ