ホーム > 区政情報 > 広報 > としまななまるチャンネル > [テレビ広報番組]平成26年10月 > テレビ広報番組 がんばれ!としまのものづくり「伝統の心と技を受け継ぐ 江戸べっ甲・宮本工業有限会社」内容詳細

ここから本文です。

テレビ広報番組 がんばれ!としまのものづくり「伝統の心と技を受け継ぐ 江戸べっ甲・宮本工業有限会社」内容詳細

コラージュ
ものづくりメッセシンボルイラスト
ものづくりの木
ものづくりメッセの様子

ナレーション
「ものづくり」に取り組むエネルギーは、
まちを変える、未来を創る、すばらしい力です。
池袋副都心の産業見本市「としまものづくりメッセ」には、
元気な企業が大集合。
としまの「ものづくり文化」を参加企業とともに紹介します。

テロップ
がんばれ!としまのものづくり

豊島区伝統工芸保存会が作成した「匠マップ」
巣鴨駅、とげぬき地蔵尊付近
宮本 拓哉さんの作業風景

ナレーション
「豊島区伝統工芸保存会」の「匠マップ」です。
保存会に所属する会員と準会員24人の工房をご案内しています。
巣鴨駅、とげぬき地蔵尊のほど近くに、今回、お訪ねする江戸べっ甲の伝統工芸士・宮本 正義さんの工房があります。
ここに、次の世代を担う若い工芸士が誕生しました。
正義さんの孫・拓哉さんです。
今は保存会の準会員ですが、すてきな作品を創り出しています。

テロップ
伝統の心と技を受け継ぐ
江戸べっ甲・宮本工業 有限会社

高岩寺の方向から宮本工業へ
社名と甲羅模様、ウインドウのタイマイ

テロップ
タイマイ

ナレーション
巣鴨地蔵通りの入り口、眞性寺の並びに、伝統工芸士・宮本正義さんの工房があります。
社名の模様は、亀の甲羅のイメージ、べっ甲作品の元になる材料は、“タイマイ”という海亀の甲羅です。

店内、宮本 祐子さんのお迎え
店内風景、作品群、眼鏡

ナレーション
こんにちは!江戸べっ甲・宮本工業の作品です。
べっ甲作品は、タイマイの甲羅を、熱と水で細工して作ります。
宮本工業の専門はメガネ枠で、昭和天皇の眼鏡を作成したことでも知られています。

豊島区伝統工芸保存会
江戸べっ甲
宮本 正義さん

テロップ
豊島区伝統工芸保存会
江戸べっ甲
宮本 正義さん
豊島区登録無形文化財保持者

ナレーション
宮本 正義さんは、今年、90才。毎日、工房で作品を制作しています。
正義さんは、東京都優秀技能者、昨年、豊島区登録無形文化財保持者にも認定されました。
正義さんは、今日、“ある物”を作るそうですが、さて、何ができるんでしょうか。

作業の様子
材料を柔らかくするために熱を加える様子
プレスする様子
表面を削る様子

テロップ
材料を柔らかくするために熱を加える
プレスする
表面を削る

ナレーション
まずは、材料を柔らかくするために、熱を加えてプレスしていきます。
力を加え過ぎると焦げてしまう、すべてが、長年の感性にかかっているようです。
表面を削って、美しくします。
削る部分によって、使うやすりの種類も様々です。

拓哉さん製作の様子
豊島区伝統工芸保存会
準会員
宮本 拓哉さん

テロップ
豊島区伝統工芸保存会
準会員
宮本 拓哉さん

ナレーション
師匠である祖父と向かい合って、タイマイの甲羅に取り組む孫の拓哉さん。
この道を継ごうとしたのは、いつ、どのような思いからだったのでしょうか。

拓哉さんへのインタビューの様子

テロップ
質問 継ごうと思った理由は
宮本 拓哉さんの作品

宮本 拓哉さん
小さい頃、この仕事場で遊んでて、それでいろいろなものを作ってたんですけど、ちゃんと継ごうと思ったのは、高校生の時くらいですかね。
おじいちゃんを尊敬してたんで、おじいちゃんの後を継ぎたいなっていうのが、きっかけというか、想いですね。

ナレーション
本格的に“江戸べっ甲”に取り組んで10年。
伝統の技をしっかりと受け継ぎながら、拓哉さんならではの工夫がなされています。

接客する宮本 祐子さん

ナレーション
拓哉さんの母・祐子さんです。
豊島区伝統工芸保存会の事務局長として、保存会の活動を担っています。

豊島区伝統工芸保存会の作品を写真で紹介

テロップ
東京手描友禅
東京銀器
江戸提灯
東京組紐
江戸凧
東京籐工芸
江戸べっ甲
東京彫金
東京三味線
江戸象牙
貴金属装身具

ナレーション
保存会は、伝統工芸展の開催や、「ものづくりメッセ」に出展するなど、その技を多くの方へ伝える取組みを行なっています。
伝統工芸でも後継者不足は深刻な問題だそうですが、拓哉さんの存在は、大きな希望です。

豊島区伝統工芸展ポスター

ナレーション
今年の豊島区伝統工芸展は、10月23日から3日間、開催されます。

豊島区伝統工芸保存会
事務局長
宮本 祐子さん
ものづくりメッセのポスター

テロップ
豊島区伝統工芸保存会
事務局長
宮本 祐子さん
質問 「ものづくりメッセ」に出展する抱負は。

宮本 祐子さん
学校単位で来てくださって、そして、『あぁ、豊島区にもこういうものがあるんだ』
っていうだけでも、我々はものづくりに出た甲斐はあるのかなっていう気はいたしますけれども。
今年、あの業種が2種増えまして、新会員も入ったことなんで、来年度のものづくりもまた、ちょっと変わった趣向でやってみたいなと思っていますけれども。

宮本 拓哉さんの製作風景
宮本 拓哉さん

テロップ
質問 伝統を継承する想いは

宮本 拓哉さん
自分達の世代に、もっとこういう伝統的なものを知ってもらいたいと思ってますね。
古いやり方も、継承しつつ、そこに新しいものを考えて、そういうので伝統ってできあがってきたと思ってるんで、自分もその一部になれたらいいなと思っています。

宮本 正義さん

テロップ
質問 師匠として一言

宮本 正義さん
拓も、自分でこれからやっていくんだから、自分で何でも考えてね、だから自分の仕事を見て、覚えるっていうことをやってもらいたいですね。

製作工程
研磨作業の様子
艶出し作業の様子
靴べらの完成

テロップ
研磨作業
艶出し作業
靴べらの完成

ナレーション
ところで、正義さんの作っていたもの、それは、靴べらだったんですね。

宮本 正義さん、宮本 拓哉さん
製作作品コラージュ

テロップ
「としまものづくりメッセ」については生活産業課へお問い合わせください
電話03-5992-7089

テロップ
撮影協力
宮本工業 有限会社

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日