ここから本文です。

テレビ広報番組 行政トピックス「障害者サポート講座」内容詳細

区民ひろば上池袋外景から入口付近

レポーター
皆さんこんにちは。
今日、私は、区民ひろば上池袋で行われる
「障害者サポート講座」にお邪魔しています。
どんな内容の講座なんでしょうか。
講座の様子を見ながら、いろいろとお話を伺ってみたいと思います。

会場全景
タイトルテロップ
障害者サポート講座
障害者福祉課から

レポーターと森 眞理子障害者福祉課長
講義やブラインドウォークの実践の様子

テロップ
障害者の現状や、サポート方法の説明
視覚障害者の方の疑似体験(ブラインドウォーク)

レポーター
まず最初に、今日行われている講座の内容について教えていただけますか。

森課長
視覚障害当事者の方や知的障害や精神障害の事業所などの方に
講師になっていただいて、障害者の現状や、簡単なサポート方法
について説明していただきます。また、視覚障害の方の擬似体験を
していただくために、豊島区民社会福祉協議会に協力いただき、
ブラインドウォークも実施しています。

テロップ
心のバリアフリーの推進

レポーター
このような講座を開くようになったきっかけは、どのようなことからなんでしょうか。

森課長
セーフコミュニティの重点課題の一つ「障害者の安全」対策の一環として
“こころのバリアフリー”を推進するために、この講座が企画されました。
街中で困っている障害者をみかけた時に積極的に声かけをし、
手助けできるよう、障害者に対する理解を深めることで、
「障害者の方が安心して外出できる地域作り」を目的としています。
参加者からは、障害者へのサポート方法がわかった。
困っていたら声かけをしたい等の意見が寄せられ、
障害者の方について学ぶよい機会となっております。

講座の風景

テロップ
この日は、3名の講師の方に、知的障害者、精神障害者、身体障害者についてのお話を伺いました。

講座の様子
レポーター

テロップ
豊島区立駒込生活実習署
駒込福祉作業所 施設長
中野 雅義さん
地域生活支援センターこかげ
代表 古俣孝浩さん
豊島区身体障害者福祉協会
副会長 小宮山芳人さん

豊島区立駒込生活実習署
駒込福祉作業所 施設長
中野 雅義さん
知的発達遅滞のあるから障害ということではなくて、我々の日常生活に不自由さ、
不便さをきたしてしまう、だから障害という言葉を使います。

地域生活支援センターこかげ
代表 古俣孝浩さん
我々のできる範囲でのこういう丸があるけれど、障害を持っている人たちが、
丸のちょっと外枠なところに希望があったとしたら、ちょっと我々が広げてみる。

豊島区身体障害者福祉協会
副会長 小宮山芳人さん
街中で、皆さん方が、そっと見守っていてくださると思えば、
私たちも安心して、安全な外出ができると思います。

レポーター
豊島区身体障害者福祉協会
副会長 小宮山芳人さん
視覚障害者まちあるきの様子

レポーター
今日、講義をしていただいた小宮山さんにも、
講義の手応えや反響などについてお話しを伺ってみました。

豊島区身体障害者福祉協会
副会長 小宮山芳人さん
私たち視覚障害者は、昨今、音声パソコン、
並びにIT技術等の活用等によって様々な活動等を、実践しております。
最近は視覚障害者が街中で歩いている姿を区民の方、
多く見かけるようになって、この講座のためかどうかは別として、
割合に私たちに声をかけていただくケースが
多くなってきたなと、思っております。
身近に視覚障害者がいないと、視覚障害ってどんなことに、
日常生活で困っているのかなっていうことが、理解してもらえないので、
特にこの講義では、アイマスクまたは白杖等を付いて、
実体験をしてもらっています。
それによって、視覚障害者の歩行の困難性について、大変理解が深まったなという。
区民の、一人でも多くの方が、声かけが気軽にできるように
なってくれればいいかなと、願っております。

講座受講者
お手伝いする方は、何歩先とか、具体的に言ってあげたら、
良かったなっていうのが、すごく感じました。

講座受講者
言葉をはっきりと伝えないと、えっ?えっ?って何回も聞かれたから、
これはまずいなと思いました。

レポーター
森課長
視覚障害者まちあるきの様子
障害者をサポートするイメージ

レポーター
最後に、こうした「障害者サポート講座」の今後の展開についてお話しいただけますか。

森課長
今後も引き続き区民ひろばにおいて講座を開催する予定です。
ひとりでも多くの方に講座を受講していただきたいと考え、DVDを作成し、
区民ひろばで放映したり、駅にポスターを掲示したりしていく予定です。
また、講座に参加していただいた方の中から希望者に対して、
次回の講座のお知らせを送付するなどフォローアップもしていきます。
是非皆さん、ご参加ください。

レポーター
障害者サポート講座。障害者の方々の現状や気持ち、
サポート方法などを知る有意義な講座でしたね。
みんなが助け合って暮らす社会を実現するために、
一人一人が何をすればいいのか。
こうした講座をきっかけに、じっくりと考えてみるのもいいかもしれませんね。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日