ホーム > 区政情報 > 広報 > 映像広報 > 生放送番組「としま情報スクエア」 > テレビ広報番組「全国初!マンション一体型・新庁舎の竣工~新庁舎レポートPart1~」内容詳細

ここから本文です。

テレビ広報番組「全国初!マンション一体型・新庁舎の竣工~新庁舎レポートPart1~」内容詳細

ナレーション
5月7日、待ちに待った新庁舎オープンです。
新緑の季節を迎える「としまエコミューゼタウン」。
区役所の新たな幕開け、そして、豊島区の新たな幕開けは、目前です。

新庁舎

タイトルテロップ
全国初!マンション一体型・新庁舎の竣工
~新庁舎レポートPart1~

ナレーション
今日は、新庁舎の計画立案からこれまでに至る、
“新庁舎誕生物語”というようなお話を
職員の方とともに紹介いたします。

新庁舎前
庁舎建設室 伊藤あすか
現本庁舎
区役所別館
分庁舎A館
分庁舎B館
区民センター
生活産業プラザ
新庁舎建設地地図
南池袋2丁目A地区
旧日出小学校
建設地解体前


テロップ
現本庁舎
区役所別館
分庁舎A館
分庁舎B館
区民センター
生活産業プラザ
南池袋2丁目A地区
旧日出小学校
検討経過
平成18年5月 新庁舎整備方針(素案)の公表
平成20年9月 新庁舎整備方針の策定
平成20年11月 区民ワークショップの開催
平成21年11月 新庁舎整備基本計画の策定
平成22年11月 新庁舎整備推進計画の策定
平成22年12月 庁舎位置変更条例案 可決
建設地解体前平成23年5月

ナレーション
こんにちは!

伊藤
こんにちは!

ナレーション
早速ですが、新庁舎建設のプロセスについて一緒に
紹介をよろしくお願いします。

伊藤
はい。区では平成8年4月、財政危機を理由として、
当時計画していた新庁舎の着工延期を決定しました。

ナレーション
そうでしたね。
しかしながら、昭和36年に竣工した現在の本庁舎は、
23区のなかで最も古く、著しく進む老朽化、分庁舎などに
分散する窓口など、新庁舎の必要性は高まっていました。
新庁舎整備を目的とした基金はゼロという
極めて厳しい前提条件のなか、区有財産を最大限に活用し、
建設費については区民に新たな負担をかけない資金計画で
進められてきました。
建設地は、池袋駅から約570メートルの南池袋2丁目
A地区。この地区に旧日出小学校の跡地が含まれ、
市街地再開発事業の手法を採用し、新庁舎整備に取り組みました。
新庁舎整備については、平成18年5月に新庁舎整備方針素案を
公表して以降、説明会やパブリックコメントの実施などにより
区民の方のご意見をおききしながら検討を進めました。

起工式

テロップ
起工式平成24年2月2日

ナレーション
平成24年2月、再開発建物の起工式を迎えました。

伊藤
関係権利者全員の同意による、官民一体となった再開発事業の始まりです。

施設整備計画断面図
動線計画
新庁舎1階平面図、アトリウム
地下2階ロビー

テロップ
動線計画
アトリウム
地下2階ロビー
設計チーム打ち合わせ写真

ナレーション
では、建設計画の全体像を見てみましょう。
1階の一部と3階から9階の低層階部分に区役所新庁舎が入り、
11階から49階が分譲マンションとなっています。
新庁舎は全方向からアプローチが可能なように
入口を4か所設けています。どの方向から来ても
建物中央のアトリウムに誘導されます。
また、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」と直結する
地下通路が整備されます。

伊藤
この再開発建物の設計は、大手設計事務所の(株)日本設計、
建築家の隈研吾氏、ランドスケープアーキテクトの平賀達也氏による
共同設計チームの取り組みです。

グリーン庁舎
新庁舎断面図
エコヴェール
エコヴォイド
エコミューゼ

テロップ
グリーン庁舎をめざす環境計画
自然換気
自然採光
エコ照明
地域冷暖房システム
雨水の再利用

ナレーション
この設計チームが最も力を注いだ取り組みのひとつが、
環境計画ですね。

伊藤
「自然換気・自然採光」による自然エネルギーの直接利用。
環境負荷を低減する「エコ照明」の執務環境づくり。
地域冷暖房システムを導入。そして、「雨水の再利用」による
水循環システムの採用など、最新の環境技術の導入を図り、
全国の環境対策モデルとなるような「グリーン庁舎」を実現します。

ナレーション
珍しい用語がいろいろありますね。

伊藤
建物を覆う「エコヴェール」は、樹木のリーフのように
多様な機能を持ち、環境負荷を軽減します。
「エコヴォイド」は、“吹き抜け空間”。
外観のエコヴェールと同じように、環境負荷を軽減します。

ナレーション
「エコミューゼ」は、庁舎の屋上を
豊島の森として整備し、エコヴェールと一体となって、
豊島区の自然を体感できる学習の場となるんですね。

新庁舎が出来上がっていく様子
新庁舎遠景

テロップ
平成27年3月 竣工
区役所が変わる 区役所を変える

ナレーション
建設工事は着々と進み、区内外から建物の全体が
はっきりと見えるようになりました。
平成27年3月、新庁舎が入る再開発建物が竣工しました。

伊藤
5月7日、豊島区の新しい庁舎が南池袋二丁目に誕生します。
これまでの手続きだけに行く区役所のイメージを刷新し、
「区民のみなさんに開かれた区役所」をめざします。

伊藤

テロップ
新庁舎見学会開催概要
3月24日(火曜日)~27日(金曜日)午前10時から正午まで
28日(土曜日)午前10時から午後4時まで
29日(日曜日)午前10時から午後3時まで
5月7日新庁舎オープン

伊藤
新庁舎オープンに先駆けこのような日程で、見学会を開催します。
ぜひ、お越しください!来月のこのコーナーでは、
5月7日オープンを目前に控えた新庁舎の様々な魅力を
一足早くみなさんにお伝えします。ご期待ください。

お問い合わせ
庁舎建設室
電話:03-3981-1186

お問い合わせ

更新日:2015年3月4日