マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

豊島 新時代へVer.2内容詳細

オープニング

南池袋公園

 

芝生のアップから新庁舎を望む公園全体へ

 

テロップ

豊島、新時代へ Ver.2

 

(BGMに乗せて)

園内の様々なシーンをリズミカルに展開(にぎわっている様子)

 

テロップ

「南池袋公園リニューアルオープン」

 

南池袋公園オープニングセレモニー

 

ナレーション

こちらは昨年4月、リニューアルオープンした南池袋公園です。

 

南池袋公園雑景

 

ナレーション

一年中みどりがひろがる芝生広場。

小山のような滑り台が楽しいキッズテラス。

「美味しい」と笑顔があふれるおしゃれなカフェレストラン。

豊島区にまたひとつ、新たな魅力スポットが誕生しました。

 

テロップ

「女性にやさしいまちづくり」

 

女性にやさしいまちづくり

ツクモルby Toshima

 

テロップ

ツクモル by Toshima

 

ナレーション

その南池袋公園カフェレストラン「ラシーヌ」で、8月23日、「親子で参加!防災ワークショップ」が

開催されました。

女性や子どもの目線に立って、誰もが日ごろから身につけたくなるような防災グッズを親子で手づくりする

このワークショップは、わたしの『つくる』があなたを『まもる』をコンセプトに活動する

アートクリエーターと女性にやさしいまちづくりを進める豊島区とのコラボレーション企画です。

 

テロップ

わたしの「つくる」が「あなたをまもる」

 

としまイクボス宣言

 

テロップ

としまイクボス宣言

 

ナレーション

また、9月29日には、豊島区と区内企業や大学等、

約60団体のトップが一堂に会し、としまイクボス宣言を行いました。

誰もが働きやすい環境づくりに向けて、官民連携の輪が豊島区から広がっています

 

テロップ

雑司が谷鬼子母神堂

 

雑司が谷鬼子母神堂(鬼子母神全景、拝殿・本殿、銘板等)

 

ナレーション

子育てにやさしいまちのシンボルと言えば、江戸時代から安産・子育ての神様として、

庶民の信仰を集めてきた雑司ケ谷鬼子母神

 

堂内鏡割りの様子

 

テロップ

7月25日国の重要文化財に指定

 

ナレーション

7月25日、その鬼子母神堂が国の重要文化財に指定されました。

平成26年12月の日本ユネスコ協会連盟「プロジェクト未来遺産」登録につぐ朗報です

 

健康ウォークラリー(当日の様子、長崎の富士塚、自由学園明日館)

 

テロップ

健康ウォークラリー

 

ナレーション

10月8日には、鬼子母神堂重要文化財指定を記念して、すでにその指定を受けている

長崎の富士塚、自由学園明日館と合わせ、区内3つの国指定重要文化財を巡る健康ウォークラリーを開催。

教育・文化と福祉が融合し、地域の歴史・文化に触れながら健康維持・増進を図るイベントに、

約1000名の区民が参加しました。

 

テロップ

国際アート・カルチャー都市構想から実現戦略へ

 

アトカル懇話会、アトカル大結団式

 

ナレーション

豊島区がめざす国際アート・カルチャー都市

まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市へ

 

テロップ

国際アート・カルチャー都市懇話会

アトカル大使結団式

 

ナレーション

その実現に向け、「国際アート・カルチャー都市懇話会」の答申を受けて

実現戦略を策定、1000名を超える区民の応援団「国際アート・カルチャー特命大使」も始動しました。

 

東京芸術祭オープニングセレモニー

 

テロップ

東京芸術祭2016

大田楽 いけぶくろ絵巻

 

ナレーション

昨年9月には東京の文化プロジェクトを牽引する東京芸術祭2016が

池袋からスタートしました。

次々に展開される国際的なアートプログラム。

さらにその先を見つめ、「東アジア文化都市」2019年開催都市にも立候補します。

 

アートオリンピア2017

 

テロップ

アートオリンピア

 

ナレーション

今年は、第2回目となる「アートオリンピア2017」が本庁舎で開催されます

 

東京アニメアワードフェスティバル2017 メインビジュアル

池袋ハロウィンコスプレフェスの様子

 

テロップ

東京アニメアワードフェスティバル2017

 

ナレーション

また春には、国際的なアニメーション映画祭

「東京アニメアワードフェスティバル2017」が池袋で開催されます。

秋に開かれるマンガ・アニメ・コスプレが楽しめる「池袋オータムカルチャーフェスティバル」と合わせ、

池袋は世界中のアニメファンが集う「アニメの聖地」になります。

 

テロップ

2020 池袋が日本一のアニメの聖地になる。

 

トキワ荘復元(記者会見、復元模型)

 

テロップ

トキワ荘復元プロジェクト

 

ナレーション

そのアニメの原点はマンガであり、マンガの原点はトキワ荘です。

2020年春、トキワ荘が復元されます。

この復元によりマンガ文化発祥の地としての地位を確立。

またその聖地に、日本が誇るマンガ・アニメの歴史をつなぐ新たなミュージアムが誕生するのです。

 

テロップ

国際アート・カルチャー都市を牽引する庁舎跡地活用プロジェクト

 

旧庁舎・公会堂、さよならイベント

 

ナレーション

そして、国際アートカルチャー都市を牽引する「庁舎跡地」の建築工事が始まりました。

 

テロップ

としまミュージアム

 

ナレーション

昭和36年竣工の旧庁舎、そして27年竣工の豊島公会堂。半世紀以上にわたり区政の歴史を刻んできた

旧庁舎と公会堂に感謝の気持ちを込め、昨年3月、閉庁記念イベント「としまミュージアム」を開催。

2日間で33,000人が来場し、別れを惜しみました。

 

旧庁舎エリア整備イメージパース(新ホール、新区民センター)

 

テロップ

庁舎跡地活用プロジェクト

 

ナレーション

そして今、庁舎跡地エリアでは、2020年春のグランドオープンに向け、

8つの劇場を中心とする国際的なにぎわい拠点の整備が急ピッチで進んでいます。

官民連携による都市再生のモデルケースとして注目されるビックプロジェクトです。

 

ナレーション

池袋の新たなランドマークとなるオフィスタワー。文化と賑わいの中心となる新ホール棟。

そして区民の多様なニーズに対応する新区民センター。

3つの建物をつなぐ路上デッキが8つの劇場空間へといざないます。

 

テロップ

インフォメーションセンター

パパママすぽっと

パークプラザ

 

 

ナレーション

民間事業者によるオフィス棟、新ホール棟の整備に合わせ、区が整備する新区民センターには、

1階に多言語対応のインフォメーションセンター、

2階3階には女性のための大規模パブリックトイレと親子でくつろげるパパ・ママスポットを整備。

誰もが安心して楽しめる、スーパーバリアフリーな都市空間を創出します。

 

ナレーション

そして何より楽しみなのが、オペラ、ミュージカル、歌舞伎、バレエ

など、8つの劇場を中心に展開される多彩なアートプログラム。

 

テロップ

小林紀子バレエ・シアター

 

テロップ

重大発表!

宝塚歌劇公演決定!

 

ナレーション

宝塚歌劇のこけらおとし公演が決定しました!

 

宝塚歌劇のCM映像とナレーション

 

テロップ

2020年豊島区が文化の中心になる

お問い合わせ

更新日:2017年3月2日