ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年1月 > 数々の快挙をたたえ これからの活動へエールを

ここから本文です。

数々の快挙をたたえ これからの活動へエールを

豊島岡女子学園中学高等学校コーラス部 文化功労表彰

報道発表日:平成24年1月20日

問い合わせ:文化デザイン課 電話03-3981-1272

本日、豊島区は、豊島岡女子学園中学高等学校コーラス部へ「豊島区文化功労表彰」を贈呈した。区内の中学高等学校へ文化功労表彰が贈られるのは今回が初めて。

これは、文化・芸術活動を通じて区の振興発展と区民福祉向上に貢献し、功績が著しい者(団体)を表彰するもの。単に、芸術・芸能分野にとどまらず、教育、産業・まちづくり、スポーツ、福祉など各分野における文化を基軸とした活動を対象としているのが特徴となっている。

これまで、平成17年に54団体、平成21年に27団体の計81団体が表彰を受けている。そして、平成21年には、ピアニストの辻井伸行さんが個人としては、初めて表彰を受けている。

今回表彰された豊島岡女子学園高等学校コーラス部は、平成23年9月4日に開催された「第78回 NHK全国学校音楽コンク−ル 関東甲信越ブロックコンクール 高等学校の部」で金賞を受賞し同全国大会で優良賞、同中学校のコーラス部は、平成23年10月30日開催の「全日本合唱コンクール全国大会 中学校部門 同声合唱の部」で金賞・文部科学大臣賞を受賞するなど、数々の快挙を成し遂げている。

本日来庁したのは、豊島岡女子学園中学高等学校コーラス部顧問の先生と同中学高等学校コーラス部に所属する部員6名(中学校部員3名、高等学校部員3名)。

高野之夫豊島区長から、豊島岡女子学園中学高等学校コーラス部員へ表彰状と花束、記念品として福祉作業所で障害者が製作した手すき和紙の表紙のメモ用紙・はがきセットが贈られた。表彰状等を受け取った部員は、「コンクール前は毎日練習している。今回、文化功労表彰をいただけるなんて、びっくりした。」「コーラス部引退後も、自身の勉強を進めながら、後輩のサポートにまわって相談相手になれるように努めていきたい。」と語った。高野之夫豊島区長は「今回は、コーラス部への表彰となったが、豊島岡女子学園の皆さんは、音楽に勉強にスポーツとさまざまな分野で活躍していて、本当にすばらしい。皆さんに負けないよう、これからも豊島区をふるさととして誇りをもってもらえるようなまちづくりに取り組んでいきたいと思う。」と意気込みを語った。

写真

高野之夫豊島区長より表彰状贈呈

高野之夫豊島区長とコーラス部部員

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日