ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年3月 > 障害者たちがプロのオーケストラと第九を公演します!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

障害者たちがプロのオーケストラと第九を公演します!

特定非営利活動法人NPO「ゆきわりそう」25周年記念

報道発表日:平成24年3月16日

問い合わせ:NPO法人ゆきわりそう 電話03-3950-2002

来る平成24年5月6日(日曜日)に、サントリーホールにおいて、「私たちは心で歌う目で歌う合唱団」による「21世紀の平和のために歌う『祈りのコンサート』」が開催される。同合唱団は、障害者の自立支援を目的に活動する区内NPO法人「ゆきわりそう」を母体とし、障害者の心に響く文化的な活動基盤として1989年に発足、障害者やその支援者、地域の方々等で構成される。(団員数:82名)これまで国内はもとより、ドイツやニュージーランドなど海外での公演活動も展開しており、特に2000年には、ニューヨークのカーネギー・ホールで公演し、大成功を収めた実績を持つ。

「第九」の合唱は、世界一難しい楽曲と言われる。その「第九」を障害者が歌うために、同合唱団がレパートリーとする「第九」には、ソプラノ、アルト、テノール、バスに加えて、狭い音域で編曲された「第5パート」が存在する。これにより、高音を発声しづらい障害者も参加でき、ハーモニーに厚みが増すとともに、障害のあるなしの壁を越え、「平和への祈り」を歌い上げる連帯の力強いメッセージが込められる。

同合唱団は、「目指せサントリーホール!目指せカーネギー・ホール!」を合言葉に毎週日曜日に練習を重ねている。その夢のひとつである、国内有数の音楽ホール「サントリーホール」でのコンサートが、NPO法人「ゆきわりそう」創立25周年を記念して実現することになり、また平成24年度に区制度施行80周年を迎える豊島区も周年記念事業として同コンサートを支援することになった。

当日に向け、練習を重ねている参加者に感想等を尋ねた。

(林田さん)「サントリーホールでクラシックを聴きたいと思っていましたが、先に舞台に立つことになったのでびっくりしました。」(藤井さん)「(父親も以前一緒に第九の合唱をしていたことから)お父さんの分まで頑張りたいと思います。」(原田さん)「まさかあんな有名なところで歌えるとは思わず、ただただびっくりしてしまいました。聴きに来てくれる皆さんのためにも責任感のようなものが湧いてきて、よしやるぞ!という気持ちになりました。」と意気込みを見せた。

合唱の指導に当たる古田まり子先生は、「ドイツ語で歌えるようにみな頑張って覚えて一生懸命練習をしています。本番が近くなり気合が入ったのか、笑顔の中にもしっかりした顔つきがみられます。」と参加者のたゆまぬ努力にエールを送った。

当日のステージでは、東京フィルハーモニー交響楽団や、指揮者・ソリストなども参加し、約80名の障害者とともに、総勢300名による大パフォーマンスが繰り広げられる。さまざまな障害がある方々それぞれの個性を活かし、平和のために世界に向けて第九を歌い上げるこの感動を、ぜひ会場で体感してみてはいかがだろうか。

公演詳細

  1. 日時:平成24年5月6日(日曜日)午後1時開場(2時開演)
  2. 会場:サントリーホール(東京都港区赤坂1-13-1)
  3. 主催:特定非営利活動法人NPOゆきわりそう
  4. 参加券:3,800円

写真

合唱の練習をしている様子

合唱の練習をしている様子

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日