ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年4月 > 防音設備の整った「静」のジャンプ 本日よりオープン!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

防音設備の整った「静」のジャンプ 本日よりオープン!

中高生の活動施設 ジャンプ長崎 利用開始

報道発表日:平成24年4月2日

問い合わせ:ジャンプ長崎 電話03-3972-0035

本日、中高生のための活動施設「ジャンプ長崎」が旧長崎第2児童館跡施設をリニューアルして、オープンした。

ジャンプは、中学生や高校生が音楽や演劇などの文化的、芸術的な活動を自主的に行うことができる施設で、こうした中高生専用施設は、都内でもあまり例がない。区内では、ジャンプ東池袋に次いで2番目の開館となるが、東池袋がサッカーやバスケットボールなどができる「動」のジャンプに対して、長崎は、学習室やスタジオなど防音設備の整った「静」のジャンプであることが特徴だ。

ジャンプ長崎開設に当たっては、利用者となる地元中高生による居場所会議を設け、「どのような施設にしたいか」「中学生や高校生にはどのような居場所が必要なのか」、意見を聞きながら開設準備を進めてきた。学習室は、「個人でしっかり学習できる環境が欲しい」という中高生の意見を踏まえ、個別に仕切られた机となっている。また、「家庭のような調理器具を揃えておいてほしい」という意見を反映し、なべ、包丁、まな板、冷蔵庫等の調理器具一式を用意。食材を持ち寄れば、調理ができるキッチンスタジオを設置した。今後も、利用者会議等を通して、中高生が自分たちの施設だと思えるよう、運営をしていく予定。

開設に先立ち、3月26日に実施されたプレオープンで、実際に施設を利用した中高生は、「学習室について、勉強に専念できる部屋を希望していたので、とてもうれしい。」「トレーニングマシンを利用したい。」などと感想を語った。また、「お料理を教えて欲しい。」「中高生が地域の役に立てる企画があると良いな」と地域の人との交流について話した。

ジャンプ長崎の篠田所長は、「中高生は、時にはやんちゃになる世代。そのエネルギーを少しでも地域に還元出来るような取り組みも、子どもたちと相談しながら進めていきたいと思う。最近『青春』という言葉を聞かなくなったように思うが、是非ジャンプ長崎で『青春』を体験してほしい。」と思いを話した。

利用時間

平日(月曜日~金曜日):午前10時から午後8時まで(中学生は午後7時まで)
土曜:午前10時から午後6時まで
(ただし4月2日から7日までは午前10時から午後6時まで)

場所

ジャンプ長崎(長崎2-24-13)(注釈)西武池袋線 椎名町駅北口より徒歩7分

主な施設内容

図書コーナー、キッチンスタジオ、スロープ(展示ギャラリー)、多目的スタジオ(音楽活動他、ダンス、映写会での利用も可)、ジムコーナー、ミーティングコーナー、学習室 など

写真

キッチンスタジオ

音楽スタジオ

学習室

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日