ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年4月 > 桜舞う中 平和を祈り空襲を語り継ぐ追悼会 開催

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

桜舞う中 平和を祈り空襲を語り継ぐ追悼会 開催

4.13根津山小さな追悼会

報道発表日:平成24年4月13日

問い合わせ:4・13根津山小さな追悼会代表 小田光野さん電話3971-4771

本日、豊島区立南池袋公園内北側「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」の前において、城北大空襲の犠牲者を慰霊し、後世に戦争を語り継ぐための「4.13根津山小さな追悼会」が執り行われた。

昭和20年、東京大空襲からまもない4月13日深夜から14日未明にかけて、B29の大編隊が豊島・荒川・王子・足立・滝野川・本郷など広範な地域を襲った。この城北大空襲における豊島区の被害は、死者778名、焼失家屋34,000戸、被災者161,661名(当時の豊島区人口の約7割)にも及び、区内の面積の約7割が焦土と化した。この空襲により亡くなった犠牲者の多くが、当時「根津山」と呼ばれたこの周辺に、供養されることもなく埋葬されたと言われる。

城北大空襲被災50周年にあたる平成7年、犠牲者の魂を慰めるとともに、もう二度と町を戦禍に晒したくないという平和への祈りをこめて、地元住民有志により追悼会実行委員会が立ち上げられ、初めての追悼会が執り行われた。これをきっかけに、同会が区にはたらきかけ、同年8月、「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」が豊島区立南池袋公園内に建立された。

以来、毎年空襲のあった4月13日当日に、この碑の前で「4.13根津山小さな追悼会」が開催されてきた。平成21年9月から会場となる南池袋公園が地下変電所工事および公園整備のため閉鎖されたため、会の開催が危ぶまれたが、空襲の記憶を風化させないためにも追悼会を途切れさせてはならないと、公園南側にあった碑を北側に移設。通常は立ち入り禁止区域だが、本日は開放し、追悼会を行った。

日時

平成24年4月13日(金曜日)午後2時~3時

場所

豊島区立南池袋公園内北側「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」前(南池袋2-21-1)

主催

主催:4・13根津山小さな追悼会実行委員会(代表:小田光野 おだ・こうや氏)

後援:豊島区、豊島区町会連合会

当日の様子

あいさつの中で、根津山小さな追悼会の小田代表は、「4月13日は思い出すのもつらい日でありました。豊島区をはじめ、日本が復興したのは、多くの方の犠牲があったからにほかなりません。永久平和を望みながら、この記憶が風化しないようこの会を続けていきたい。」と語った。

当時16歳だった男性は、「若い人たちに戦争の体験を伝えるとき、どうしても説明できないものは『におい』だと言います。」と当時の体験を生々しく語り、参加者は静かに聞き入っていた。

補足事項

根津山:現在の南池袋公園周辺一帯をさす。被災当時豊かな雑木林で、コンクリート製の本格的な防空壕が数か所あり、住民の避難場所になっていた。

写真

空襲の体験を語る様子

献花の様子

関連情報

「4・13根津山小さな追悼会」ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日