ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年4月 > 青空の下、お気に入りの一冊を探そう!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

青空の下、お気に入りの一冊を探そう!

第15回池袋西口公園 古本まつり 開催中

報道発表日:平成24年4月18日

問い合わせ:久保書店

本日18日(水曜日)から26日(木曜日)まで、池袋西口公園において「第15回池袋西口公園古本まつり」が開催されている。

この「古本まつり」は、教育文化施設が多く、文化の薫り高い豊島区において活字文化の発展に寄与することを目的に、首都圏近隣の古書店が一堂に会し、平成17年から春と秋の年2回行われている。毎回多くの来場者が訪れている人気のイベントだ。特設コーナーには「子どもたちに夢を与える本」が数多く取りそろえられている。「本離れが進んでいる昨今、子どものころからよい本と巡り合い、活字文化に親しんでほしい」と、実行委員長の久保武氏は語っている。

日本一の古本まつりにしようと実行委員会が力を入れてきたこのイベントは、今回46店舗が参加し、美術書、文学全集、図鑑、写真集、文庫本、映画のパンフレットやCDなど約50万点を集めている。221台ものワゴンが並ぶさまは壮観だ。午後8時まで開いているので、仕事帰りに立ち寄ることも可能。1回では見切れないと、2回、3回と足を運ぶ方も多いとのこと。

手ごろな値段で長く楽しめるお気に入りの一冊を、宝探し気分で見つけにでかけてはいかがだろうか。

日時

4月18日(水曜日)~26日(木曜日)午前10時~午後8時

最終日は午後5時まで(雨天中止)

場所

池袋西口公園(西池袋1-8-26)

主催

池袋西口公園古本まつり実行委員会 後援:豊島区

当日の様子

初日となる本日は朝から晴天に恵まれ、会場は来場者で賑わっていた。出店者は、「毎日品物を補充しています。探している本があれば会場にない本でも店にあるかもしれないのでどんどん尋ねてほしい。せっかくの古本まつりですから、おおいに活用してください。」と語った。

偶然この古本まつりを見つけ、立ち寄った女性は、店の品ぞろえを眺めながら「テントごとの得意分野がわかって面白いですね。」と笑いながら語っていた。

お客の欲しい本を探すアナウンスがひっきりなしに流れる会場は、活気に満ちあふれていた。

写真

会場の様子1

会場の様子2

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日