ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年4月 > 中小企業の節電・省エネをサポートします

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

中小企業の節電・省エネをサポートします

「都内中小クレジット活用促進スキーム」利用受付開始

報道発表日:平成24年4月20日

問い合わせ:環境政策課 電話03-3981-1596

本日、豊島区は、中小企業向け省エネ支援制度「都内中小クレジット活用促進スキーム」の受付を開始した。平成22年に東京都が導入した「都内中小クレジット」制度を活用した独自のスキームで、都内初の取り組みとして昨年度より実施しているもの。

このスキームは、区内の中小規模事業所(補足参照)における省エネ設備導入を促進するためのしくみ(別紙:スキーム図参照)。設備導入に対する助成金に加え、導入によるCO2削減量を「都内中小クレジット」として売却できるようにすることで、中小規模事業所の費用負担を軽減する。

また、煩雑な助成金の申請やクレジット化の手続きを代行する「支援事業者」を下記のとおり指定。これらの支援事業者のサポートにより、中小規模事業所の事務負担の軽減も狙う。さらに、設備導入と同時に、支援事業者から中小規模事業所へ、CO2削減量に応じたキャッシュバック等を行い、クレジット化による経済メリットを早期に実感できるしくみになっている。

5月17日(木曜日)には、スキームの助成対象機器でもあるLED照明をテーマに、導入のポイントや事例紹介を行う無料セミナー「わかる!LED」を開催。助成制度の説明や、支援事業者との個別相談の時間も設け、夏に向けた中小企業の節電対策を積極的に支援する。

今後、区は、大規模事業所と中小規模事業所の連携のしくみを構築し、中小規模事業所によるクレジット創出をさらに支援していくとともに、大規模事業所による「区産クレジット」の利用促進を図っていく。クレジットの地産地消をめざし、区内のCO2削減につなげていく考えだ。

<補足>中小規模事業所…年間エネルギー使用量(原油換算)が1500kl未満の事業所。

支援事業者

株式会社ヴェリア・ラボラトリーズ、株式会社エスコ、株式会社スマートエナジー、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社、株式会社レモンピールプラス(50音順)

助成条件

  • (1)豊島区内の中小規模事業所に、省エネルギー設備を導入すること。
  • (2)支援事業者の関与を受けること。
  • (3)都内中小クレジットの創出が可能であること。

助成率及び助成額

設備導入費用の2分の1(上限150万円)

対象設備

「都内中小クレジット算定ガイドライン」の認定基準に該当する設備

例:LED等の高効率照明器具、空調機、ボイラー、給湯器、冷凍冷蔵庫 等

スキーム図

スキーム図

関連情報

都内中小クレジット活用促進スキーム

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日