ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年5月 > みんなの街はみんなできれいに!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

みんなの街はみんなできれいに!

豊島区でごみゼロデー。1万人の清掃活動で街をきれいに。

報道発表日:平成24年5月30日

問い合わせ:環境課 電話03-3981-1370

豊島区は、毎年5月30日を「としまがいちばんきれいになる日『ごみゼロデー』」として、区内の町会・商店会・学校・企業などに対し、区内全域での一斉清掃活動への協力を呼び掛けている。

昨年は、雨天のため、ごみゼロデーのセレモニーは実施されなかったものの、5月30日もしくはその前後の日に、約9000名が自宅や職場周辺の道路・公園での清掃に参加し、自分たちの街をきれいにした。

今年は天候にも恵まれ、本日10時より、池袋西口公園で区民やボランティアなど約300名が参加して「ごみゼロデーセレモニー」が実施された。セレモニーでは、池袋第三小学校6年生の児童47名が環境美化のクイズや「ごみゼロデー」にちなんだ「みをなくそう んなでがんばれ んりょくで じ裏だってピッカピカ きたぞきれいなみんなの街」のメッセージを発表した後、清掃活動が始まった。

池袋第三小学校の6年生は、8班にわかれ、地元町会の方々と一緒に清掃活動を行った。参加した児童は「植え込みや自動販売機の周りのごみが気になった。タバコの吸い殻が一番多かった。」と感想を述べていた。

清掃活動の他、「路上喫煙・ポイ捨て防止キャンペーン」、「啓発物品配布」、「路面に付着したガム除去作業」、「落書き消去活動」なども行われ、さわやかで暮らしやすい安全・安心な街づくりを目指して、今年は、区内の小・中学生から大学・専門学校生、地元町会や商店街・事業所の人々、公募ボランティア、区職員らなどの1万人以上の参加を見込んでいる。

また、本日から6月5日までの1週間は、「リサイクル・ゴミ減量週間」でもある。区役所本庁舎ロビーでは、6月4日までの間、資源リサイクル・ごみ減量推進の普及啓発パネル展示が行われている。

セレモニーの様子

町会の人と清掃活動

植え込みのごみもきれいに

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日