ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年5月 > <予告> 2年ぶりにフォークとカントリー音楽に池袋のまちがつつまれる

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

<予告> 2年ぶりにフォークとカントリー音楽に池袋のまちがつつまれる

第7回 フォーク&カントリー ウエストパークフェスティバル2012 開催

報道発表日:平成24年5月30日

問い合わせ:文化観光課 観光交流グループ 電話03-3981-1316

6月2日(土曜日)から6月3日(日曜日)まで、池袋西口公園にて、「フォーク&カントリー ウエストパークフェスティバル2012」が開催される。

これは、今年で7回目を迎える音楽野外ライブイベント。昨年は、震災の影響により開催中止となったが、毎年初夏に開催される池袋西口公園の音楽イベントとして定着しており、今年で2年ぶりの開催となる。

同フェスティバルのねらいは、団塊世代を中心に支持を得ているフォークとカントリー音楽の演奏を通じて、池袋の街のイメージアップと、地域と来街者のコミュニケーションを図ることだ。地元の商店街等が中心となり実行委員会をつくり、西口にあるライブバーSunny Spotが企画制作をしている。

1日目が「Country Day」(午後1時から)、2日目が「Folk Day」(午前11時30分から)。同フェスティバル実行委員長の谷口さんは、「今回もお馴染みのなぎら健壱さんが、昔懐かしい歌で盛り上げてくれるものと思います。また、素晴らしい歌声と数々のヒット曲をお持ちの庄野真代さんも大人気です。そして今年は、若手カントリーミュージシャンの片山誠司さん、青柳まみさん、関谷真奈美さん等期待の新人も参加します。是非週末は池袋西口公園にお集まりください。」と話した。

会場では、物産と観光展も同時開催。NPO法人「ゼファー池袋まちづくり」による、アイポイントコーナーが設置され、地域通貨での新ジャガとの交換や、活動拠点である大久保農園の紹介等が行われる。

また、地元商店街の模擬店コーナーも多数出店される他、今年3月に観光交流都市協定(ふくろう協定)を締結した栃木県那珂川町、5月に行われた「西武線沿線サミット」で、西武線沿線地域の活性化に関する相互協定(西武線沿線サミット協定)を締結した埼玉県秩父市と埼玉県飯能市、西武鉄道が今回初の出展。その他、岩手県一関市・新潟県魚沼市も現地の特産品等を販売する。

初夏の味覚やビールを片手に、ゆったりとフォークやカントリーミュージックを堪能できる一日となりそうだ。夕涼みに、立ち寄ってみてはいかがだろうか。

一昨年の様子1

一昨年の様子2

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日