ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年6月 > 買い物と絵画鑑賞を楽しめる商店街!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

買い物と絵画鑑賞を楽しめる商店街!

染井銀座商店街ふれあいアートストリート・青空個展「安田光一展」開催

報道発表日:平成24年6月5日

問い合わせ:豊島区立駒込生活実習所・福祉作業所 電話03-3910-2301

豊島区駒込の染井銀座商店街では、6月1日から「ふれあいアートストリート・青空個展 安田光一(やすだ こういち)展」を開催している。商店街内の協力店舗の店先(複写)やアートギャラリー「ベーカリーカフェあうる」(原画)(注釈)内に、色彩豊かで力強い絵画作品を約40点展示している。

「ふれあいアートストリート」は、染井銀座商店街振興組合と豊島区立駒込生活実習所・福祉作業所の共催により障害者アート作品を身近に感じてもらおうと平成22年に始まった。これまで、季節ごとに展示替えを行い、訪れた買い物客からはショッピングをしながらアート鑑賞もできると好評を得ている。なお、この事業は、昨年度、優れた取り組みを行った商店街を都が表彰する「東京商店街グランプリ」で準グランプリを受賞し話題にもなった。

通常は一人の作品を1枚ずつ展示しているが、「ふれあいアートストリート」が2周年を迎えることから初の個展を企画。豊島区在住で、駒込福祉作業所の利用者であり、「豊島区障害者美術展」等で多くの賞に選ばれた実績を持つ安田光一氏が選ばれた。安田氏の作品は、染井銀座商店街の街路灯を飾るシンボルフラッグのデザインに採用されているほか、区職員用名刺の台紙デザインのひとつに使用されるなど注目を集めている。なお、本年9月に葛飾区のアーティスト伊東誠(いとう まこと)氏の20年を綴った青空個展「MAKOTO」を開催。来年5月には、区内在住の実力派、久保貴寛(くぼ たかひろ)氏の青空個展を開く予定。

日時

平成24年6月1日(金曜日)~6月30日(土曜日)午前10時30分~午後6時

場所

染井銀座商店街、ベーカリーカフェあうる(駒込6-33-3)

主催

染井銀座商店街商店街振興組合、豊島区立駒込生活実習所・福祉作業所

当日の様子

駒込生活実習所の担当者は、「通常、ふれあいアートストリートは一人につき一つの作品を展示していますが、今月はすべて安田光一さんの作品です。作品ごとに色々な表現方法で描かれているので、それも合わせて楽しんでいただけたらと思います。安田さんの画材は主に色鉛筆ですが、色鉛筆とは思えないはっきりした色合いで迫力がありますよ。」と語っている。商店街内の喫茶店『ベーカリーカフェあうる』には、魚を捕らえたカワセミを描き、シンボルフラッグの原画にもなった「お魚かわいそう」ほか原画が6点展示してある。「ベーカリーカフェあうる」のボランティアスタッフは、店内に飾っている原画を眺めながら「細かく描きこまれた、色遣いのきれいな作品に人気がありますね。」と話している。

染井銀座商店街には、魚や恐竜を描いた安田さんの絵画作品が飾られ、商店街のにぎやかさに華を添えていた。

注釈

ベーカリーカフェあうる

障害者雇用の促進のため平成22年10月オープン。焼き立てパンの販売、喫茶などが楽しめる。障害者が制作した雑貨や絵画のポストカードなども販売している。
(営業時間:午前10時30分~午後7時、水曜日休業)

写真

ベーカリーカフェあうるの様子

店頭の作品を眺める買い物客

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日