ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年6月 > <予告>緑をより身近なものに 「知りたかったお手入れ方法」伝授します

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

<予告>緑をより身近なものに 「知りたかったお手入れ方法」伝授します

「一日限りの緑の大学」受講者募集

報道発表日:平成24年6月13日

問い合わせ:環境政策課 事業推進係 電話03-3981-2771

豊島区では、平成21年度より、区内の緑を増やす取り組み「『グリーンとしま』再生プロジェクト」を実施している。

これは、災害時に避難場所として火災の類焼を防ぐ「学校の森づくり」から始まり、地域とともにまちのいたるところに緑を増やしていくことで、まち全体に緑化の気運を高めていきたい、という思いから生まれたプロジェクトだ。一人あたりの公園面積が23区最下位、緑被率も下から数えたほうが早い(23区中、19位)豊島区において、広大な緑地をつくることは困難だが、限られたスペースを有効活用することで、生物の命をつなぐ「いのちの森」づくりを目指す。今まで、植樹や植えた苗木の手入れをする育樹、区民フォーラム、講演会などを実施し、区内の緑化推進に取り組んできた。

今年度は、この「『グリーンとしま』再生プロジェクト」の一環として、いのちの森づくりに協力いただく区内在住または区内に事務所のある方をはじめ、日頃から植栽の手入れにお困りの方々を対象に「一日限りの緑の大学」を開催する。主に植樹に用いる苗木の解説、植栽の手入れなどの「知りたかったお手入れ」を学んで、緑を身近なものにして、「いのちの森」を育んでいく活動に役立ててもらうための講座。緑化を進めるにあたり、区民の方から、「緑の育て方の講座を実施してほしい」「植えた後のケアの方法を教えてほしい」などの声があり、苗木の配付に合わせ講座の開催が決定した。

内容は、1時限目と2時限目と2部構成となっており、1時限目では、実践を交え、植栽の手入れ方法を、2時限目では、グループにわかれてプランターキットを使って菜園作りを学ぶことができる。講師は、本区が進める界わい緑化事業の手法として取り入れている、(公財)東京都公園協会のまちなか緑化プログラムにより認定された「まちなか緑化士」の資格をもつスタッフを有する箱根植木株式会社の菜園チームが行う。

詳細は下記のとおり。

日時

平成24年6月16日(土曜日)午後2時~4時30分

場所

東部区民事務所(東京都豊島区北大塚1-15-10)

内容

  • 1時限目:「いのちの森」づくり配布苗木の解説、植栽の手入れについて
  • 2時間目:緑を身近に感じるためのプランター菜園づくりについて

講師

箱根植木株式会社 菜園チーム

定員

60名 先着順につき、定員になり次第受付終了

応募方法

お名前、ご連絡先を明記の上、電話、FAXまたはメールで下記へ申し込み

応募先

豊島区 清掃環境部 環境政策課事業推進係
電話番号:03-3981-2771 FAX:03-3981-6207、
メール:A0029180@city.toshima.lg.jp

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日