ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年7月 > 企業や団体で行う取り組みを「エコ宣言」しませんか?

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

企業や団体で行う取り組みを「エコ宣言」しませんか?

豊島区は地域全体で節電や緑化に取り組みます

報道発表日:平成24年7月5日

問い合わせ:環境政策課 事業推進係 電話03-3981-2771

豊島区では、「としま・ぐりんエコ宣言」を行う企業や団体等を募集している。

「としま・ぐりんエコ宣言」とは、区内で省エネ・節電対策に取り組んでいる企業等に自社の取り組みを宣言してもらうことで、区をあげて省エネ・節電対策に取り組もうというもの。「としま・ぐりんエコ宣言」の「ぐりん」とは、「緑多い快適なまちへ」という思いを込めて、「緑=グリーン」から連想したもの。

区としては、省エネ・節電対策を事業者、区民、自治体が一体となった取り組みとしてアピールしていくことにより、豊島区全体の行動へとつなげていく意向だ。

宣言登録には、「としま・ぐりんエコ宣言 届出書」へ必要事項と、節電やヒートアイランド対策、省エネにつながる取り組み内容を記載し、提出する。取り組み内容の例としては、「空調温度の環境設定(夏28度、冬20度)」や「緑のカーテン設置」、「打ち水」など、取り組みを宣言・登録し、実行してもらう。登録をした企業等には、区から宣言証を発行する。

エコ宣言を行った企業等は、区報や区ホームページにて取り組み内容を紹介する。さらに、宣言達成に向けた取り組みが特に優れた企業等には、感謝状を贈呈する予定だ。

現在、既に株式会社ファミリーマート、株式会社丸井マルイシティ池袋2社より、届出書が提出され、宣言証を発行。株式会社ファミリーマートは店舗や事業所の電気・コピー用紙使用削減活動や社有車のガソリン使用量の削減等に取り組み、株式会社丸井マルイシティ池袋は、照明の照度を落とすことや、ネオンサインを閉店時に消すこと等の取り組みを宣言した。

本区担当者は、「日頃から各事業者のみなさんは節電に取り組んでいるところかと思いますが、改めて『エコ宣言』することで、さらなる取り組みの強化へつながります。また、区のホームページでの紹介や宣言証の交付により取り組みが可視化されることで、節電、省エネ行動への波及効果、気運の高まりも期待するところです。広く募集していますので、是非登録ください。」と話している。

エコ宣言 宣言証

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日