ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年8月 > 夏休みは楽しみながら「エコ体験」

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

夏休みは楽しみながら「エコ体験」

としまエコライフフェア2012<エコライフ for としま>開催

報道発表日:平成24年8月4日

問い合わせ:環境政策課 環境まちづくり係 3981-1598

本日、豊島区民センター周辺と豊島清掃工場で、「としまエコライフフェア2012」が開催された。

これは、区民や事業者等による「エコ」に関するバラエティに富んだブースや体験・実験教室などもりだくさんの環境イベント。出展者が日頃の環境活動を発表する場とし、また、来場者が「自分にもできる『エコな生活』」について考えるきっかけづくりを目的としている。

テーマは、「エコライフ for としま」。このテーマには、区民一人ひとりが環境に配慮したライフスタイルを意識することにより、将来の子どもたちのために、より良い豊島の景色にしていきたいという気持ちが込められている。

「エコライフフェア」は、出展者と区が連携して作り上げるイベントであることが特徴。出展者間でイベントに対する熱い思いや考え方を皆で話し合い、共有している。サブタイトルについても、出展者が案を出し合い、「あなたの一歩が、未来を変える」に決定。たとえ小さな一歩でも、まず踏み出すことで私たちの未来を変えていけるという思いが込められている。

毎年恒例のスタンプラリーは、「じっくりエコエリア」「わくわくエコエリア」「体感エコエリア」「クッキングエコエリア」「見学エコエリア」と5つのエリアを設定し、エリアごとの色の違うスタンプを3つ集めて、アンケートに答えると景品がもらえる。

オープニング・プレイベントでは、中池袋公園にて、体感ミニセミナー「打ち水して涼しさのしくみを知ろう」を実施。オリジナルの散水グッズを用いて打ち水を行ない、打ち水前後の表面温度を測定した。効果を体感いただいた後は、打ち水のポイントや緑のカーテンの活用法等、自然の力で涼しくなる方法を伝えるミニセミナーも行なわれた。

また、毎年好評の「親子・エコクッキング講座」には、9組の親子が参加。メニューは、「かんたんハヤシライス」、「カラフルベジスープ」、「ココア味の焼きバナナ」。子どもたちは、お母さんお父さんに「この野菜はどうやって切るの。」などと尋ねながら、できるだけごみを出さずに、かつ、水を使わないエコなクッキングに挑戦した。

その他、各会場では、さまざまなブースが展開され、イベントスペースでは、「みんなといっしょにえんちゃん体操」等のミニイベントも開催。スタンプを集めようと、元気な子どもたちが行き交う姿が見られた。

「エコライフ(環境に優しいくらし)は、生活を楽しむことから始まると思っています。今日の体験をきっかけに身近なエコに取り組んでもらえれば」と担当者は話していた。(出展企業・団体数 23)

日時

平成24年8月4日(土曜日)午前10時30分~午後4時

場所

区民センター、中池袋公園、生活産業プラザ、豊島清掃工場

主催

豊島区

写真

体感ミニセミナー「打ち水して涼しさのしくみを知ろう」

親子エコ・クッキング講座

ガス管で万華鏡を作ってみよう!

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日