ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年8月 > <予告>一夜限りの野外映画館で アーティスティックなアニメを楽しむ

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

<予告>一夜限りの野外映画館で アーティスティックなアニメを楽しむ

「夏夜の校庭上映会」にしすがも創造舎エントランスプロジェクト

報道発表日:平成24年8月13日

問い合わせ:NPO法人 アートネットワーク・ジャパン 電話03-5961-5200

来たる8月18日の夜、アートファクトリーにしすがも創造舎が一夜限りの映画館に変身する。

にしすがも創造舎では、現在さまざまなジャンルのアーティストとともに「としまアート夏まつり2012」を開催しているが、そのフィナーレに当たるイベントがこの「夏夜の校庭上映会」。校庭に用意されたシートや椅子でくつろぎながら、校舎の壁をスクリーンがわりに映しだされた短編アニメーションを楽しむもの。上映作品は、新進気鋭のアーティスト水江未来(みずえ みらい)さん、和田淳(わだ あつし)さん等の作品。水江さんは、「細胞」をモチーフとした抽象アニメーションを多数制作している。和田さんは、シャープペンシルで描いた繊細な描線と囁くようなサウンドが特徴。国内外で活躍するアーティストやアニメーション作品に触れられる貴重な機会といえる。一夜限りの野外映画館で、飲み物を片手に不思議な時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

日時

平成24年8月18日(土曜日)午後7時~8時【雨天時は19日(日曜日)に順延】

会場

にしすがも創造舎(西巣鴨4-9-1)

参加費

子ども500円、おとな1,000円(1ドリンク付き)

主催

NPO法人 アートネットワーク・ジャパン

イベント詳細

上映作品

  • 「春のしくみ」和田淳(2010年制作)
  • 「TATAMP」水江未来(2010年制作)
  • 「MODERN」水江未来(2010年制作)
  • 「MODERN No.2」水江未来(2011年制作)
  • 「JAM」水江未来(2009年制作)
  • 「PiKA PiKA 2007」トーチカ(2007年制作)

水江未来さんによるアーティストトーク等、アニメーションを更に楽しめる企画も予定。

アーティスト紹介

水江未来さん

世界4大アニメーション映画祭すべてにノミネート経験があり、スペインのアニマドリード2009では準グランプリを受賞。イラストレーターとしても活躍中。

和田淳さん

「間」と「気持ちいい動き」をテーマに制作。最新作「春のしくみ」は、ベネチア映画祭オリゾンティ部門(革新的な映画)で上映されるなど、世界的な評価が高まっている。

補足事項

にしすがも創造舎では、水江さんの原画展「細胞たちが誘うアニメーションのワンダーランド!」を9月13日(木曜日)~16日(日曜日)に開催する予定。細かく描きこまれた原画を、にしすがも創造舎の教室やカフェに展示するほか、スタンプラリー等も実施する。

写真

昨年の様子

水江さんの作品「MODERNNo.2」

和田さんの作品「春のしくみ」

トーチカさんの作品「PiKAPiKA2007」

関連情報

にしすがも創造舎(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日