ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年8月 > 「緑」と「エコ」のおちついた学び舎 西池袋中学校の新校舎竣工

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

「緑」と「エコ」のおちついた学び舎 西池袋中学校の新校舎竣工

8月26日には、校舎の見学会も実施します

報道発表日:平成24年8月16日
問い合わせ:学校施設課 学校改築推進グループ 電話03-3981-1143

今年7月に西池袋中学校(西池袋4-7-1)の新校舎が竣工し、2学期から新校舎で授業を開始する。

本校舎の特長は、温かみがあり、落ち着いて学習することができる木目調の内装と、体力の向上を図るための広い校庭があるところだ。また、地域交流の拠点としての開放施設の充実、断熱・保温効果も期待される屋上・壁面の緑化、区内の学校一の発電量となる太陽光パネル設置(40kW)、自然採光・自然換気設備など地域や環境への配慮を重視した。さらに、災害時には避難所として使われることを想定し、災害用マンホールトイレ、防災備蓄倉庫を整備している。

西池袋中学校は平成17年4月に道和中学校と真和中学校が統合し、真和中学校校舎を仮校舎として開校。平成21年度から基本・実施設計を行い、旧道和中学校跡地で新校舎の建設工事を進めてきた。

基本設計にいたるまでに、保護者や地域住民が「西池袋中の改築等を考える会」を設立し、平成20年3月に基本構想に関する提言書を区長へ提出。提言の趣旨を踏まえ、基本方針を「確かな学力、豊かな人間性、しなやかな心と体を育成する学校」、「安全で快適な信頼される学校」、「地域社会の拠点として地域に開かれた学校」として設計を行なった。

新校舎の見学会は8月26日(日曜日)午後1時から午後3時までの間で実施。見学希望の場合は、上履き持参の上、当日直接西池袋中学校へ(申込不要)。

新校舎の概要

  • 名称:豊島区立西池袋中学校
  • 所在地:豊島区西池袋4-7-1
  • 電話:03-3986-5427
  • 工事着工:平成22年8月1日
  • 工事竣工:平成24年7月20日
  • 構造:鉄筋コンクリート造地上3階建て(一部2階建て)
  • 敷地面積:12,093.30平方メートル
  • 建築面積:3,870.65平方メートル
  • 延床面積:8,011.07平方メートル
  • 校庭面積:5,145平方メートル
  • 主な設備:普通教室、特別教室、管理諸室、プール、体育館(冷暖房)、武道場(冷暖房)、エレベーター、洋式トイレ、多機能トイレ
  • 他の設備:屋上緑化、壁面緑化、太陽光パネル、備蓄倉庫、災害用マンホールトイレ、自家発電設備

校舎外観

音楽室

太陽光パネル

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日