ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年8月 > みんなで咲かそう笑顔のハート

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

みんなで咲かそう笑顔のハート

MERRY IN TOSHIMA 笑顔の撮影会を開催

報道発表日:平成24年8月16日
問い合わせ:セーフコミュニティ推進室 電話3981-1782

本年区制施行80周年を迎えた豊島区は、WHO「セーフコミュニティ」の国際認証を取得し、「安全・安心まちづくり」をテーマに様々な周年記念事業を実施しています。
その中でも、セーフコミュニティの理念を幅広い区民に普及・浸透させていくためのリーディングプロジェクトとして、「笑顔のハート MERRY IN TOSHIMA」を現在展開しています。このプロジェクトは、笑顔を通じ、「安全・安心」の土台となる人と人の絆、地域の絆を深めていくことを目的とするもの。(関連情報参照)
現在、約1000名の笑顔パネルの制作が進行していますが、その中から特に希望者(小学生)を募り、100名の笑顔の傘を制作、10月1日開催の記念式典で笑顔の傘によるパフォーマンスも実施する予定です。
本日16日から来週20日までの5日間、区庁舎において「笑顔の傘」用の写真撮影会を行います。

MERRYプロジェクトについて

「笑顔は世界共通のコミュニケーション」をテーマに、MERRY(笑顔)の輪を世界中に広げる活動を展開している写真家・水谷孝次氏によるプロジェクト。特に子どもたちの満面の笑顔がプリントされたMERRYUMBRELLA(笑顔の傘)は、2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピックをはじめ、世界中で大きな反響・共感を呼んでいる。また、3.11東日本大震災で被災した石巻市の子どもたちの笑顔を撮影、復興支援活動も展開中。(関連情報参照)
今回の豊島区とのコラボレーションは、笑顔同様、世界共通の願いであるセーフコミュニティの理念に水谷氏が賛同したことにより実現したもの。

水谷孝次氏コメント

豊島区の子どもたちの笑顔が、豊島区から日本中へ、さらに世界へと、セーフコミュニティの輪を広げることにつながっていったら、とても嬉しい。

本日の撮影会の様子

撮影の様子

笑顔の傘

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月23日