ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年8月 > 「発達障害」とは? 医師と当事者の目を通して見る講演会 開催

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

「発達障害」とは? 医師と当事者の目を通して見る講演会 開催

(予告)「大人の発達障害」を、香山リカさんとイイトコサガシが語る会

報道発表日:平成24年8月29日
問い合わせ:障害者福祉課 電話03-3981-1786

来たる9月2日(日曜日)に、区民センターにおいて医師と当事者の目を通して「大人の発達障害」についての理解を深める講演会が開催される。精神科医の香山 リカ氏と、東京都発達障害者当事者会イイトコサガシ代表の冠地 情氏をパネリストに迎え、発達障害をめぐる様々な疑問に答えていく。
発達障害は、周囲からそれとわかりづらく、社会での認知度が低いこともあり、当事者は生活のしづらさを抱えている。区内にどのくらい該当者がいるか不明であり、必要な支援が届きにくいのが現状。
豊島区では、平成21年度よりどのような支援をすべきか検討会を立ち上げ、平成23年度からは「区内の福祉、保健、教育の各関係機関が連携して発達障害者支援の促進をはかる『ネットワーク事業』」、「大正大学での心理相談カウンセリング機関を利用する場合の費用の一部を助成する『心理相談補助事業』」、「発達障害について理解を深めてもらうための『啓発事業』」を実施している。中でも「心理相談補助事業」は、区の支援における特徴的な事業であり、昨年度のモデル事業開始からこれまでに区民の十数名が利用している。身近な大正大学でカウンセリングを受けられることから、どこかに相談したいが、病院に行くには躊躇していた方など、専門機関で相談が受けられると好評だ。
また、講演会は啓発事業のひとつ。定員は先着200名で、誰でも申し込める。発達障害の当事者が困ることや、周りの人たちができることなどについて学べるよい機会ではないだろうか。
定員に達したので申し込みは終了しました。

日時

平成24年9月2日(日曜日)午後1時30分~4時

会場

区民センター(東池袋1-19-1)6階文化ホール

主催

東京都成人発達障害者当時者会イイトコサガシ 共催:豊島区

パネリスト紹介

香山 リカ氏:1960年北海道生まれ。東京医科大卒。豊富な臨床経験を生かして現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている。
精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授。
冠地 情(かんち じょう)氏:東京都発達障害者当事者会イイトコサガシ代表。当事者の当事者による当事者のためのワークショップ開発と、当事者の開催に熱い熱い情熱を傾けている。

写真

ポスター

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日