ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年9月 > 平均年齢86歳!「100歳の夢」を発表します!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

平均年齢86歳!「100歳の夢」を発表します!

「介護予防大作戦2012」での本番に向けてレッスン中!

報道発表日:平成24年9月14日

問い合わせ:区民ひろば千早 電話03-3959-2281

老人週間(9月15日~21日)にあわせ、9月20日(木曜日)に「介護予防大作戦!inとしま2012 ~外へ出よう!地域とつながり、いつもでも若々しく!!~」が豊島区民センターにて開催される。これは、高齢者の社会参加をテーマに、講演会、落語、体力測定などに無料で参加できる秋の恒例イベント。ここで行なわれる「自主グループ発表会」のステージで、「100歳の自分はこうありたい」と、「100歳の夢」を語る「笑寿会ばら」のメンバーの練習を取材した。
「笑寿会ばら」は、認知症予防のため今から8年前に設立したサークルで、97歳から75歳の、男性1名、女性8名のメンバーから成る。
区民ひろば千早の和室にある舞台に年齢順に並び、「趣味の俳句を続けたい」や、「小学3年生の孫の花嫁姿を見て、亡くなったご主人に来世で伝えたい」などおのおのの「夢」を、本番さながらの様子で朗読した。2か月程練習を重ねた成果か、張りのある声で、言いよどむことなくすらすらと読み上げていく。
最高齢の武見トヨさん(97歳)は、穏やかな日常に満足している様子で、「今後も三歳年上の主人や家族と一緒に、楽しく食卓を囲んでいけたらいいなと思っています。」と語った。
同会のリーダー堀ふみ子さん(83歳)は、「この会では、日頃から筋トレや朗読などを楽しんでいます。舞台発表で何をするか相談していたところ、『100歳まで生きたらどうする?実現できるように100歳の夢を書いてみよう!』と声があがり決定しました。さっそくメンバーで文章を書いたり、聞き書きをするなどして原稿を整え、7月中旬から練習をしています。」と目を輝かせながら語った。
朗読の指導者である稲垣暁子先生は、「文章には多少手を入れていますが、基本的にご自分の思いを大切にしています。80代、90代の元気パワーをぜひ聞きに来てください。元気をもらえますよ!」と語った。
当日、メンバーは色違いのスカーフと白いシャツ、黒のボトムス姿でステージに上がる。格好よく決めたメンバーの晴れ姿を、ぜひ会場で応援して欲しい。

日時

「介護予防大作戦!inとしま2012」
平成24年9月20日(木曜日)午前9時45分~午後3時30分(開場は午前9時30分)
(自主グループの発表会は午前10時50分~午後2時15分、
「笑寿会ばら」の発表は午後0時45分頃の予定)

場所

豊島区民センター(東池袋1-20-10)1、4階

主催

豊島区

写真

レッスンの様子

本番に向けてがんばるぞー!

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日