ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年10月 > 豊島区生誕80周年  安全・安心な文化都市としまの実現へ

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

豊島区生誕80周年 安全・安心な文化都市としまの実現へ

「豊島区制施行80周年記念式典&みんなの絆コンサート」開催

報道発表日:平成24年10月1日

問い合わせ:総務課 電話03-3981-1961

「笑顔のハート MERRY IN TOSHIMA」については、セーフコミュニティ推進室 電話03-3981-1783

本日、東京芸術劇場コンサートホールにて、2,000人の区民が集まり、「豊島区制施行80周年記念式典&みんなの絆コンサート」が開催された。
これは、豊島区誕生80周年を区民と祝うとともに、まちづくりの新たな節目と捉え、90周年、そして20年後の100周年へとさらに大きな一歩を踏み出していく新たなスタートの年として、これからの区の発展への気運を高めるもの。2部構成となっており、第1部が記念式典、第2部がみんなの絆コンサートとなっている。
豊島区は、東京市の拡張に伴い、1932年に高田・西巣鴨・長崎・巣鴨の四町が編成され、誕生。今年で80周年を迎える。70周年の際には、「文化」を施策の中心に据え、環境、都市再生、健康、福祉、教育の各分野において施策のレベルアップを推し進めてきた。そして今、80周年を迎えるにあたり、今年5月に決定したWHO協働センターが推進するセーフコミュニティの国際認証取得(補足参照)を契機に、「安全・安心」を新たにテーマに加え、「安全・安心な文化都市としま」を目指す。
第1部の記念式典では、開式にあたり、高野之夫豊島区長は、「いま私たちは、先達から引き継いだ夢と、我々の未来を形あるものにできる、まさに千載一遇のチャンスの真っ只中にいます。区民のみなさん一人ひとりが主役となって、お互いが支えあい、古き良きものと新しいものを融合させ、誰もが誇りに思えるまち、訪れたいまち『安全・安心な文化都市としま』をみんなで築き上げましょう。」と会場へ訴えた。
第2部の「みんなの絆コンサート」では、10年前の区制施行70周年の際、さだまさし氏に作曲された「としま未来へ」や、「秋桜」、「いのちの理由」等の演奏・合唱が行なわれ、会場は盛り上がりを見せた。
また、東京芸術劇場前に位置する池袋西口公園では、記念式典に合わせ、「笑顔のハート MERRY IN TOSHIMA」と題した子どもたちによるパフォーマンスを実施。これは、未来を担う子どもたち100人の笑顔の傘を集め、笑顔のエネルギーで豊島区が笑顔にあふれる元気いっぱいのまちとなるよう、未来への希望を込めて行なわれたもの。かけ声に合わせ、子ども達は、自身の笑顔の顔がプリントされた傘を一斉に開き、東京芸術劇場の周りをパレードした。なお、この傘については、区内各地で展示後、クリスマスに子ども達にプレゼントされる予定。
豊島区は、区民114名からなる「豊島区制80周年記念実行委員会」を4月に立ち上げ、この実行委員会を中心に区民主体となって実施する約260事業を80周年記念事業として位置づけ、展開している。
本日の式典はそのメインイベントであり、区役所だけで祝うのではなく、区民と一緒に80周年を迎えるというコンセプトで、今日この日を迎えた。

日時

平成24年10月1日(月曜日)午後2時から4時30分まで
「笑顔のハート MERRY IN TOSHIMA」は、午後1時から2時まで

場所

東京芸術劇場 コンサートホール(西池袋1-8−1)
「笑顔のハート MERRY IN TOSHIMA」は、池袋西口公園(東京芸術劇場前、西池袋1-8-26)

主催

豊島区

補足事項

豊島区では、平成24年5月8日にWHOセーフコミュニティ認証取得が決定。東京では初、日本全国でも5都市目の認証となる。認証式は、11月28日に行われる。

写真

80周年記念式典 豊島区長式辞

子ども達のパフォーマンス 集合写真

子ども達のパフォーマンス パレード

東京芸術劇場傘展示

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日