ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年10月 > 体育の日 楽しいスポーツ発見!! 子どもから高齢者まで健康な身体づくりを

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

体育の日 楽しいスポーツ発見!! 子どもから高齢者まで健康な身体づくりを

「としまスポーツまつり2012」 開催

報道発表日:平成24年10月8日

問い合わせ:学習・スポーツ課 スポーツ振興グループ 電話03-3981-1334

本日、総合体育場野球場において、第2回目となる「としまスポーツまつり2012」が開催された。
これは、8日の体育の日に合わせ、スポーツ推進委員(補足参照)が中心となり、「キンボール」や「ユニバーサルホッケー」などのニュースポーツをすることで、健康な身体づくりを目指すもの。誰もが気軽に参加できるのが魅力のニュースポーツは、数百種類もあると言われている。中でも、本イベントの種目となっているキンボールとユニバーサルホッケーについては、2013年に東京都で開催の国民体育大会(スポーツ祭東京)のデモンストレーション競技として、豊島区で競技会が開催される。
また、本イベントは、区民へのスポーツ推進委員の認知度を高めることも目的としており、スポーツ推進委員自らが内容を企画、実施するもの。スポーツ推進委員のPRも行なわれた。
会場では、晴れ渡る秋空の下、朝早くから多くの人がニュースポーツを楽しんでいた。フィットネスからコート競技まで、各種スポーツが用意され、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめるように工夫が凝らしてある。キックターゲットでは、ボールに触れたことがない人向けと、サッカー等の経験がある人向けの2パターンが用意されており、幼児なども楽しめるように配慮されていた。また、グラウンドゴルフでは、高齢者が取り組む姿が多く見られ、子ども達に楽しみ方を教えていた。
プラスティック製のスティックで1個のボールを取り合い、ゴール数が多い方が勝ちとなるユニバーサルホッケーでは、子どもたちが無我夢中でボールを追いかけ、コート内を走り回っていた。子ども達は、「そっちにボールがいったよ。」などと掛け声を交わしながら、真剣に取り組んでいた。
その他、「ミュンヘンオリンピック男子バレーボール金メダリストの西本哲雄氏によるバレーボール体験」「さわやか青空ヨガ」などが行なわれた他、AED体験コーナーや自身の現状を把握するための体力測定コーナーなども設置。また、秋まつりコーナーとして、ヨーヨー釣りなどの模擬店も出店。わたあめやポップコーンなどの飲食物も販売していた。
全面人工芝の体育場では、子どもから高齢者まで多くの人が各種スポーツで汗を流し、会場には子どもたちの笑い声が響いていた。

日時

平成24年10月8日(月曜日) 午前9時15分から午後4時まで

場所

豊島区立総合体育場野球場(東池袋4-41-30)

主催

豊島区スポーツ推進委員協議会 共催:豊島区・NPO法人豊島区体育協会
後援:豊島区教育委員会

補足事項

スポーツ推進委員
スポーツの振興のため、住民に対し、スポーツの実技の指導その他のスポーツに関する指導および助言を行う。区長より委嘱を受けている非常勤の職員で、豊島区には平成24年4月現在21名の推進委員がいる。

写真

「ユニバーサルホッケー」の様子

「キックターゲット」の様子

「コーディネーション・チャレンジ」の様子

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日