ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年11月 > 豊島区帰宅困難者対策訓練を実施

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

豊島区帰宅困難者対策訓練を実施

池袋駅周辺で大地震を想定した訓練に約3,000名が参加

報道発表日:平成24年11月20日
問い合わせ:危機管理担当課 電話03-3981-1353

豊島区は20日(火曜日)、池袋駅周辺において大地震の発生を想定した帰宅困難者対策訓練を実施し約3,000名が参加した。訓練の目的は、豊島区帰宅困難者対策計画の取り組みの検証、住民への災害情報伝達手段の多様化実証実験の実施、区と池袋駅周辺混乱防止対策協議会の役割分担及び機能の検証、首都直下地震帰宅困難者等対策協議会が示したガイドラインに基づく取り組みの実施である。
訓練は、午後2時に東京湾北部を震源とした首都直下地震が発生し区内の震度は6弱、鉄道等の公共交通機関の運行が停止し、池袋駅周辺に多くの滞留者が発生したことを想定。滞留者に対して様々な災害情報伝達手段により情報提供を行い、「滞留者の帰宅抑制」から「一時滞在施設の確保と安全な移動」、「帰宅困難者受け入れによる一時滞在施設の運営訓練」そして「帰宅支援」へとつなげた。

今回の訓練では、総務省消防庁の実証実験の対象となっている「防災情報伝達制御システム」を活用し、住民への災害情報伝達手段の多様化実証実験が行われた。同システムは、最少の人数で最大の人数に情報伝達を行うもの。午後2時30分にシステムを活用し、緊急速報メール<注1>、デジタルサイネージ、SNS、区ホームページ、CATVなどで一斉に一時滞在施設などの情報提供を行った。
情報提供を受けた帰宅困難者約700名は、一時滞在施設となった池袋駅東口側の「第一イン池袋」、「帝京平成大学」、池袋駅西口側の「ホテルメトロポリタン」、「東京芸術劇場」及び池袋駅構内の「オレンジロード」の5か所に移動し仮宿泊訓練や給食訓練などを行った。
今回の実証実験はデモ機による一部機能の実験であり、来年にはシステム完成後の試験を改めて行う予定。今後、訓練参加者へのアンケート調査を通じて多様化の有効性を確認する。

また、午前中には、西武池袋本店、東武百貨店において、開店前にそれぞれ1,200名ほどが参加して、利用者保護及び従業員の一斉帰宅抑制訓練も行われた。ホテルメトロポリタンでも、午後2時から100名ほどが参加して同様の訓練が行われた。
猪飼敏夫危機管理担当課長は「今日の訓練結果を踏まえ、今後の帰宅困難者対策の充実・強化につなげていく。」と語っている。

日時

11月20日(火曜日)午後2時から午後4時(総合訓練)

場所

池袋駅周辺ほか
【災害対策本部】生活産業プラザ地下(東池袋1-20-15)

補足

<注1>緊急速報メール
訓練当日の午後2時30分、様々な情報伝達手段の検証の一環として、豊島区内の不特定多数の人々を対象にメールの送信を行った。

写真

送られてきたメールの情報を確認する訓練参加者

池袋駅構内

地下駐車場を活用した一時滞在施設

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日