ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成24年12月 > 「イクジイ」奮闘の温まる写真 応募作品の中から入賞作品を決定

ここから本文です。

「イクジイ」奮闘の温まる写真 応募作品の中から入賞作品を決定

「イクジイ写真展」入賞作品表彰式 開催

報道発表日:平成24年12月19日

問い合わせ:男女平等推進センター 電話03-5952-9501

本日、午後1時より、区長応接室(区役所本庁舎、東池袋1-18-1)にて、「イクジイ写真展」入賞作品の表彰式が行なわれた。
今、子育てを積極的に行う男性が「イクメン」(育児+メンズ(男性))と呼ばれ注目されているが、その中でもおじいちゃん世代の男性が育児に参加する「イクジイ」(育児+おじいちゃん)が活躍している。
区では、こうした育児に取り組むおじいちゃんに注目し、育児参加を促進・支援していくため、昨年の「イクメン写真展」に引き続き、今年はイクジイの写真を募集。8月から10月にかけて「イクジイ」の日常の姿や様子を撮影した作品を公募した。家族が撮影したイクジイ奮闘の様子等、寄せらせた応募作品10点の中から、区職員や、7日(金曜日)から9日(日曜日)にかけて西武ギャラリーで開催された「笑顔の傘がひろがる西武百貨店のまちスマイル&スマイル展」来場者の投票等により、入賞作品を決定した。
受賞作品は、以下の4作品。受賞者及び被写体となった「イクジイ」や子どもを含め12名が来庁し、高野之夫豊島区長より、各々に表彰状及び記念品が贈呈された。
豊島区役所賞を受賞した宇津木 恵里子さんは、「初めての育児で戸惑いも多かったが、父が育児を手伝ってくれ、とても助かっている。とてもいい笑顔の写真を撮ることができたと思う。」と受賞の感想を話した。また、スマイル展賞受賞作品「面目躍如」に写るイクジイの吉澤 秀明さんは、「賞をもらうことができて嬉しい。今、孫に色々な機会をとらえて数字を覚えさせている。これからも色々なことを教えていきたい。」と今後の育児への意気込みを語った。
高野之夫豊島区長は、「応募作品は力作で、ほほえましい写真ばかり。その中で入賞作品として選ばれた皆さん、本当におめでとう。これからも是非、イクジイには積極的に育児に取り組んでもらいたいと思う。」と話した。

受賞作品

賞名

作品名

氏名

区長賞

「抱っこ大好き」

岩村 奈津子 様

豊島区役所賞

「everyday smile!」

宇津木 恵里子 様

スマイル展賞

「面目躍如」

19面 様

エポック10賞

「『イクジイ』奮戦す」

船木 真理子 様

「区長賞」受賞作品「抱っこ大好き」

「豊島区役所賞」受賞作品「everydaysmile!」

「スマイル展賞」受賞作品「面目躍如」

「エポック10賞」受賞作品「『イクジイ』奮戦す」

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日