ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年1月 > 未来へはばたく新成人 2,113人の門出を祝います

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

未来へはばたく新成人 2,113人の門出を祝います

2013 としま「成人の日のつどい」開催

報道発表日:平成25年1月14日

問い合わせ:学習・スポーツ課 管理グループ 電話03-3981-1547

本日14日(月曜日)午後1時より、昨年9月にリニューアルオープンした東京芸術劇場(豊島区西池袋1-8-1)にて、「2013としま『成人の日のつどい』」が開催された。
今年の豊島区の成人式は、二部構成。第一部で式典を行ない、第二部では、平成3年より恒例のオーケストラや合唱団などの音色で門出を祝う“音楽成人式”で新成人の門出を祝う。
今年は、区制施行80周年と重なる式典となり、第一部では、区の魅力や取り組み等を凝縮した記念映像「TOSHIMA80」が上映された。また、高野之夫豊島区長は、「若さにあふれ、未来を築きあげる無限の可能性を秘めている、それが、二十歳です。自分を信じ、時には仲間と励まし合いながら、失敗を恐れず、勇敢にチャレンジする姿勢を持ち続けてください。」と新成人に対しメッセージを贈った。
新成人代表の中島将太(なかじま しょうた・男性)さんは、「まだ新成人になったという実感はあまりないが、これからも自分の目標に向かって頑張っていきたいと思う。」と話し、同じく新成人代表の松本実咲(まつもと みさき・女性)さんは、「2月に長期間の留学を予定している。語学留学など、今後もさまざまな経験を通じ、吸収していきたい。」と、新成人としての今後の抱負を話した。「誓いの言葉」では、「人への感謝の気持ちを忘れずに、自ら律することのできる良き社会人になりたい」、「これからの時代を担う世代としての自覚と責任を持っていきたい」などの内容が2人により読み上げられ、会場の新成人たちは、それぞれ自身の思いに重ねながら、真剣に聞き入っていた。
第二部では、「音楽成人式」として、豊島区吹奏楽団による演奏で新成人にエールが送られた。演奏曲目は、新成人世代に親しみやすいポピュラーな「AKB48メドレー」や「YOSAKOIソーラン節」などの他、区制施行70周年の時に、歌手のさだまさしさんにより作曲された「区民の歌 としま未来へ」の合唱も行われた。
終了後、会場の入り口付近では、久しぶりに顔を合わせた新成人が思い出話に花を咲かせ、写真を取り合う姿が見られた。
豊島区の新成人は、平成4年4月2日から平成5年4月1日生まれの2,113人(日本人男性889人・外国人男性186人、日本人女性876人・外国人女性162人。昨年2,116人)。参加者は新成人952人(男性485人、女性467人)。

会場の様子

新成人

新成人代表(左・中島将太さん、右・松本実咲さん)

「誓いの言葉」読み上げの様子

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日