ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年1月 > 文化創造都市推進シンポジウムを2月15日に開催(平成25年1月発表)

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

文化創造都市推進シンポジウムを2月15日に開催(平成25年1月発表)

これからの文化創造都市としまのデザインを考える

報道発表日:平成25年1月17日

問い合わせ:文化デザイン課 電話 03-3981-1476

豊島区は、2月15日に「あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター:東池袋4-5-2 ライズアリーナビル 2・3階)」において「文化創造都市推進シンポジウム」を開催する。
シンポジウムでは、区民、民間企業、大学、NPOなどの方々とともに育んできた「豊島区の文化によるまちづくり」を振り返るとともに、「文化、産業、都市デザインの融合」など文化政策の新たな展開に関する議論を行い、これからの文化創造都市のあり方について考える。

「文化創造都市推進シンポジウム」の構成は次のとおり。(レセプションを除き参加無料。)

分科会1

午後3時~4時30分

「文化、産業、都市デザインの融合:クリエイティブ産業の現状と課題」

コーディネーター:後藤和子(埼玉大学経済学部教授)

分科会2

午後3時~4時30分

「自治体文化政策と多様な主体との協働」

コーディネーター:蓮池奈緒子(NPO法人アートネットワーク・ジャパン代表)

基調講演

午後5時30分~6時

「日本の再生と都市の役割」

近藤誠一(文化庁長官)

事例紹介

午後6時~6時15分

「豊島区の文化によるまちづくり」
高野之夫(豊島区長)

パネルディスカッション

午後6時25分~7時55分

「これからの文化創造都市としまのデザイン」

コーディネーター:後藤和子(埼玉大学経済学部教授)

パネリスト:

  • 工藤恭孝((株)ジュンク堂書店代表取締役社長)
  • 隈研吾(建築家)
  • 蓮池奈緒子(NPO法人アートネットワーク・ジャパン代表)
  • 福地茂雄(東京芸術劇場館長、アサヒグループホールディングス(株)相談役)
  • 吉岡知哉(立教大学総長)

レセプション

午後8時~9時

企画:としまアートステーション構想事務局

フードコーディネート:

  • EAT & ART TARO(アーティスト)
  • 中山晴奈(フードデザイナー)
  • L PACK(カフェユニット)

(参加費:1,000円)

現在、区では「シンポジウム」の参加者を募集している。
区担当者は「分科会には海外で注目されるキッコーマン醤油瓶をデザインした区内企業(日本最大のデザイン企業)が登場。パネルディスカッションのパネリストはお一人お一人に単独で講演していただきたい、わくわくするような豪華な顔ぶれ。レセプションはフードデザイナーの演出。参加者には文化政策記念誌『としまの文化デザイン-これまでとこれから-』が配られる」と参加を呼びかけている。
なお、16日にはシンポジウム連携事業として同会場で「豊島区文化功労表彰式・あうるすぽっとホワイエコンサート」(午前10時30~)、「第6回リーディングフェスティバル」(午後3時~)が開催される。

「シンポジウム」申し込み方法

申し込みは、はがきかファックスかEメールで2月12日(必着)までに「お名前、ご所属、ご連絡先(電話番号)、人数、上記1~3の中から参加を希望するプログラム(複数申込み可、分科会については[分科会1、分科会2]のいずれか)」をご記入のうえ、「文化デザイン課 施策調整グループ」へ。

関連情報

文化創造都市推進シンポジウム(PDF:1,363KB)
構成、申し込み方法

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日