ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年1月 > <予告>ソメイヨシノ・まつり・伝統文化…豊島区の今昔を集結!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

<予告>ソメイヨシノ・まつり・伝統文化…豊島区の今昔を集結!

豊島区制施行80周年 オリジナルフレーム切手 発売

報道発表日:平成25年1月28日

問い合わせ

  • オリジナルフレーム切手の販売について
    日本郵便株式会社 東京支社郵便局本部 企画部(広報担当) 電話 03-5574-9505
  • としまものづくりメッセについて
    生活産業課商工係 電話 03-5992-7089

日本郵便株式会社東京支社は、3月7日(木曜日)~9日(土曜日)に開催される「第6回としまものづくりメッセ」において、豊島区が平成24年10月に区制施行80周年を迎えたことを記念して制作したオリジナルフレーム切手を先行販売する。切手の図柄には、豊島区駒込が発祥の地である「ソメイヨシノ」の名所や、今に伝わる伝統文化等が選ばれた。このオリジナルフレーム切手は豊島区内の郵便局及び東京中央局等38局においても3月11日より販売する(通信販売は行なわれない)。
「豊島区制施行80周年オリジナルフレーム切手」は、「自由学園明日館」など豊島区内の桜の名所のほか、元禄年間から農耕儀礼として長崎地域に伝承される「長崎獅子舞」等の伝統行事などの写真が使用されている。切手ではないが、豊島区本庁舎の初代庁舎と、平成26年度末に竣工予定の新庁舎も印刷されており、この2つの建物の対比が80年の時の流れを感じさせる。
豊島区におけるオリジナルフレーム切手の制作は今回で3回目。1回目は「豊島区の春 雅~ソメイヨシノ発祥・技と伝統のまち」。2回目は、豊島区千早を創作活動の拠点としていたマンガ家、横山光輝氏のキャラクターをあしらった「横山光輝フレーム切手」を販売した。
毎年3月下旬から咲き始めるソメイヨシノは、4月上旬には見ごろを迎える。豊島区にはお花見スポットがたくさんある。オリジナルフレーム切手の購入と合わせ、ソメイヨシノの発祥の地・駒込など、お花見や豊島区の文化に触れてみてはいかがでしょう?

オリジナルフレーム切手販売要領

  • 販売開始日 平成25年3月11日(月曜日)~
    ものづくりメッセ会場では3月7日(木曜日)~9日(土曜日)に販売
  • 販売場所 豊島区内の郵便局及び東京中央局、日本橋南局、西新橋局(38局)
  • 価格 1シート 1,200円(消費税込み)
  • シート構成 1シート 80円切手×10枚
  • 販売数量 1,000部(予定)
    「フレーム切手」は日本郵便株式会社の登録商標です。

補足事項

第6回としまものづくりメッセ

  • 会場 サンシャインシティ展示ホールB
  • 出展規模 101社・団体、117小間

販路拡大や企業間連携の促進、情報収集・交換などのビジネスチャンスの提供を目的とした池袋副都心の産業見本市。ビジネスセミナーや体験教室の実施など多彩な内容。入場無料。

写真

オリジナルフレーム切手

前回の「ものづくりメッセ」の様子

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日