ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年3月 > 江戸時代からの桜の名所・法明寺と雑司が谷をめぐるガイドツアー開催

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

江戸時代からの桜の名所・法明寺と雑司が谷をめぐるガイドツアー開催

地元住民ボランティアガイド「としま案内人雑司ヶ谷」がガイド

報道発表日:平成25年3月1日

問い合わせ:雑司が谷案内処 電話 03-6912-5026 FAX 03-3981-9755

風の暖かさに春の訪れが感じられる3月30、31日に、ボランティアガイド「としま案内人 雑司ヶ谷」によるガイドツアー「法明寺の桜と雑司が谷の歴史散策」が行なわれる。
開創約1200年、現在の寺号に改めてからも約700年の歴史がある威光山法明寺は、参道の両側にソメイヨシノが植えられており、その見事な桜並木は江戸時代から花見の名所と言われている。江戸時代中期に描かれたとされる絵巻「武蔵国雑司谷八境(むさしのくに ぞうしがや はっけい)」にも「眺望に 寺領もつかん はなの山」と詠われ、その歴史の長さを物語っている。
今回の散策コースでは、法明寺のほか、大鳥神社、雑司ヶ谷霊園にある夏目漱石や竹久夢二の墓などを巡る。通常行われていない「雑司が谷鬼子母神堂の特別拝観」もあり、鬼子母神堂に収蔵されている東京都重要文化財指定の絵馬の拝観など、とても希少な体験ができそうだ。
ボランティアガイド「としま案内人 雑司ヶ谷」は、自分たちの大好きな街を自分たちで紹介しようと、「雑司ヶ谷ボランティアガイド養成講座」を修了したメンバー24名が平成23年11月に設立した。「わかりやすい」「初めて知ることがたくさんあり、とても良かったので、また参加したい」と参加者から好評を博し、平成24年6月から平成25年3月の間に、一般ガイドや雑司が谷七福神めぐりなどのイベント、地元の日本女子大のワークショップ、豊島区職員研修、社会科見学などのべ約800名を案内した。
このたび、「としま案内人 雑司ヶ谷」は、雑司が谷の名所を紹介したガイドマップを5,000部発行した。このマップにはイラストと写真がふんだんに使用されており、楽しく雑司が谷の見どころをめぐることができる。理解をより深めるためには、マップに折り込まれている申込書で、雑司が谷案内処へ10日前までに申し込めば、ボランティアガイドの説明を聞きながら散策ができるのでおすすめだ(2名以上から受付、資料代として1名につき300円必要)。なお、ガイドマップは雑司が谷案内処、雑司が谷鬼子母神堂や区内施設等で配布しているほか、ボランティアガイドの申込書は、「豊島区公式ホームページ」からもプリントできる。(下記関連情報参照)
「としま案内人 雑司ヶ谷」代表の小池陸子さんは、「雑司が谷は、江戸時代から鬼子母神様へのお参りをはじめ庶民の楽しみの場でした。雑司が谷ならではの歴史・文化について、又お客様のご要望に応えて、地元ならではのエピソードを交えてご案内をしております。」とわがまちの散策を呼びかけている。

日時

平成25年3月30日(土曜日)、31日(日曜日)午後1時~3時30分

場所

雑司が谷界わい(法明寺、雑司ヶ谷鬼子母神堂、雑司ヶ谷霊園、御嶽坂ほか)

補足事項

ガイドコース詳細(各2時間)

  1. まるごと雑司が谷(1)お任せコース(2)アレンジコース
  2. 雑司ヶ谷霊園
  3. 雑司が谷七福神めぐり

正しくは雑司ヶ谷鬼子母神の「鬼」の字に角はつきません。

写真

メンバー写真

パンフレット写真

関連情報

街案内

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日