ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年4月 > (予告) 平和への願いをこめ、小さな追悼会が開催されます。

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

(予告) 平和への願いをこめ、小さな追悼会が開催されます。

「4.13根津山小さな追悼会」平和を祈り空襲を語り継ぐ追悼会

報道発表日:平成25年4月11日

問い合わせ:4・13根津山小さな追悼会代表 小田さん 電話3971-4771

13日(土曜日)午後2時から、豊島区立南池袋公園内北側「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」の前において、城北大空襲の犠牲者を慰霊し、後世に戦争を語り継ぐための「4.13根津山小さな追悼会」が開催される。
東京大空襲から間もない昭和20年4月13日深夜から14日未明にかけて、B29の大編隊が豊島・荒川・王子・足立・滝野川・本郷など広範な地域を襲った。この城北大空襲における豊島区の被害は、死者778名、焼失家屋34,000戸、被災者161,661名(当時の豊島区人口の約7割)にも及び、区内の面積の約7割が焦土と化した。この空襲により亡くなった犠牲者の多くが、当時「根津山」と呼ばれたこの南池袋公園周辺に、供養されることもなく埋葬されたと言われる。
平成7年、区は城北大空襲被災五十周年式典を挙行し、南池袋公園内に「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」を建てた。碑の建設を機会に、この地に眠る空襲犠牲者らを追悼するため、地元住民による「4・13根津山小さな追悼会」が発足した。平成8年から毎年4月13日には、犠牲者の無念の想いを鎮めるとともに、もう二度と町を戦禍にさらしたくないという平和への祈念をこめて、この碑の前で追悼会が開催されている。
平成21年9月から会場となる南池袋公園が地下変電所工事および公園整備のため閉鎖されたため、会の開催が危ぶまれたが、空襲の記憶を風化させないためにも追悼会を途切れさせてはならないと、公園南側にあった碑を北側に仮移設。現在は工事中のため、普段、公園内には立ち入れないが、当日は開放して追悼会が行われる。
根津山小さな追悼会の小田代表は、「小さな追悼会でありますが、世代を越えて受け継いでいかなければならないと思っております。ぜひ、若い方のご参加を、切にお願いいたします。」と呼びかけている。

日時

平成25年4月13日(土曜日)午後2時~3時

場所

豊島区立南池袋公園内北側「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」前(南池袋2-21-1)

主催

  • 主催:4・13根津山小さな追悼会実行委員会(代表:小田光野 おだ・こうや氏)
  • 後援:豊島区、豊島区町会連合会

背景補足事項

根津山:現在の南池袋公園周辺一帯をさす。被災当時豊かな雑木林で、コンクリート製の本格的な防空壕が数か所あり、住民の避難場所になっていた。

関連情報

「4・13根津山小さな追悼会実行委員会」ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日