ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年4月 > 第1回 区民ひろば地域活性化貢献賞表彰式が行われました

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

第1回 区民ひろば地域活性化貢献賞表彰式が行われました

区民ひろばで活動し、地域の活性化に多大な貢献をした95名が表彰されました

報道発表日:平成25年4月16日

問い合わせ:地域区民ひろば課 電話 03-3981-1479

本日、区民センター文化ホール(豊島区東池袋1-20-10)で「区民ひろば地域活性化貢献賞」の表彰式が初めて行なわれた。

区民ひろばは、年齢や使用目的によって利用に制限のあった児童館などの既存施設を、地域コミュニティの視点から見直し、地域の多様な活動の拠点として有効に活用できるよう再編することで、より豊かな地域社会の形成を図ろうと整備がすすめられているものだ。小学校区を基本単位として現在区内に18ヶ所ある。個人登録または団体登録をすれば、だれでも気軽に利用できる。各区民ひろばでは地域の特性を活かしながら、世代間の交流事業をはじめ、高齢者や乳幼児とその保護者などを対象とした様々な事業が行われている。年間約12,000件の事業を実施し、約70万人の利用者数を数える。また、昨年豊島区はWHO(世界保健機関)協働センターにより、持続的に安全と健康の質を高めていこうとする都市として「セーフコミュニティ」の国際認証を受けた。区民ひろばはセーフコミュニティの拠点として、安全・安心な街づくりにも貢献している。
本年4月1日に改正施行された「豊島区自治の推進に関する基本条例」にコミュニティ活動の拠点施設として区民ひろばを明確に位置づけている。区の役割として区民ひろば機能の充実に努めなければならないとしており、この貢献賞はソフト面での支援策の一つでもある。
賞は、区民ひろばで活動し、地域の活性化に多大な貢献をした方々を表彰し、さらなる活躍を期待するとともに、区民ひろばの活性化を促進するために今年度から新たに設けられたものだ。表彰は概ね5年ごとに行う。今回は17の区民ひろばから、サークル活動などの指導者や講師ら95名が表彰され、感謝状が贈呈された。

代表者に表彰状を渡した高野之夫豊島区長は、「長年に渡って活動されている皆様一人ひとりの活動が区民の健康づくりや交流促進、地域の活性化に貢献している。改めて感謝申し上げたい。また、これからも区民ひろばを通して変わらぬ支援をお願いいたしたい。」と受賞者へお祝いのメッセージを送った。また、受賞者は、「賞をいただけるということで、とても驚いた。これを励みにこれからも活動を続けていきたい。」と受賞の感想を語った。

表彰式の様子

表彰状を渡す高野之夫豊島区長

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日