ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年7月 > <予告>当日参加も大歓迎 踊っておどって、池袋の街をジャック

ここから本文です。

<予告>当日参加も大歓迎 踊っておどって、池袋の街をジャック

「あうるすぽっと ‘にゅ~盆踊り’大会 2013」開催

報道発表日:平成25年7月8日
問い合わせ:あうるすぽっと 電話03-5391-0751

7月15日(月曜日)午後5時より、池袋西口公園にて、「あうるすぽっと ‘にゅ~盆踊り’大会 2013」が開催される。
これは、豊島区立舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」が、NHKの連続テレビ小説「てっぱん」(2010年放映)でお馴染みとなった「てっぱんダンス」振付出演等で、お茶の間でも人気のダンサー・振付家の近藤良平氏(区内在住)・コンドルズとともに始めた参加型のプロジェクト。年々参加者が増えており、今年で6回目を迎える。
本企画は、2008年からスタート。初回は、近藤氏とワークショップ参加者でオリジナルダンス‘にゅ~盆踊り’を創作し、あうるすぽっと劇場内で披露。翌年からは、会場を池袋西口公園に移し開催しているが、今や3000人規模を動員する池袋の夏の風物詩として、毎年盛り上がりを見せている。
‘にゅ~盆踊り’は、一般的な盆踊りとは一味違った仕掛けが満載の“NEW”な盆踊り。人の輪を生み出すユニークな振り付けが魅力だ。初対面の人と顔を見合わせてハイタッチしたり、飛び跳ねたり、中にはフォークダンスのように二重の輪になってペアで踊る場面もある。一つ一つのコミカルな動作は、老若男女楽しめる振付となっている。また、アドリブ満載、ユニークな歌詞と節回しも、参加者の笑いを誘う。
7月6日(土曜日)から11日(木曜日)には、大会本番に向けて当日を盛り上げる「盆踊りリーダー」養成のワークショップを区内7か所で実施中。近藤氏とコンドルズメンバーが会場に出張し、‘にゅ~盆踊り’を伝授しており、着々と準備が進んでいる。
誰でも気軽に集い楽しむことのできる‘にゅ~盆踊り’。今年は13時頃からうちわに文字入れしオリジナルうちわをつくるワークショップや人気のアートユニット・テクノ手芸部による光る『金魚』をつくるワークショップなど、『‘にゅ~’縁日』コーナーも設ける。予約不要なので、是非、お誘いあわせの上、参加いただきたい。

(注釈)‘にゅ~盆踊り’大会当日及びワークショップの取材も可能です。ご希望の場合は、下記担当までお問い合わせください。

日時

平成25年7月15日(月曜日) 午後5時から

場所

池袋西口公園(西池袋1-8-26)

主催

あうるすぽっと/豊島区

ワークショップ実施中!盆踊りリーダーが当日を盛り上げます((撮影:久塚真央)

昨年の「‘にゅ~盆踊り’大会」の様子(撮影:涌井直志)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日