ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年7月 > <予告>7月19日~21日に「東京フラフェスタin池袋2013」開催

ここから本文です。

<予告>7月19日~21日に「東京フラフェスタin池袋2013」開催

フラフェスタはじまるよ! 140チーム・約3,600人が華麗なステージを披露

報道発表日:平成25年7月16日
問い合わせ:一般社団法人豊島区観光協会 電話03-3985-8311

池袋の夏の風物詩「東京フラフェスタ in 池袋2013」が池袋西口公園などを中心に19日(金曜日)から21日(日曜日)まで、3日間にわたり開催される。今年は、過去最大の140チーム、約3,600人の踊り手が参加し、池袋の街がフラ一色となる。
「フラフェスタ」は、平成15年に池袋西口商店街連合会が主催して池袋西口公園で始まったイベント。平成20年からは豊島区観光協会と豊島区で組織した東京フラフェスタin池袋実行委員会が主催となり、会場を東武百貨店8階屋上スカイデッキ広場、サンシャインシティ地下1階噴水広場などにも拡大し開催してきた。まさに、官民一体となって池袋の街全体でフラの風を感じられるように取り組み、日本最大級のフライベントに成長してきた。
19日には前夜祭として、池袋西口公園で特別ステージが予定されている。午後6時からは、人気クム(フラ講師)であるイヴァラニ・カリマ氏がハワイから来日し、本場のフラを披露する。さらに、毎年ハワイで開催されているインターナショナル・ワイキキ・フラ・カンファレンスに豊島区代表として出場した6チームによる演舞で特別ステージに華を添える。
20日、21日には、東武百貨店8階屋上スカイデッキ広場、サンシャインシティ地下1階噴水広場など会場を5会場に増やして華やかなステージが繰り広げられる。
期間中、メイン会場となる池袋西口公園には、フラグッズ関連ショップや豊島区の交流都市も多数出店。さらに、同会場では毎夜最後に、来場者全員で楽しくフラを踊る「みんなで踊ろう!フラナイト」の特別企画もあり、フラを満喫できる3日間となる。
今週末の本番に向けて、豊島区観光協会や文化観光課の職員はアロハを着用し「東京フラフェスタ in 池袋2013」をPRしている。
同協会の担当者は「特別ステージの他にも、20日、21日には国内のフラで有名な『太田紀美子とザ・バース』の出演もあります。池袋で国内最大級のフラフェスタをぜひお楽しみにください」と来場を呼び掛けている。

前夜祭

2013年7月19日(金曜日) 正午から(会場:池袋西口公園)

本祭

2013年7月20日(土曜日)・21日(日曜日) 開催時間は各会場により異なる
(会場:池袋西口公園、池袋駅西口駅前広場、東武百貨店8階屋上スカイデッキ広場、サンシャインシティ地下1階噴水広場、アムラックス地下1階イベントステージ)

昨年のフラフェスタの様子1.

昨年の様子2.

アロハでフラフェスタをPRする関係者たち

関連情報

豊島区観光協会(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日