ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年7月 > 7月20日、スポーツ・防災・憩いの拠点となる南長崎スポーツ公園がオープン。

ここから本文です。

7月20日、スポーツ・防災・憩いの拠点となる南長崎スポーツ公園がオープン。

中学校跡地がスポーツを通じた健康増進の拠点施設に

報道発表日:平成25年7月18日
問い合わせ:公園緑地課 電話 03-3981-4908

長崎中学校跡地に整備を進めてきた南長崎スポーツ公園が7月20日(土曜日)に全面オープンする。
学校統合に伴う長崎中学校跡地については、地域住民の多様なニーズを反映させるとともに、目白通りに面し、落合南長崎駅前に位置する至便な立地条件を活かした多機能型の公園として整備を進めてきた。
同公園は、豊島区で最大の公園面積を持ち、主に「スポーツセンター」、「多目的広場」、「芝生広場」で構成され、災害時の救援センター機能も備え、自転車駐車場も併設されている。
2月には自転車駐車場、4月からはスポーツセンターが先行して開業していた。この度、多目的広場と芝生広場などの屋外施設も完成し、いよいよスポーツ・防災・憩いの拠点施設が全面オープンとなる。
多目的広場は、少年サッカーの正式な試合ができる広さ(50m×80m)を持ち、メンテナンスの軽減と稼働率の向上を図るため人工芝が採用されている。主に申し込みによる利用となるが、一般公開日も設けられる。芝生広場には天然芝が整備され、園路には豊島区発祥のソメイヨシノが植えられるなど、緑豊かに整備されている。さらに煮炊きができるかまどベンチや仮設トイレ用マンホール、防災倉庫も備えており、災害時には救援センターとして防災拠点の機能も併せ持つ公園として整備されている。なお、同公園は開園時間が定められており、多目的広場は午前9時から午後8時、芝生広場は午前5時から午後9時30分、開設済みのスポーツセンターは午前9時から午後9時30分となっている。
20日、午前10時30分からは、同公園で屋外施設開園式が開催される。式典では長崎中学校記念碑除幕式や少年サッカー記念ゲームが行われる。
管理運営は指定管理者の東京ドームグループが行う。区の担当者は、「区内最大面積の公園であるとともにスポーツに親しんでいただける公園ですので是非ご利用ください」と語っている。

日時

平成25年7月20日(土曜日)午前10時30分から

場所

南長崎スポーツ公園(南長崎4-13-5)

公園・施設概要

  1. 南長崎スポーツ公園(敷地面積:約12,226平方メートル)/芝生広場、多目的広場(少年サッカーなどの試合に対応)、園路(桜のプロムナード)など【7月20日全面オープン】
  2. 南長崎スポーツセンター/鉄筋コンクリート造地下1階・地上4階、施設:室内温水プール(25m×8コース)、体育館、トレーニングルームなど【4月開設済】
  3. 南長崎自転車駐車場/収容台数:自転車450台、原付20台【2月開設済】
  4. 防災施設/食糧・飲料水などを保管する防災倉庫、防災資器材格納庫、防災無線など

多目的広場とスポーツセンター(右)

芝生広場とスポーツセンター

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日