ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年8月 > 23区初! ホームページで区報をデジタルブック化

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

23区初! ホームページで区報をデジタルブック化

昭和24年発行の豊島区広報紙第1号から閲覧が可能に

報道発表日:平成25年8月1日
問い合わせ:広報課編集グループ 電話:03-3981-4154

本日、豊島区のホームページで『「広報としま」デジタルブック(電子書籍)版』の試行配信が始まった。デジタルブックとは、インターネット上で実際に本をめくるように閲覧することができ、文字検索やページの拡大縮小、施設の場所を示す地図サイトなどへのリンクが可能なデジタルの本。ホームページで区報をデジタルブック化するのは、23区で初めて。
さらに「広報としまライブラリー」からは、広報紙第1号となる「豊島区政ニュース(昭和24年1月発行)」も閲覧でき、本日発行した1578号まですべての広報紙を閲覧することができるようになった。第1号では、当時の須藤喜三郎区長が「本区の特殊性に鑑み区役所自ら『区政ニュース』を発行することもまた意義あること」と発行の辞が掲載され、戦後復興していく豊島区の様子が掲載されているなど歴史的資料としての活用も期待される。
区では、現在、この「広報としまデジタルブック」をより良いものにしていくために「eモニター」を募集している。

モニターの募集内容

  • 活動内容…電子メールアンケートの回答
    ※携帯電話には対応できません。電子メール送受信の費用は参加者の負担となります。
  • 活動期間…9~12月
  • 参加対象…電子メールを使って、日本語でのやりとりができる区内在住、在勤、在学の方。
  • 参加登録・詳細…8月28日までに区ホームページから登録してください。

関連情報

広報としまデジタルブック

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日