ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年10月 > 平成25年第3回豊島区議会定例会、中間本会議を開会

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

平成25年第3回豊島区議会定例会、中間本会議を開会

報道発表日:平成25年10月1日

問い合わせ:

  • 区議会事務局 議会総務課 電話 03-3981-1453
  • (仮称)西部地域複合施設建設経費については、施設計画課 電話03-3981-4594

本日1日(火曜日)、平成25年第3回豊島区議会定例会の中間本会議が開会され、今回の定例会に上程された議案のうち以下の1議案を可決した。
なお、本会議最終日は、10月25日(金曜日)。

可決議案

1 平成25年度豊島区一般会計補正予算(第3号)

補正予算の内容

【(仮称)西部地域複合施設建設経費】

西部地域複合施設の建築・設備工事等及び(仮称)芸術文化資料館の展示委託などの事業費の債務負担行為の限度額を3,245,226千円から4,893,000千円に変更するもの。

平成27年度開設をめざす(仮称)西部地域複合施設については、新築その他工事の入札を8月29日に行ったところ、応募した3つの共同事業体がいずれも入札前に辞退し、入札不調となった。全国各地の公共工事においても入札不調が続発しており、震災復興やアベノミクスの効果で公共工事が増加している一方で、労働者、特に熟練工の確保が難しいこと、建築資材が高騰していることによるものと分析しており、本件についても、積算時点から入札までのわずか数か月の間に労務費、材料費が急上昇したあおりを受けたものと考えられ、改めて最新動向を反映した積算を行い、11月に再び入札を行う予定(※債務負担行為限度額の増額分がそのまま入札予定価格に上乗せされるものではありません)。

(仮称)西部地域複合施設は、豊島区の西部地域の行政・コミュニティ・文化・防災の拠点となる複合施設。区は新庁舎の整備と並行し、東西両拠点の平成27年度開設をめざしている。

同施設は旧平和小学校跡地の活用により、老朽化が進む周辺施設も含め統合・再整備し1.行政サービス機能(西部区民事務所、西部保健福祉センター、健康づくり支援スペース)2.コミュニティ機能(地域区民ひろば・新設)3.ミュージアム機能(仮称・芸術文化資料館)4.図書館機能(千早図書館)5.公民館機能(千早地域文化創造館)6.地域防災機能(救援センター・ミニ備蓄倉庫)を持つ施設となる。既存施設の再編により施設の更新及び維持管理にかかる将来負担の軽減を図るとともに、多機能の連携による区民サービスの向上を目的とする。
(所在地/豊島区千早 2-39、延床面積/約 8,359 平方メートル(地上3階・地下1階))

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日