ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年10月 > 明日の「第14回東京よさこいコンテスト」に110チームが挑戦

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

明日の「第14回東京よさこいコンテスト」に110チームが挑戦

「ふくろ祭り」後半がスタート! 友好都市物産展には25都市が出店

報道発表日:平成25年10月12日

問い合わせ:文化観光課 03-3981-1316

青空のもと、豊島区最大級のイベントとなる「ふくろ祭り」の後半が本日から始まった。ふくろ祭りは9月の下旬と10月の上旬に4日間開催されるイベント。
本日は「踊りの祭典」をテーマに、フラダンス、梅后流江戸芸かっぽれ、池袋やっさパレード、東京よさこい前夜祭などの踊りがイベントを盛り上げた。
そして明日、ふくろ祭り後半の見どころ「東京よさこいコンテスト」が開催される。今年で第14回目を迎える本大会には110チームが大賞を目指して参加。池袋駅西口周辺の5会場と目白駅前、大塚駅前、巣鴨駅前の区内8会場で競演が繰り広げられる。メイン会場となる池袋西口駅前広場では午前11時から午後6時30分まで華麗な踊りの披露が続く。コンテストの表彰式は午後6時30分から池袋西口駅前のアゼリア通りの特設会場で行われ、午後7時50分頃には大賞が決まる予定だ。
さらに、ふくろ祭り後半のもう一つの魅力が、池袋西口公園で開催されている「豊島区友好都市観光物産展」だ。豊島区の交流都市が観光PRや自慢の特産品を販売し、祭りを盛り上げている。今年は過去最多、北は岩手県一関市、南は愛媛県内子町の25都市が出店しており、お気に入りの特産品を求めるお客さんで大いに賑わっていた。そんな会場には「ゆるキャラグランプリ2013」にエントリーしている豊島区広報課イメージキャラクターの「としまななまる」やとしま未来文化財団の「としまくん」も現れ、多くの来場者に投票を呼びかけながら写真撮影にも応じていた。
ふくろ祭りは明日が最終日。豊島区の友好都市ならではの名物を味わいながら、ごひいきのよさこいチームの応援をしてみてはいかがか。

日時

平成25年10月12日(土曜日)から13日(日曜日) 時間は会場により異なる。
(豊島区友好都市観光物産展は12時00分から19時00分)

場所

池袋西口公園(西池袋1-8-26)ほか

主催

ふくろ祭り協議会、豊島区

よさこい前夜祭1.

よさこい前夜祭2.

友好都市観光物産展

アピールする「としまななまる」(左)と「としまくん」

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日